映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』57話あらすじ&ネタバレ!なつとマコの静かな戦い

f:id:entafukuzou:20190605095532j:plain

《第56話までのあらすじ》 

 なつは、先輩アニメーターの書き損じた絵を持ち帰り、模写をして技術のレベルアップを図ります。

 

ある日のこと。なつが、亜矢美の選んだ派手な服を着て出社すると、腕利きアニメーターの大沢 麻子にからまれます。

「男を探しにきてるだけなら、ウロつかないで!」

 

勘違いされて、さすがのなつもイラっときます。

 

第56話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『なつぞら』第57話あらすじ!6月5日(水)放送ぶん・・・わたしは美人じゃない

 

 なつは、おでん屋【風車】に戻ってからも怒りがおさまりません。つい、愚痴を言ってしまいます。

 

なつ「そんなにわかり易いですか? (男を見つけたい、という気持ちが)にじみ出てるなんて、あり得ない!」

 

部屋に戻ろうとするなつは、書店の社長・茂木(リリー・フランキー)から声をかけられます。

 

茂木「男が美人と接するとき、冷たくされてると感じるのは誤解だよ」

なつ「わたしが誤解されている相手は、男じゃありません。それに、私は美人でもありません

(⇦ 嘘つけ~! もう一度いいます。嘘つけ~!!)

 

茂木「君が美人じゃないなんて、それこそ誤解だよ」

亜矢美「社長。この子を口説いたら、出入り禁止だよ!

 

 

なつは部屋に戻って、動画担当の堀内が書き損じた白娘(パイニャン)の絵をみつめます。

 

 

“この絵には、白娘の心情が描かれていない”

 

 

麻子(マコ=貫地谷しほり)は、強く主張していました。なつは、『白蛇姫』のストーリーをあらためて思い出してみます・・・

 

白娘(パイニャン)が蛇の化身であると見抜いた法海(ほっかい)は、戦いをいどみます。2人は、たがいに魔術を使って激しいバトルを繰り広げますが、白娘は敗れてしまいます。

 

魔力を失いつつあった白娘は、体の下半分が白蛇に戻ってしまいます。彼女は、「もう許宣(しゅうせん)とは会えないかもしれない」と思い、悲しくなるのでした・・・

 

なつは、白娘の気持ちに寄りそいながら、絵に修正を加えてゆきます。

 

 

関連:本当はどんな話?『白蛇伝説』元ネタは鹿追町と中国の民間伝承?

 

 

 

57話ネタバレ!第10週「なつよ、絵に命を与えよ」・・・なつとマコ、ファッション代理戦争!

 

 

 翌朝。亜矢美は、またしてもなつに派手な服を着せようとします。

 

なつ「オシャレは誤解されるから。男の気を引こうとしてる、って・・・」

亜矢美「認めるの?」

 

なつ「認めません。(好きなコーディネートで)いっちゃってください!

 

 

 

日に日に派手さを増してゆくなつの服装に、職場のももっち先輩(伊原 立花)もあきれ顔。

 

なつ「負けませんから!」

ももっち「なにと戦ってるのよ!

 

 

その日のお昼休み。なつが昼食もとらずに『白蛇姫』の絵コンテを眺めていると、上司の石井 富子から注意されます。なつはパンを買って、中庭に出てゆきます。

 

 

中庭では、先輩の下山(川島 明)が同僚をスケッチしていました。なつは、麻子のことを尋ねてみます。

 

なつ「大沢さんって、怖い人ですか?」

下山「マコちゃんのこと? 熱心なだけ。優秀なんだ。美大を出て、すぐ仲さんと井戸原さんに認められて、『セカンド』に抜擢された」

 

下山は、麻子がアニメーターとして大切な資質をもっている、と力説します。

 

下山「アニメーションに大切なことが何だか、わかるかい? 命を吹きこむことなんだ

 

なつは、『アニメーション』(animation)という言葉は、ラテン語のアニマ(anima=霊魂)が語源であるという事も教えてもらいます。

 

 

 

 

さて、そのころ。麻子は、色見本をみせてもらうため、《仕上げ課》に来ていました。なにげなく作業場を見ていると、机の上のある絵が気になります。

 

それは、昨晩なつが修正した、堀内の書き損じでした。

 

麻子「これ、誰の?」

富子「奥原、って子。新人の」

 

麻子「ああ。そういうこと」

 

麻子はなつの服装を思い出し、イラっとします。ところが! バカにしたような表情でパラパラと絵をめくった瞬間、麻子は驚きのあまり、目を見開いてしまうのでした。

 

                      第58話へつづく。

『なつぞら』58話ネタバレ!なつの人生を変えたのは倉田先生?

 

 

 

あさイチのなつぞら受け・・・裸の大将ならエンディング

 

大吉「『裸の大将』だったら、もう(ドラマが)終わってる流れでしたね」

華丸「山下さーん! 山下さーん!」

 

(⇦ 実在の画家・山下 清をモデルにしたドラマ『裸の大将』

放浪の旅に出ている変わり者の山下が、地元の人と交流したあと、風のように立ち去ります。人々は彼が残した絵をみて初めて、名のある風景画家だったと気づくのです)