映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』152話ネタバレ!茜を慰めるかみっち

 

f:id:entafukuzou:20190924090301j:plain

haquiさんによるイラストACからのイラスト

《第151話までのあらすじ》

 【マコ・プロダクション】では、『大草原の少女 ソラ』の制作が続いました。なつがチカラを入れたシーンがあります。少年レイがお父さんに夢を語る場面です。

 

なつは、上京前にじいちゃんと交わした会話を思い出し、レイとお父さんの会話を似たようなシーンにします。

 

十勝でテレビを見ていた泰樹じいちゃんは、このシーンで涙したのでした。

 

 第151話の、詳しいあらすじ&ネタバレはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『なつぞら』第152話あらすじ!9月24日(火)放送分・・・泰樹じいちゃんととよばあさん

 

 『大草原の少女 ソラ』の放送の翌日。泰樹じいちゃんは、帯広のお菓子屋さん【雪月】を訪れます。

 

亜矢美に用事があったようですが、亜矢美はすでに【雪月】をやめていました。そこで、泰樹じいちゃんは、とよばあさんを呼びます。

 

とよ「とうとう私に会いたくなったのかい? お迎えが近い、ってことかもしれないね」

 

 

泰樹じいちゃんが《おバタ餡サンド》を食べていると、とよばあさんはさらに質問します。

 

とよ「私が好きなら『好き』、っていてばいいべさ」

泰樹「口が裂けても言わん・・・あんた、なつのテレビ、見とるか? きのう、見たか?」

 

とよ「あれか。あんたとなっちゃんの別れを思い出したんか?」

泰樹「朝日を思い出したんじゃ。開拓者のころ、何度もみた朝日を。朝日を見ると、気力がわいてきた。ここであきらめるな、って励まされた

 

とよ「夜明けに感動したんかい」

泰樹「なつはそういうものを作っとるんじゃ」

 

泰樹じいちゃんが満足そうに語ると、とよは「うんうん」とうなずくのでした。

 

 

 

152話ネタバレ!第26週(最終)「なつよ、あっぱれ十勝晴れ」・・・茜をなぐさめるかみっち

 

 

 梅雨に入り、【マコ・プロダクション】では、『大草原の少女 ソラ』の制作が大幅に遅れていました。外は、雨が降っています。

 

テレビ局のプロデューサーも、

「1週間前に納品する約束だろ? 演出を呼べ!」

と怒りぎみです。

 

そんな中、制作進行の若手・町田くんが、やらかします。外注先から回収してきた動画のカットを、まとめて水たまりに落としてしまったのです。

 

ぬれてしまった動画は、もう使い物になりません。

 

町田「ダメだ。もう外注先も、限界なんです」

 

町田くんは真っ青になります。

 

 

なつ「私たちで描き直しましょう!」

茜「私も、もう限界よ! なっちゃんだって、24時間ねずに仕事してるでしょ!」

 

締め切りに追われ、みんなピリピリモード。茜は、とうとう怒り出してしまいます。

 

 

なつ「みんなの腕は上がっているから、同じ絵でも前より早く描けるわ。この作品を待ってる人がいるの。その人たちを裏切るわけにはいかない

 マコ「茜ちゃん。わたしも手伝うから」

 

かみっち「みんなで町田を助けてやろうぜ! 今まで、町田に何度も助けてもらったんだ」

茜「ごめんなさい」

 

かみっち「茜ちゃんが泣かなくていいの」

 

かみっちは、肩に手をまわし、茜をなぐさめようとしますが・・・

 

下山「君がなぐさめなくてもいいの!

 

 

 

 

いっぽう。いっきゅうさんは、ソラとレイの声のアフレコ現場にいました。スタジオでは、成長したレイが十勝に帰ってきて、ソラと再会する場面のアテレコが行われています。

 

ソラの声を担当する白本 智香子、レイの声を担当するレミ子は、それぞれ大人になったソラ、レイを演じます。

 

レイ(声:レミ子)「ソラー。ソラーーー!!」

ソラ(声:智香子)「レイなの? レイ。レイーーー!!」

 

アニメ『大草原の少女 ソラ』の最終回が、近づいていました。

 

                     第153話へつづく。