映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』77話あらすじ&ネタバレ!雪之助の卒業試験

f:id:entafukuzou:20190628101631j:plain

 《第76話までのあらすじ》

なつの描いた動画に、監督の露木からクレームが入ります。馬の前足が4本もあるのが、おかしいというのです。

 

しかし、下山にマコ、仲さん、井戸原たちはなつの表現をかばってくれます。

 

 

いっぽう。雪之助は、雪次郎の代わりに【川村屋】の厨房ではたらいていました。息子がいつでも戻ってこられるように、居場所を守ってやろうと考えていたのです。

 

なつは、そんな雪之助に語りかけます。

「雪次郎くんは、(役者をめざしていても)家族を大事にしていると思います」

 

第76話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第77話あらすじ!6月28日(金)放送ぶん・・・とよばあちゃんの罪悪感

 

 

なつは、雪之助と話を続けます。マダムは、そんな二人に、バターカリーをご馳走してくれます。

 

なつ「わたしが今、アニメの仕事をしているのは、北海道の家族の生き方を学んだからです。

雪次郎くんは、おじさんを裏切る生き方は絶対にしません!

 

どこで何をしていても、家族を大事にしていることに変わりはない。なつは、強調します。

 

 

 

アパートでは、母・妙子が雪次郎にカレーをふるまっていました。

 

妙子「母ちゃんは味方だからね。雪次郎のやりたいことを応援してるから」

 

カレーを食べていた雪次郎は、涙でむせてしまいます。

 

雪次郎「うめえ。母ちゃんの作ったカレーが世界で一番うめえ!

 

 

 

おでん屋【風車】では、とよばあちゃんが咲太郎といっしょに飲んでいました。雪之助が訪ねてきた時には、とよはすっかり酔っぱらっています。

 

とよばあちゃんは息子を見るなり、かけよります。

 

とよ「雪之助ぇ。なぐって悪かった。あんたに私の夢まで背負わせて悪かった

雪之助「おふくろ・・・」

 

帯広のお菓子屋さん【雪月】は、とよが開いたお店。とよばあちゃんは、息子に自分の夢をおしつけた事を申し訳なく思っていたのです。

 

 

 

77話ネタバレ!第13週「なつよ、『雪月』が大ピンチ」・・・雪之助の卒業試験

 

 

 次の日。雪次郎は、雪之助から【風車】に呼びつけられます。お店には、妙子、とよばあちゃん、なつ、咲太郎、そして亜矢美がいます。

 

カウンターには、菓子づくりのための調理器具がそろえられています。

 

雪之助「道具は【川村屋】から調達してきた。ここにある道具を使って、バターケーキを作ってみろ!

 

雪次郎が【川村屋】で菓子職人の修行をして、2年。その2年間、雪次郎がまじめに修行に取り組んでいたのか、確かめようというのです。

 

 

しかし、厨房(ちゅうぼう)で使うようなオーブンや大型のフライパンはありません。フランスの洋菓子でたいせつなジェノワーズ(=ケーキのスポンジにあたる部分)をどう作るか、がポイントとなります。

 

そこで、雪次郎は工夫をします。

 

生地を焼かずにすむ、ロールケーキを作ったのです。フランス風バタークリームのロールケーキの完成です。

 

妙子「おいしいよ、雪次郎」

なつ「とってもおいしい」

 

咲太郎「ふつうにウマい

亜矢美「ふつうに、お店で食べてるみたいにおいしいってこと!」

(⇦ 失言をフォローする、育ての母!)

 

雪之助は、息子の作ったロールケーキをゆっくり味わいます。

 

雪之助「雪次郎。何をするにも、これぐらいやれ。これぐらい一生けん命やれ!

 

役者をめざすならこれと同じぐらい努力しろ、という雪之助なりのメッセージでした。

 

咲太郎「これでやっと言える。合格、おめでとう!」

(⇦ 劇団のオーディションに合格、雪之助の“卒業試験”にも合格。2つの意味?)

 

 

 

 

雪之助「お前が追おうとしているのは、けわしい夢だ。あきらめる時は、潔くあきらめろ。帯広に帰ってこい」

とよ「負けるのも人生の味だ

妙子「いつでも待ってるからね」

 

雪次郎「そんなもの、待つなよ・・・父ちゃん、ありがとう」

 

雪之助は、バシッと息子の頭をたたきます。それは、愛情のこもったエールでした。

 

 

                   第78話へつづく。

 

 

 

 あさイチのなつぞら受け

 

この日のゲストは、雪次郎の母・妙子役の仙道 敦子(せんどう のぶこ)さん。話題は、妙子が雪次郎にカレーをふるまったシーンに及びます。

 

 

「母ちゃんの作ったカレーが世界で一番うめえ!」

雪次郎のセリフがひかる名場面ですが・・・

 

大吉「うちのおふくろのカレーは、そこまでじゃなかったんですよね。レトルトの味がしてました」

華丸「確かに。あなたのお母さんは、あまり料理が上手くなかった」

 

大吉「あなたが言うことじゃないですよ!