映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』124話ネタバレ!夕美子もオメデタ

f:id:entafukuzou:20190822202938j:plain

jugglist さんによる写真ACからの写真

 《第123話でのあらすじ》

 なつは産休に入ります。

 

なつは、0歳児の子どもを預かってくれる施設を探して、福祉事務所を訪れます。ところが、「子どもが母親が育てるものですよ」と職員に言われて、ショックを受けます。

 

その日の夜。なつは、お腹を抱えて苦しみだします。

「陣痛か?」

いっきゅうさんがあたふたしていると、来客があります。玄関の前にいたのは、富士子でした。

 

 

 第123話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第124話あらすじ!8月22日(木)放送ぶん・・・じいちゃんと牛乳豆腐

 

 

富士子「大丈夫。お腹が張ってるだけ。陣痛前のきざしみたいなものよ」

 

富士子の言葉に、なつは落ちつきを取り戻します。

 

 なつといっきゅうさんの家にやってきたのは、富士子だけではありません。剛生と泰樹じいちゃんも一緒でした。

 

泰樹「これを作ったばかりでな」

 

じいちゃんが持ってきてくれたのは、『牛乳豆腐』でした。牛乳を原料に、豆腐状に固めた食品です(豆は使っていません)。

 

富士子「どうしても自分で持っていく、ってきかないのよ」

泰樹「(会えるのも)これが最後かもしれんのでな

 

なつ「まぁた。そんな冗談・・・でも、じいちゃんに会えて嬉しい」

 

 

 

いっきゅうさんと富士子は、食事の支度をします。台所には、富士子がなつにあげたレシピノートがあります。

 

富士子「あっ! そのノート!」

いっきゅう「いつもお世話になってます」

 

富士子「適当な料理ばかりで驚いたでしょう?」

いっきゅう「はい・・・い、いえ

 

 

 

 

124話ネタバレ!第21週「なつよ、新しい命を迎えよ」・・・夕美子もオメデタ

 

 剛生は、さらなるお土産をくれます。

剛生「そうだ。たんぽぽバターも持ってきたんだ」

『北海道たんぽぽバター』。十勝の酪農家たちが作った会社の商品です。なつは、この会社のマークのデザインを担当しました。

 

なつ「夕美子は今、こっちの工場に勤めてるんだよね?」

剛生「うん。紙パックの牛乳の製造に乘りだしているんだ」

 

富士子「そういえば、できたのよ、夕美子にも。赤ちゃんが

なつ「うそぉ!?」

 

ところが、富士子の話によると、夕美子ととよばあさんがモメているらしいのです。なんでも、生まれてくる子供を【雪月】の跡取りにするかどうかで、言い争っていると・・・

 

なつの脳裏には、自己主張の強い2人に挟まれ、あたふたする雪次郎の姿がうかびます。

 

 

 

 

泰樹「照男にもできたんだ」

なつ「ええっ!? 照男兄ちゃんにも子どもが?

 

富士子「まさか! 砂良さんによ」

なつ「2人目か。そしたら、冬か・・・」

 

なつの子どもが春。夕美子の子どもが夏。砂良の子どもが冬。このまま予定通りに生まれれば、子どもたちは同じ学年になりそうです。

 

 

なつや富士子が不思議な偶然に驚いていると、来客があります。咲太郎と光子(=マダム)です。咲太郎たちはベビー用品をたくさん持ってきてくれました。

 

さらに、宿を探していた剛生たちに、光子が泊まる場所を提供してくれることになります。

 

なつ「お兄ちゃん、ありがとう」

咲太郎「みんながついているんだ。安心して生めよ」

 

 

                         第125話へつづく。