映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』114話ネタバレ!「ありがとう」じいちゃんの名言に涙

f:id:entafukuzou:20190810092101j:plain

UMIさんによるイラストACからのイラスト

《第113話までのあらすじ》

 雪次郎は、自作のお菓子『おバタあんサンド』を発表したあと、夕美子にプロポーズします。

 

夕美子はかけおちした過去を気にしますが、とよばあさんや倉田先生に励まされ、プロポーズを受けることにします。

 

坂場くんの提案で、なつと坂場くん、夕美子と雪次郎、二組の結婚式をまとめて十勝で行なうことに決まります。

 

 第113話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第114話あらすじ!8月10日(土)放送ぶん・・・なつをいっきゅうさんに託す、天陽くんの言葉

 

 

なつは、柴田家の縁側で『十勝協同乳業』のマークのデザインを考えていました。

 

そこへ、富士子が現われます。富士子は冊子をなつに手渡します。そこには、料理のレシピが書かれていました。結婚するなつへ、レシピを授けてくれたのです。

 

富士子「夕美子まで結婚するなんて・・・なつは、奇跡を運んでくれたのね」

なつ「私がこの家にやってきたこと、奇跡だと思ってくれているの?」

 

富士子「奇跡でしょう。そう思わなきゃ、あなたのご両親にも申し訳ない。

結婚してつらくなったら、いつでも帰ってきてね。なつが生まれてきてホントよかった

 

富士子はなつを抱きしめます、その目には、涙が光っていました。

 

 

 

翌日。なつは、【音問別(おといべつ)農協】を訪れ、田辺 組合長に考案したマークのデザイン画を渡します。

 

円のなかに、牛の顔。牛の額には、たんぽぽの花が描かれています。さらに、よく見ると牛の顔自体が、アルファベットの『T』の文字になっています。

 

なつ「いっけん牛の顔に見えますが、中にはたんぽぽが描かれています。『T』の文字

は、十勝(Tokachi)の『T』とたんぽぽ(Tanpopo)の『T』を意味しています」

田辺「よろこんで使わせてもらうよ」

 

 

 

なつと坂場くん(あだ名:いっきゅうさん)は、天陽くんの部屋を訪れます。坂場くんは、かねてから天陽くんの絵に感銘を受けていました。そこで、天陽くんのアトリエを見せてもらいに来たのです。

 

坂場「天陽さんにとって絵とは何ですか? 畑で作物をつくることと違いはありますか?」

なつ「また始まった。無理に答えなくていいのよ」

 

天陽「畑仕事は食うことで、絵を描くことは排泄かな

坂場「はいせつ・・・」

 

天陽「我慢していると、もらしてしまうでしょう?」

坂場「芸術の価値とは別のところで描いてるんですね。素晴らしい」

 

 

坂場くんの禅問答をかるがるクリアした天陽くん。最後に、なつを坂場くんに託します。

 

天陽「僕は、ここを生きる場所に選んだ。なっちゃんも、アニメーションの世界を生きる場所に選んだ。僕には、そっちの世界のことはわからない。

どうか、なっちゃんをよろしくお願いします

 

 

 

114話ネタバレ!第19週「なつよ、開拓者の郷へ」・・・「育ててくれてありがとう」泰樹じいちゃんの名言

 

 

 さて。泰樹じいちゃんは、小屋でバターちゃん(バターを作るためのかくはん機)のメンテナンスをしていました。すると、そこへなつが現われます。なつは、なんと白無垢姿(=花嫁衣裳)です。

 

 

なつ「じいちゃん。長い間、お世話になりました」

泰樹「ありがとう

 

なつ「『ありがとう』は、おかしいべさ。育ててもらったのはこっちです」

泰樹「わしもお前に育ててもらった。たくさん」

 

 

 

 

 

なつは、結婚のあいさつのため、坂場くんの両親の家を訪れます。

 

坂場くんの父・一直(関根勤)は考古学の教授。坂場くんの母・サト(藤田三保子)は、元・教師。お堅い家柄かと思いきや、気さくな人たちで、戦争孤児だったなつの過去もあっさり受け入れてくれます。

 

義父「考古学というものはね、なつさん、歴史学というべきもので・・・歴史というものはね、なつさん・・・」

なつ「はあ」

 

おしゃべりの止まらない坂場くんのお父さんに、なつもたじたじ。普段はいろんなことに関心をしめす坂場くんも、この時ばかりは無言でご飯を食べていました。

 

 

 

なつと坂場くん、夕美子と雪次郎の合同結婚式がひらかれます。田辺 組合長や天陽くん、よっちゃんや番長、さらに咲太郎やマダムも参加して、4人を祝福してくれます。

 

なつは幸せに包まれながら、本当のお父さんお母さんにも、感謝の言葉をささげるのでした。

 

なつ「天国のお父さん、お母さん。わたしを生んでくれてありがとう。なつは今日、結婚します」

 

                           第115話へつづく。

 

 

えっ? 最終回!? 驚きの演出

 

 

 

 

ふだんなら番組冒頭に、オープニング映像に合わせてスピッツの主題歌が流れるのですが、この日は冒頭の主題歌はなし。

 

「あれ? わたし、途中から見始めたのかな・・・」

 

そんなことを思っていると、ラストの合同結婚式で、スピッツの「優しいあの子」が流れます。それも、オープニング映像ではなく、二組の結婚を祝福する招待客の映像にかぶせて流れるのです。

 

出演者やスタッフの名前も、進行するドラマに合わせて、右から左に流れてゆきます。

 

これは、朝ドラの最終回でよく使われる手法。朝ドラをよく見る視聴者たちは、この「最終回もどき」の演出に驚いたのではないでしょうか? もしかすると、十勝をベースとする物語に、ひと区切りつける意味合いもあったのかもしれません。

 

いずれにせよ、作り手たちの遊び心にあふれる、第114話でした。