映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』128話ネタバレ!茜とかみっちに感謝!

f:id:entafukuzou:20190827094834j:plain

MナオキさんによるイラストACからのイラスト

《第127話までのあらすじ》

 なつに、作画監督の仕事を引き受けます。作品は、『キックジャガー』。キックボクシングを題材にした、格闘ものです。

 

こうなると、早く優のあずけ先を見つけねばなりません。なつは、あずかってくれる人を募集するため、ビラを書いていました。

 

そこへマコ、おくれて下山と茜がやってきます。

 

第127話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

 

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『なつぞら』第128話あらすじ!8月27日(火)放送ぶん・・・茜とかみっちに感謝!

 

 

 茜(渡辺 麻友)はなつの書いているビラをみて、話を切りだします。

 

茜「やっぱりそういう人を探しているのね・・・それなら、私はどう? 私じゃダメかしら?」

なつ「えっ? 茜さん・・・」

 

茜は、なつが作画監督をうけもったことを知っていました。その上で、優(ゆう)の面倒をみてくれるというのです。

 

なつ「どうして知ってるんですか?」

茜「かみっちよ。彼が連絡をくれたの。かみっちはなっちゃんを駆り立てたことに、責任を感じていたのよ」

 

なつの妊娠が発覚して、会社側から雇用契約を打ち切られそうになったとき。真っ先に抵抗したのがかみっちでした。

 

関連:『なつぞら』120話ネタバレ!アニメーターの抗議

 

 しかし、結果的になつは“作画監督”という重責を担うことになります。かみっちは、責任を感じて、茜に「なっちゃんの助けになってあげられないか?」と相談していたのです。

 

 茜「それに、もう一つ理由が・・・いっきゅうさんをくすぶらせていたら、日本のアニメーション界の損失でしょ?」

 

なつ「ありがとうございます」

いっきゅう「よろしくお願いします」

 

 茜「いっしょに頑張ろ!」

 

なつたちは月額6000円で、優のお世話をしてもらうことにします。

(⇦ 消費者物価指数から割り出すと、現在のおよそ2~3万円でしょうか。現在と過去の貨幣価値は、かんたんに比較できないので、あくまで目安ですが・・・)

 

 

 

 

128話ネタバレ!第22週「なつよ、優しいわが子よ」・・・下山さんはひょうきん!(断定)

 

 いっきゅうさんが、【マコ・プロダクション】での初仕事を迎えます。なつといっきゅうさんは、下山家に優をあずけにゆきます。

 

いっきゅう「これが粉ミルクで、ほ乳瓶・・・」

なつ「優の好きな離乳食ももってきました。じゃがいもと鶏にんじん・・・」

 

ところが、出発の時間がきても、なつは優のそばを離れることができません。優をだっこします。

 

なつ「ごめんなさい。もうちょっとだけ・・・」

いっきゅう「キリがないだろ」

茜「なっちゃん・・・なっちゃんが頑張らないと!

 

なつは後ろ髪を引かれる思いで、下山家をあとにするのでした。

 

 

 

【マコ・プロダクション】では、マコや下山、いっきゅうさんたちが、新作『三代目カポネ』の打ち合わせが行なわれています。マコたちは、登場人物の性格付けについて、議論しています。

 

いっきゅう「カポネはギャングの親玉、主人公は善人の心をもっている・・・」

マコ「そこが面白いでしょ?」

 

しかし、問題なのが作品全体をおおう暗さでした。最初の企画段階では、暴力描写が全開の、ハードボイルド調だったのです。

 

いっきゅう「主人公は、下山さんのように、もっとひょうきんなほうが良いのではないでしょうか?」

下山「僕のどこがひょうきんなんだ?

(⇦ 全部です!)

 

 

 

いっぽう。【東洋動画】では、新作『キックジャガー』の企画会議が行われています。アニメスタッフ、山川社長も同席するなか、なつは作品の概要・絵のタッチなどを説明しています。

 

山川「こんな劇画タッチの絵も描けるんですね!」

堀内「クロッキー調の線を生かすんだね。面白いかも」

(⇦ クロッキーとはフランス語で“素描”のこと。短時間でおおまかに描いたもので、あたりを付けるための荒々しい線が残っていたりします)

 

 

作画作業がスタートします。作画監督は各セクションの調整役も兼ねているので、なつもすぐに帰るわけにはゆきません。

 

なつが仕事を終え、優を迎えに下山家についたとき、よる8時をまわっていました。

 

なつ「ごめんなさい、こんな時間になって・・・」

茜「いいのよ。大変なのはわかっていた事だから」

 

なつは優をつれて帰ります。なつだけでなく、茜にとってもたいへんな日々が続きそうです。

 

                       第129話へつづく。