映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』76話あらすじ!嫌味にも品がある野上さん

f:id:entafukuzou:20190627091758j:plain


 

 《第75話までのあらすじ》

雪次郎はアパートの逃げこみますが、雪之助たちに見つかります。

 

「自分だけの夢を追わせてください」

雪次郎は芝居をやりたいと告げますが、聞き入れてもらえず。雪之助は、【川村屋】に連れて帰ります。

 

雪之助と雪次郎はそろって、【川村屋】の厨房に立ちます。そこへ現れたのは、とよばあちゃんでした。

 

「雪次郎、行きな! 自分で決めたなら、覚悟を見せるんだ!」

とよばあちゃんは雪次郎を逃がしてあげるのですが・・・

 

 

第75話の、詳しいあらすじについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『なつぞら』第76話あらすじ!6月27日(木)放送ぶん・・・崖っぷちの恋

 

 

ももっち(伊原 立花)となつは、坂場くんの噂をしていました。

 

なつ「わたしは(坂場さんのことは)苦手かな。知らないうちにがけっぷちに追いつめられたような気分になるの」

ももっち「もしかして、がけから落ちたときに、恋に落ちているかもよ

 

なつは、「(そんなこと)ないないない!」という表情をします。

 

 

翌日。

 

監督の露木(つゆき)が怒りをあらわにして、《作画課》にやってきます。

 

露木「誰だ? こんな動画描いたのは? どうして馬の脚が4本ある!」

 

なつは前に進み出て、自分が描いたものだと明かします。それは、馬が必死にジタバタしている様子を、4本脚で表現した絵でした。

 

露木「誰が描いたかなんか、どうでもいい。誰が許したかだ!」

下山「ボクが許しました」

マコ「わたしも許しました」

 

仲「僕も許していたと思います」

井戸原「ボクもいいと思います」

 

作画課の上司たちは、みんなでなつをかばってくれます。みんなは、ディズニーに対抗するためには若い力にかけるべきだ、と露木にかけ合ってくれます。

 

露木「わかった。今回はこの絵にかけてみよう!」

 

露木にお供するように、坂場もいっしょに来ていました。坂場はなつを見るなり、犬かきのようなポーズ。なつの描いた馬の脚の動きを再現します。

 

なつは、思わず吹き出してしまいます。

 

 

 

 

 

第13週「なつよ、『雪月』が大ピンチ」76話・・・嫌味にも品がある野上さん

 

 さて、仕事の帰り。なつは雪次郎を心配して、【川村屋】の寮を訪れます。寮には、雪次郎と母の妙子がいました。

 

いっときは【川村屋】の厨房(ちゅうぼう)を飛び出した雪次郎ですが、役者をめざすべきか菓子職人の修行を続けるべきか、迷いが生じていました。

 

父・雪之助の思いをないがしろにはできない、と感じていたのです。

 

なつ「役者の夢、あきらめんの?」

雪次郎「父さんの夢は、オレの夢でもあるんだわ。この体が2つあればな~」

 

妙子「ごめんね。兄弟生んであげられなくて・・・」

(⇦ いや、そういう事じゃないんだわ)

 

 

 

なつは、【川村屋】の厨房(ちゅうぼう)に足を運びます。雪之助は、後片付けをしていました。雪次郎がいつ戻ってきてもいいように、居場所を作ってあげようと考えていたのです。

(⇦ おもいよ、父ちゃん!)

 

 

なつと雪之助は、お店の客席に座ります。野上さんが、飲み物を用意してくれます。

 

野上「テーブルにこぼさないようにして下さいね。覆水(ふくすい)盆に返らず

 雪之助「さすが野上さん。イヤミにも気品がある」

 

 

雪之助は、役者をやりたいという息子の夢は理解しつつも、守らなければならないものがある、と強調します。

 

雪之助「(帯広のお菓子屋さん)【雪月】は、私だけで作ったんじゃない。おふくろが開拓したお店なんだ。

雪次郎に受け継いでもらいたい。わたしが間違っているかい、なっちゃん?」

 

なつ「間違ってないから、雪次郎くんは悩んでるんだわ。雪次郎君はちゃんと家族を大事にしていると思います」

 

 

                  第77話へつづく。