映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』143話あらすじ!ソラ役、主題歌決定!

f:id:entafukuzou:20190913135309j:plain

《第142話までのあらすじ》 

 『大草原の少女 ソラ』の主人公ソラのデザインが完成します。赤いほっぺの女の子です。

 

いっきゅうさんは、開拓者の悲しみや家族への思いを表すには、オリジナル・キャラクターの必要性も感じていました。

 

そこで、天涯孤独の少年レイを生み出します。レイは、なつや泰樹、千遥の分身でもありました。

 

第142話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第143話あらすじ!9月13日(金)放送分・・・ソラ役の声優が決定!

 

いっきゅうさんの提案で、『大草原の少女 ソラ』の登場人物の声優は、オーディションで選ぶことになりました。

 

ソラ(声:智香子)「父さん! 母さん! あそこ、人が流れてるわ!」

 

 オーディションを見守るなつやいっきゅうさんを、をハッとさせる声優がいました。新人女優の白本 智香子(沢城 みゆき)です。

 

ソラ(声:智香子)「生きてる! 生きてるわ! 父さん、助けてあげてよ」

 

白本 智香子をオーディションに連れてきたのは、咲太郎です。智香子は、咲太郎のプロダクションの声優ではありません。それでも、台本を読んだ咲太郎は、彼女を推薦したのです。

 

その声は、ソラのイメージにぴったり。ソラ役は、満場一致で白本 智香子に決まります。

 

 

 

 

そして、レイ役は土間 レミ子、お母さん役は亀山 蘭子(鈴木杏樹)、お父さん役は元・浅草芸人の島貫 健太となります。

 

 

 

作画作業では、元・東洋動画のスタッフたちが個性を出してゆきます。

 

かみっち「このシーン(=ソラの前に、牛が現れる)なんだけど、どうしたら迫力が出るかな?」

なつ「これは、ソラの目から見た牛でしょ? 子どもの目からみると、もっと大きくて怖く見えるんじゃないかしら」

 

かみっちは、牛の大きさを誇張して描いてみます。草むらから顔を出す牛は、画面に迫ってくるようです。

 

いっきゅう「うん。これはこれでアリです」

 

 

 

下山「これ、どうかな? レイが牛になめられるところなんだけど・・・やりすぎかな?」

 

下山が描いたレイは、牛に顔をなめられて、ビクッ! ぶるぶる~。直立不動になってしまいます。

 

なつ「はははは・・・私はアリだど思う」

いっきゅう「これもアリです。面白いと思う」

 

リアリティと誇張のバランスを取りながら、作業は進みます。

 

 

第24週「なつよ、この十勝をアニメに」第143話・・・煙カスミが歌う、主題歌の歌詞

 

 

なつは、帰宅してからも原画の直しをつづけます。

 

いっぽう、会社に残ったマコは、ひとりで動画チェックに明け暮れます。作業は連日連夜、休みなく続きました。

 

 

さて。『大草原の少女 ソラ』の主題歌の録音が行われます。スタジオに現れたのは、歌手の煙 カスミ(戸田 恵子)です。

 

カスミ「このたびはありがとう! 私が主題歌を歌わせてもらえるなんて、嬉しいわ!」

咲太郎「決めたのは、プロデューサー(マコ)と演出家(いっきゅう)です」

 

マコ「誰に歌ってもらうか考えたとき、カスミさんの歌を思い出して・・・」

 

いっきゅうさんとマコは、おでん屋【風車】で打ち上げをしたときのカスミの歌声を覚えていたのです。

 

カスミは、レコーディングに臨みます。

 

カスミ「まぶしい大地に広がる空~ 風はやさしさを運んでくれる~ 森は心を育ててくれる~ 

昨日の涙と 明日の笑顔は きっと友達~ (ラララ ラララ ラララ ラララ)

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

その年の10月。アニメ『大草原の少女 ソラ』は、全国のお茶の間に流れます。

 

物語の冒頭は、こんなナレーションで始まります。北の大地を旅する、開拓者の一家がありました。洪水で家を流され、新しい土地を求めて移動していたのです。荷馬車には、お父さん、お母さん、ソラ、幼い妹が乗っています・・・

 

 

テレビをみている柴田家では、みんな大興奮!

 

地平(=照男の息子)「このお父さん、ひいじいちゃんにそっくり!」

砂良「母親は、お母さんに似てますね」

 

自分たちの面影がキャラクターに投影されていると知り、泰樹じいちゃんも富士子もうれしそう。

 

剛生「・・・じゃあ、わたしは?

みんな「・・・・・・」

 

                      第144話へつづく。