映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』79話あらすじ!正式発表!千遥役は、清原果耶さん!

 

f:id:entafukuzou:20190701094927j:plain

《第78話までのあらすじ》

 なつは、『わんぱく牛若丸』の打ち上げの席で、陽平さんから衝撃の事実を告げられます。天陽くんが結婚するというのです。

 

また、ノブさんが北海道に転勤することになります。

 

心の内に寂しさを感じるなつでしたが、いまは仕事に集中するしかありませんでした。それから、1年。

 

十勝の【柴田牧場】を、ある少女が訪れるのでした。

 

 

第78話の、詳しいあらすじについては、こちら!
www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第79話あらすじ!7月1日(月)放送ぶん

 

 

 

 

なつが【東洋動画】に入社してから、3年が経ちました。動画の腕前も、ぐんぐんアップしています。

 

ある日のこと。なつとマコ(貫地谷しほり)は、下山から呼ばれます。

 

別室には、井戸原と仲さんもいました。会社は、若手の育成を兼ねて、短編映画の製作を計画しているようです。

 

仲「マコちゃんに原画を任せたい。それと、なっちゃんにも原画をやらせてみたい。どうだろう?  2人で一緒にやってもらえないか?」

マコ「わたしに断る理由はありません」

 

今回は、企画もマコたちに任せてくれるようです。

 

仲「もう一人、演出の人間も加わってもらう。君たちで、企画・演出を決めてほしい」

 

そのとき、部屋に入ってきた人物がいました。坂場くん(中川 大志)です。彼こそ、仲さんの言う“もう一人”だったのです。

 

なつ「あっ!」

マコ「カチンコくん!」

 

下山「その呼び方はやめてあげようよ。一休さんは、どうかな?  坂場 一久(さかば かずひさ)でしょ? 『一に、久しい』と書くから・・・」

坂場「なぜ、普通じゃダメなんですか!」

 

 

 

短編アニメ製作のため、チームを組むことになったマコ、坂場(あだ名:一休さん)、なつの3人。さっそく話し合いを持つのですが・・・

 

坂場「原作を立てたらどうでしょう? 各自あしたまでに、企画を考えることにしましょう」

 

坂場くんは勝手に決めてしまうと、立ち去ります。

 

マコ「・・・1人で決めちゃって! あの人とうまくやる自信ある?」

なつ「大丈夫です。マコさんとも、うまくやってきたじゃないですか!

 

 

第14週「なつよ、十勝さ戻って来い」79話・・・正式発表! 千遥役は、清原果耶さん

 

 

そのころ。十勝の【柴田牧場】に、おそるおそる入ってくる少女がいました。すっきりした色合いのピンクのワンピースに身を包んでいます。

 

照男と砂良、富士子が話をしていると、その少女が近づいてきます。

 

少女「お姉ちゃん?」

砂良「えっ?」

 

少女「いや。道に迷ってしまって・・・(帰ろうとする)」

富士子「待って! もしかして、千遥(ちはる)ちゃん?

 

砂良「ごめんね。私はなっちゃんじゃないの」

富士子「ここは、奥原なつの家で間違いないの。あの子は、ずっとあなたを待っていたのよ」

 

 

 

 

富士子は、千遥(清原 果耶)を居間に通します。そして、なつが漫画映画を作るため、上京していることを説明します。

 

富士子「あなたはどこから来たの?」

千遥「東京です・・・」

 

知らせを聞きつけ、泰樹じいちゃんもやってきます。

 

泰樹「そうか! よう来たな。早くなつに知らせてやれ」

千遥「待ってください。姉にはどうか知らせないでください。

姉には、会いたくないんです

 

どうも様子が変です。千遥には、どこか陰があります。富士子はわけを問いただそうとしますが、じいちゃんは気持ちを察してあげます。

 

泰樹「しゃべりたくない事だってある。ここに来てくれただけで十分だ」

 

 

 

そのしばらく後。新宿の会社にいるなつのもとに、十勝から電話がかかってきます。どうやら、富士子が居ても立ってもいられず、連絡してきたようです。

 

富士子「なつ! 落ちついて聞いてね。いま、千遥ちゃんがウチに来ているの」

なつ「ほんと? ほんとに千遥が来てるの?」

 

 

                   第80話へつづく。