映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』80話ネタバレ!千遥の心を溶かす、なつと咲太郎の声

f:id:entafukuzou:20190702092516j:plain

《第79話までのあらすじ》 

 マコとなつ、そして坂場くん(あだ名:いっきゅうさん)は、短編アニメの企画・作画・演出を担当することになります。しかし、坂場くんが勝手に仕切ってしまうため、マコは反発します。

 

そのころ。十勝の【柴田牧場】には、なつの妹・千遥(ちはる)がやってきます。

 

どこか陰のある千遥は、どういう訳か、

「姉には会いたくありません」

と、言うのでした。

 

第79話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第80話あらすじ!7月2日(火)放送ぶん

 

 富士子は、千遥(清原伽耶)がやってきたことを、電話でなつに報告します。

 

なつ「千遥はわたしに会いたくない、って言ってるの?」

富士子「なんか事情があるんじゃない?」

 

 

なつは、下山に事情を報告。休みをもらえないか、相談します。

 

下山「よかったじゃないか! 早く行ってやりなさい」

マコ「事情はわからないけど、短編のことは、どこにいても考えられるでしょ」

 

 

なつか会社を早退して、おでん屋【風車】に帰ってきます。知らせを聞いた咲太郎も、かけこんできます。

 

 

そのころ、十勝では・・・

 

千遥は、牛舎で照男と砂良が、牛の乳しぼりをするのを見学していました。千遥は、どこか挙動不審です。

 

 

 

 

千遥「あの~。そろそろ帰ります。今日は・・・許してください」

 

千遥が帰ろうとすると、柴田家の居間にある電話が、リリリーンと鳴りひびきます。

 

なつと咲太郎からの電話のようです。

 

 

 

80話ネタバレ!第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」・・・千遥の心を溶かす、なつと咲太郎の声

 

 電話にでた泰樹じいちゃんが、受話器を千遥にわたします。千遥は少し迷ったのち、受話器に耳をあてます。

 

千遥「もしもし・・・」

なつ「千遥? 千遥なの? お姉ちゃんだよ」

 

千遥「お姉ちゃん・・・」

なつ「千遥。ごめんね。よかった」

 

千遥「ご心配をかけて、すみませんでした

 

千遥は、どこか他人行儀です。

 

咲太郎「千遥っ! 俺だ、咲太郎だ!」

千遥「お兄ちゃん」

 

咲太郎「そうだ。悪かった。お前をあの家(=親戚のおばさんの家)にあずけて、すまなか・・・」

 

千遥は、突然、電話を切ってしまいます。

 

ようすを見ていた富士子や泰樹じいちゃんたちも、驚きます。千遥は、咲太郎やなつと過ごしていた頃の記憶があいまいなため、2人とどう接してよいか、迷っているようです。

 

千遥「すみません・・・兄や姉といっしょにいた頃のことは、よく覚えていないんです」

富士子「無理もないわ。5歳までなんでしょ、一緒にいたのは?」

 

千遥「断片的な記憶しかなかったのに・・・いま声を聞いたとたん、姉だとわかりました。兄の声だとわかりました

 

千遥の頬を、つーっと涙がつたいます。今度は、千遥のほうから新宿に電話をかけます。

 

なつ「もしもし! 千遥?」

千遥「先ほどは、すみませんでした」

 

なつ「すっかり声が大人になってる。千遥。お願いだから、そこで待ってて!

どうしても会いたい」

千遥「・・・わかりました。わたしも会いたいです

 

千遥の心も、少しほぐれてきたようです。会えなかった12年間の溝を埋めるように、千遥は、声をふりしぼるのでした。

 

                          第81話へつづく。

 

 

あさイチの『なつぞら受け』

 

 大吉「有働アナだったら、いまごろ号泣してますね」

近江アナ「見ながら、おつまみの話とかしそう

 

本人のいないところで、とばっちりを受ける有働アナ。