映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』95話あらすじ!「夕美、ごめんね」なつの秘めた思いに、涙

f:id:entafukuzou:20190719092300j:plain

ダダイズムさんによる写真ACからの写真

《第94話までのあらすじ》

なつは、夕美子が上京していること、かけ落ちを考えていることを、電話で富士子に伝えます。

 

数日後。【風車】にいるなつの元を、夕美子が訪ねてきます。彼氏の高山を引き連れた夕美子は、怒りにふるえています。

 

「あんた。ウチの家族にしゃべったっしょ! 裏切ったっしょ!!」

 

 

第94話の、詳しいあらすじについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第95話あらすじ!7月19日(金)放送ぶん・・・高山の本性?

 

 

なつが十勝の家族に連絡したことが、夕美子にバレていました。富士子が、大学の寮や高山の家など、あちこちに電話していたからです。

 

夕美子「もう、ここにはいられない。新宿から出ていく!」

なつ「それで、どこ行くのさ?」

 

夕美子「わからない。わかっても、なつには二度と言わない!!

なつ「好きならどうして逃げるの? 高山さんも、好きなら、なして正々堂々、家族に伝えられないの?」

 

 

亜矢美の提案で、ひとまず【風車】の居間に入って、みんなでご飯を食べることになります。

 

話をするうちに、夕美子と高山のあいだには、認識の違いがあったことが段々とわかってきます。

 

高山「本気でかけ落ちがうまくいくなんて、思ってなかったんだ!」

亜矢美「雑誌への持ちこみがうまくゆかなかったから、自信がなくなったのよね?」

 

高山「ジャズなんか遊びだったんだ。オレが家を継がない、なんて事、できるはずない。

(夕美子に)お前だって、オレが【丸高デパート】の跡取りだから、好きになったんだろ?

 

夕美子の計算高さ、甘えてこないこと、かわいげがない、など、高山は一方的に夕美子への不満を爆発させます。

 

話を聞いていたなつは、ぼろぼろ涙を流します

 

咲太郎「なつ! なんでお前が泣いているんだ?」

 

そのころ。お店の入り口には、人影が・・・姿を見せたのは、泰樹じいちゃんです。

 

 

 

第16週「なつよ、恋の季節が来た」95話・・・「夕美、ごめんね」なつの秘めた思いに、涙

 

 

なつ「夕美は、子どもの頃から、人に甘えたりしなかった。9歳のころに(柴田家に)私が来たから・・・家族にいちばん甘えたかった時期に、私がいたから・・・」

 

なつは、罪悪感を感じていました。

 

不幸な生い立ちだった自分のほうが、家族の同情を集めたのかもしれない・・・自分の存在が、夕美子をドライな性格に変えてしまったのでは? そう思っていたのです。

 

なつ「夕美が、家族とか、結婚とかに冷めているとしたら、それは私のせい・・・

夕美子「なつ・・・」

 

なつ「でも、夕美は一度もウソをつかなかった。夕美のように素直な子に、私は会ったことがない。

夕美が計算高いとか、偉そうなんて、絶対にない! (高山に)あんたに、夕美は絶対に渡さない!!

 

 

 高山「そもそも、結婚する気なんてない。自由になっても、めしも作れない女と結婚しても、しょうがないべ!」

 

高山は捨て台詞を吐き、出ていこうとします。すると、お店の前にいた泰樹じいちゃんと、鉢合わせになります。

 

 

泰樹「お前か・・・抹殺・・・」

 


パシーン!!

じいちゃんは、高山の顔を平手打ち!

 

泰樹「そのひげも、剃れ」

 

高山は、バッグを手に取ると、一目散に逃げてゆきます。

 

 

泰樹「夕美子、迎えにきた。家に帰るべ

 

夕美子はひと言も発せず、じいちゃんに抱きつきます

 

 

 

 

なつは、夕美子と泰樹じいちゃんを、駅のそばまで見送ります。なつは、人ごみの嫌いなじいちゃんが東京に出てきたことに、驚きを隠せません。

 

夕美子「わたしに手を焼いてるお母さんに言われたから、来たんでしょ?」

泰樹「いや・・・それが・・・東京のパフェを食べたくなったんだ

 

泰樹じいちゃんは、ごまかします。夕美子と並んで歩く、じいちゃんの背中。そこには、孫を包みこむ優しさがあふれていました。

 

なつはハッとします。

 

じいちゃんの後ろ姿を見るうち、木の怪物のイメージがわいてきたのです。

 

 

 

翌日。なつの原画をみて、坂場くん(あだ名:いっきゅうさん)もうなります。

 

坂場「なるほど。怪物の後ろ姿で、樹齢を表現したんですね。素晴らしい!」

 

坂場くんのゴーサインが出ました。なつとマコは、小声で話します。

 

なつ「いっきゅうさんは、ただの偉そうな人じゃないですよね?」

マコ「要するに、あの人は、漫画映画が好きなのよ

 

当の坂場くんは、神路の原画をみて、談笑しています。茜(渡辺 麻友)は、遠巻きに坂場くんと神路を見ながら、ボソッとつぶやきます。

 

茜「あの2人、なんだか末恐ろしいわね

(⇦ そりゃあ、将来の高畑勲さんと宮崎駿さんですから・・・)

 

                        第96話へつづく。