映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』139話あらすじ!なつの退社に花束を

f:id:entafukuzou:20190909091649j:plain

acworksさんによる写真ACからの写真

 《第138話までのあらすじ》

 なつは、仲さんに退社の意志を伝えます。仲さんは、なつの選択に理解を示してくれます。

 

なつはその年の3月まで作画監督を務めたあと、【東洋動画】を退社することになります。

 

第138話の、詳しいあらすじはこちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』 第139話あらすじ!9月9日(月)放送分・・・なつの退社に花束を

 

 

 

 

昭和49年(1974年)3月。なつは、18年つとめた【東洋動画スタジオ】を退社する日を迎えます。

 

まずは、《作画課》の同僚たちにあいさつ。なつは、みんなから花束を贈られます。

 

堀内「なっちゃん、これからもがんばれ!」

なつ「皆さんも、頑張ってください」

 

制作担当の荒井もやってきます。

荒井「わしもこれで定年や。最後まで仕事できて、楽しかった」

なつ「キツかったの間違いじゃないですか!」

 

荒井「アホ! それが楽しいいうことやないか!

 

きらーん! 荒井は、なぜかサングラスを外します。

 

 

次に、なつは役員室に向かいます。

 

佐藤 部長「あなたの退社は、たいへんな痛手です。ただ、あなたに対する敬意はかわることはありません」

 

すると、佐藤部長はなつに殴りかかるフリをします。なつは、キックジャガーのように華麗なステップで、部長のパンチをよけます。(⇦ なに、このじゃれ合い?)

 

井戸原「忘れないでもらいたい。奥原なつは、我々と同じ【東洋動画】出身のアニメーターであることを!」

なつ「忘れません」

 

仲「なっちゃん・・・」

なつ「仲さん。ありがとうございます」

 

仲「君をこの世界に誘って、よかったんだね?」

なつ「仲さんに出会えなかったら、私は私になれませんでした

 

 

白蛇姫、牛若丸、ヘンゼルとグレーテル・・・なつの脳裏には、仲間たちと作った数々のアニメ作品が、浮かんでは消えてゆきます。

 

なつは、晴れやかな気分で【東洋動画】を去ります。そして、咲太郎の声優プロダクションに優を迎えにゆくと、2人で手をつないで帰るのでした。

 

 

 

 

 第24週「なつよ、この十勝をアニメに」139話・・・みんなでロケハンじゃ!

 

 

いっきゅうさんは、なつの労をねぎらってくれます。

 

いっきゅう「長い間、ご苦労さまでした」

なつ「ああ! 幸せな日だった」

 

いっきゅう「君は、ちゃんと作品を成功させたからね」

なつ「そうじゃなくて、あの会社に入ってどれだけ幸せだったか、ってことをみんなが感じてくれたんだと思う」

 

 

数日後。なつは、すぐに【マコ・プロダクション】に加わります。マコ、下山、ももっち、かみっち、そしていっきゅうさん。懐かしい仲間たちとの仕事が始まります。

 

いっきゅう「企画は、『大草原の少女 ソラ』 。ソラは、開拓者一家の娘。主人公の名前です」

下山「ソラか・・・和風でもあり洋風でもある名前だね」

 

いっきゅう「時代は、大正から昭和にかけて。どこの国でも起こりえるように感じられる作品をめざします」

マコ「スポンサーは一社。放送枠は、《ミルコス まんが劇場》に決まりました」

 

 

いっきゅうさんは、それぞれの役割を説明します。演出はいっきゅうさん。色指定と仕上げは、ももっち。なつは、すべてのキャラクターデザインと作画監督を引き受けます。

 

美術監督は、天陽くんの兄・陽平さんが担当することになります。陽平さんも、【東洋動画】から移籍してきたのです。

 

その陽平さんは、すでに背景画を準備していました。十数枚の十勝の風景をボードに貼ってゆきます。

陽平「参考になるかわからないけど、記憶の中にある風景を描いてみたんだ」

 なつ「とても素敵。ここまで十勝の空気を出せるのは、陽平さんしかいないわ」

 

いっきゅう「それじゃ、北海道にロケハンに行きましょう!」

(⇦ ロケハンとは、ロケーション・ハンティングのこと。映画やドラマの制作において、撮影にふさわしい場所を探すことです)

 

マコ「えっ!? そんな予算、どこにあるのよ!

 

ピコーーーン!

 

なつはひらめきます。

 

なつ「十勝なら、交通費だけでなんとかなるかも」

 

なつたちは、開拓者家族の取材をするため、十勝に向かうのでした。取材に協力してくれそうな一家といえば・・・

 

                第140話へつづく。

 

 

編集後記

 

 ロケハン。自主映画を撮っていたころ、私もやりました。これが一番楽しいんですよ。なぜって? 撮影に入る前は、まだみんな遠足感覚で和気あいあいとしてるから。

 

ひとたび撮影に入ると、喧嘩したりトラブルが発生したり、場の空気が殺伐としてくるものです。