映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』56話あらすじ&ネタバレ!マコちゃんは怖い人

f:id:entafukuzou:20190604094920j:plain

《第55話までのあらすじ》 

 《仕上げ課》に配属されたなつは、彩色の仕事を任されます。《作画課》の人が描いた絵に色をぬってゆく作業です。

 

なつは、自分の仕事が終わった後、仲さんを頼って《作画課》の仕事を見学させてもらうことにします。作業場では、アニメーターたちが慌ただしく動いています。

 

なつは不注意で、女性アニメーター・大沢 麻子とぶつかってしまうのでした。

 

第55話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

『なつぞら』第56話あらすじ!6月4日(火)放送ぶん・・・マコちゃんは不機嫌

 

 なつは、仲さんの描いたパンダのキャラクターが気に入ります。

 

なつ「本物は見たことないけど、その絵がカワイイんです」

 仲「描いてみるかい? その箱の中に書き損じがあるから、持っていっていいよ」

 

ゴミ箱の中には、仲さんが書き損じた原画が捨てられています。なつは、そのうちの何枚かをもらってゆきます。

 

 

アニメーションの作業工程は、次のとおり。

 

まず、2枚以上の『原画』を描きます。その原画と原画の間をうめるのが、何枚かの『動画』です。【東洋動画】では、実質的な『原画マン』は、仲さんと井戸原(小手伸也)の2人だけ。

 

下山(川島 明)たち6人が、『セカンド』という立場で2人をサポート。2人の作業を補ったり、動画の人に指示を出したりするのです。

 

 

すぐそばでは、なつとぶつかった女性アニメーター、大沢 麻子(おおさわ まこ=貫地谷しほり)が動画担当の堀口ともめていました。

 

麻子の言い分は、原画が意図したキャラクターの性格が、堀口の描いた動画からは伝わってこないというもの。これに対して堀口は、細かく指示を出してくれ、と要求しています。

 

麻子も下山と同じ、『セカンド』のポジションに就いていました。神経質で怒りっぽい人みたいですが、ニックネームは「マコちゃん」です。

 

 

悲しい恋の話! 『白蛇姫』の簡単なあらすじ

 

【東洋動画】の長編アニメ『白蛇姫』は、中国の昔話が元になっています。

 

あるところに、許宣(しゅうせん)という心のやさしい青年がいました。子分のパンダと心を通わすこともできます。

 

あるとき。許宣は、市場で見せ物にされている白い蛇をかわいそうに思い、お金を払って逃がしてあげます。

 

白い蛇は、許宣に恋をします。蛇は、美しい女の子・白娘(パイニャン)に姿を変え、許宣の前に現れます。2人は恋に落ち、仲むつまじく暮らします。

 

ところが! 白娘が白い蛇の化身であることを見抜いた法海(ほっかい)は、兵士をさしむけ、戦いを挑みます・・・

 

 

元ネタの中国の民間伝承、『白蛇伝』の詳しいあらすじはこちら!

本当はどんな話?なつぞら『白蛇伝説』元ネタは鹿追町と中国の民間伝承?

 

 

56話ネタバレ!第10週「なつよ、絵に命を与えよ」・・・私が選んだ服じゃないのに

 

 

 

 

なつは、仲さんの書き損じたパンダの絵を家に持ち帰って、よる遅くまで描き写します。がんばり過ぎて、電気をつけたまま寝てしまいます。咲太郎、亜矢美の2人はそんな様子をみて・・・

 

亜矢美「なに、これ?」

咲太郎「さあ。タヌキかな

 

翌朝。亜矢美は、初日よりさらに派手な服をなつに着せます。「第一印象が大事!」と、亜矢美は言うのですが・・・

 

 

 

 

 なつは、休み時間に毎回のように絵コンテをチェック。『白蛇姫』のあらすじをしっかり頭にたたき込んでいました。

 

なつ「悲しい恋のお話なんですね

下山「お! 勉強してるね~」

 

下山は、アドバイスをくれます。ゴミ箱に捨てられた先輩の書き損じを拾って、絵の練習をすればスキルがアップするよ、と教えてくれたのです。

 

 

すると、セカンドの麻子と、動画担当の堀口が言い合っている声がまたも聞こえてきます。

 

麻子「動画はただのつなぎじゃないのよ! ここは、恋に破れた白娘(パイニャン)が許宣(しゅうせん)を思うシーンなの」

堀口「だったら、表情を原画で描くべきじゃないか!」

 

麻子「もういい! わたしがやるから」

 

麻子はいらだちながら、立ち去ります。納得のいかない堀口は、自分の描いた絵をゴミ箱になげ捨てます。

 

それを見ていたなつは、その絵をこっそり拾います。

 

 

なつは絵を持って、噴水のある中庭にやってきます。若い女性社員たちは、おしゃべりに夢中。バレーボールをして遊ぶ人たちもいます。

 

なつはベンチに座り、拾った絵を広げて見ようとします。すると、麻子が声をかけてきます。どうも、なつの派手なファッションが気に入らないようです。

 

麻子「あんた、何しに来てるの? 会社の男たちは自分のモノみたいな顔しちゃって。私の前をうろつかないで。目障りなの」

 

 

麻子は、なつを一方的に非難して、立ち去ります。

 

なつ「なんなのさ、今の!」

 

 

嫉妬とカン違いがうずまく世界・・・なつよ、これが社会だ!

 

                     第56話へつづく。

『なつぞら』57話あらすじ&ネタバレ!なつとマコの静かな戦い

 

 

 

あさイチの朝ドラ受け・・・「裕子と鈴愛」理論

 

大吉「あれ。絶対あとで親友になるパターンでしょ?」

華丸「(『半分青い』の)裕子と鈴愛(すずめ)みたいな・・・それにしても、だいぶ狭い場所でバレーボールするんですね