映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

パンはもともと何語?漢字ではどう書く?

f:id:entafukuzou:20190604173227j:plain

チョコラテさんによる写真ACからの写真

 

手軽に食べることのできる、パン。ご飯とならんで、私たち日本人になじみ深い食品です。

 

このパン。もともとは何語なのでしょうか? また、漢字ではどう表記するのでしょうか?

 

 

 

パンは、もともとはポルトガル語!

 

ポルトガル語の「pão = パォン」から、「パン」へ

 

 

 「ロイヤル・ブレッド」という商品名の食パンがあるように、パンのことを英語では「bread= ブレッド」と呼びます。デンマークやノルウェーでも同じく「bread」。

 

これは、古いゲルマン語からきている言葉です。たとえばオランダ語では「brood」、ドイツ語では「Brot」と表記します。

 

 

いっぽう、わたしたちが普段使っている「パン」は、もともとはポルトガルの「pão = パォン」が由来です。

 

こちらはラテン語が語源で、たとえばフランス語では「pain」、イタリア語では「pane」と表記します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本での「パン」の歴史

 

 

「パン」が日本に伝わったのは、16世紀後半。鉄砲などどいっしょに、ポルトガルから種子島に入ってきます。

 

ところがその後、日本が鎖国政策をとったために、パンは市場に出回らなくなります。ただ、長崎では、製法の似ているビスケットが作られていました。

 

 

19世紀のこと。天保13年(1842年)、韮山(にらやま)の代官・江川太郎左衛門は、日本で初めてパンを焼きます。これは、アヘン戦争後のイギリスが攻めてくることを想定して、兵糧(ひょうろう)として備蓄しておくためでした。

 

明治2年。東京・日影町(現在の新橋)に【木村屋総本店】がオープンします。

 

明治7年、【木村屋総本店】があんぱんの開発に成功。

明治8年、明治天皇に初めてあんぱんが献上されたことで、爆発的に普及します。

 

お店で焼いて販売する、という意味で日本初のパン屋さんと言われているのが、1864年に開店した【横浜ベーカリー】。最初の店主はイギリス人のクラークで、やがて打木 彦太郎に引き継がれます。

 

 

パンは、漢字では「麺麭」と書く

 

 

「パン」を辞書で調べると、よく載っている漢字が「麺麭」です。めん類を表す「麺」と、粉餅やだんごを意味する「麭」から成り立っています。

 

また、少し難しめですが、「麪包」「麵麭」もパンと読みます。

 

 中国語では、パンのことを「面包」(miànbāo = ピンイン)と表記します。