映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』62話ネタバレ!雪次郎の魂、激しく揺さぶられる

f:id:entafukuzou:20190611094613j:plain

《第61話までのあらすじ》

 なつたち《仕上げ課》の面々は、すべての原画の彩色作業を終えます。この先、編集や声のアテレコを経て、『白蛇姫』は完成となります。

 

いっぽう。照男と砂良は新婚旅行を兼ねて、新宿に立ち寄ります。初対面となる照男と咲太郎はあいさつを交わし、今度は咲太郎が北海道をたずねる約束をするのでした・・・

 

第61話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

『なつぞら』第62話あらすじ!6月11日(火)放送ぶん

 

 

 

 

 なつと雪次郎は、咲太郎の所属する劇団【赤い星座】の舞台を観にゆきます。演目は、イプセンの戯曲『人形の家』です。

 

 

ノラ(女:ヘルメルの妻)「わたしは見ず知らずの他人と住んで、3人の子どもと住んだ。そのことを考えると、この身を裂きたくなります」

ヘルメル(男:弁護士)「わたしが何を言っても、他人以上の関係になれないのか?」

 

ノラ「ああ、もうわたし、奇跡なんか信じられない」

ヘルメル「わたしは信じる。私たちはすっかり変わって・・・」

 

ノラ「二人の仲が本当の結婚にならないのなら・・・さようなら」

ヘルメル「ノラ! ノラ!」

 

 

 

雪次郎となつは、ノラを演じた女優・亀山 蘭子(かめやま らんこ=鈴木 杏樹)のお芝居に、すっかり心を奪われます。咲太郎は、蘭子を2人に紹介してくれます。

 

蘭子「どうでしたか?」

なつ「よかったです。絵に描きたいと思いました」

 

雪次郎「本物は“ふつう”なんだな、って。“ふつう”の人がそこにいるみたいに、彼らの気持ちを代弁するのが芝居なのかと・・・」

 

 

 

おでん屋【風車】に戻ってからも、雪次郎の興奮はおさまりません。

 

雪次郎「(作者の)イプセンは、人間を描写したんだ。詩人として、哲学者として、人間をえがいた。いくら本を読んでもわからなかったことを、あの人(=蘭子)は表現していた!」

 

 

イプセン『人形の家』とは?

 

 『人形の家』とは、ドールハウス(=ミニチュアの家)のこと・・・ではありません。19世紀の劇作家、ヘンリック・イプセンが書いた戯曲です。

 

父親からは“人形っこ”として大事に育てられ、結婚してからは夫から“人形妻”としてかわいがられてきた、ノラ。

 

そんな彼女に危機が訪れます。夫の部下・クロクスタが、ノラの弱みを夫に暴露するというのです・・・

 

 

妻が夫に尽くし、家で子供の面倒をみるのが当たり前だった時代。

 

“家庭”という支配的システムから抜け出そうとするノラを通して、女性の解放を描いた記念碑的な作品です。

 

作品の発表から140年以上経ったいまでも、世界中の劇団で上演されています。

 

f:id:entafukuzou:20190611100546j:plain

 

人形の家(新潮文庫)

 

 

 

62話ネタバレ!第12週「なつよ、アニメーターは君だ」

 

 蘭子の芝居に影響を受けたのは、なつも同じでした。なつは、蘭子の演技を思い出しながら、『白蛇姫』のワンシーンを描いてゆきます。

 

それは、動画の線をキレイに描いてゆく、“クリーンナップ”の練習も兼ねていました。

 

 

さて。【東洋動画】の《仕上げ課》の社員たちは、急にヒマになりました。『白蛇姫』の彩色を終えて、当面はやることがなかったのです。

 

《仕上げ課》の石井 富子は、なつや桃代たちを集め、トレースの作業について講義します。トレースとは、原画のラフな線を整った線にすること。富子は、社員の誰かにトレースの実演をしてもらう事にします。

 

富子「自信のある人、いますか?」

 

みんなが物おじするのを見て、なつはスッと手を挙げます。

 

富子「墨をすって、そのペンでなぞってみて。1回ごとにペン先をスポンジで拭くのよ」

 

なつには、多少の自信がありました。家で、“クリーンナップ”(=清書描き)の練習をしていたからです。なつは言われた通り、下絵の線をなぞってみます。

 

富子「なかなかウマいじゃない! それじゃ、もう1回同じ絵を描いて!」

なつ「はい」

 

富子「もう1回」

 

同じ作業をくり返すこと、10回。富子は、なつがトレースした10枚の絵を、ぴったり重ねてみます。下の絵がすけて見えますが・・・

 

なつが描いた絵は、ズレまくっていました。正確にトレースできていない証拠です。

 

                        第63話へつづく。