映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』55話あらすじ&ネタバレ!やっと会えた、白蛇姫

f:id:entafukuzou:20190603095739j:plain

《第54話までのあらすじ》

なつは、【川村屋】の寮を出てゆくことになり、マダムや野上さんに感謝の気持ちを伝えます。

 

その夜。 なつの就職を祝って、咲太郎が天丼をふるまってくれます。ノブさんや雪次郎、佐知子もかけつけてくれ、楽しいひと時を過ごします。

 

そして、【東洋動画】初出勤の日。亜矢美が選んでくれた派手な服に身を包み、なつは会社へ向かうのでした。

 

 

第54話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』第55話あらすじ!6月3日(月)放送ぶん・・・やっと会えたね、白蛇姫!

 

 

 

 

 なつたち《仕上げ課》の新人たちは、作業場に案内されます。おもな仕事内容は2つ。《作画課》の人たちが描いた絵を描きうつすトレース”と、色をぬる彩色”です。

 

 

なつたちの上司にあたる石井 富子は、強調します。

 

富子「本格的な総天然色の漫画映画を作るのは、日本で初めてです。ちなみに世界では、漫画映画のことをアニメーションと呼びます。アニメーションで欠かせないのが、セル画です」

 

【東洋動画】は、今まさに長編アニメーション『白蛇姫』を製作中。壁には、『白蛇姫』のセル画の色見本が貼られています。

 

そこには、メインキャラクターの女の子・白娘(ぱいにゃん)のセル画もありました。

(⇦ 元は白い蛇。人間の女の子に化けています)

 

なつ「やっと会えたね、白蛇姫

 

 

 

なつは、半年だけ早く入社した森田 桃代(伊原 立花)の横で、彩色の作業を始めます。なつが渡されたカットは、パンダのキャラクターの絵。偶然にもそれは、仲さんが描いた絵でした。

 

なつ「私も、仲さんみたいになりたくて、ここへ来たんです」

桃代「あなたも作画をやりたい、ってこと?」

 

なつ「仕上げ、頑張ります」

 

桃代は、19歳。なつと同学年です。そのせいもあって、すぐに打ち解けます。

 

桃代「“先輩”、って呼ばなくていいから。慣れたら、“ももっち”、って呼んで」

なつ「ももっち先輩!」

 

 

 

55話ネタバレ!第10週「なつよ、絵に命を与えよ」・・・ばきゅん、ばきゅん!

 

 なつは、パンダの絵に色を塗ろうとしますが、イマイチ作業が進みません。

 

なつ「あの・・・台本は配られないんですか? この絵がどんなシーンでどんな使われ方をするか、わかれば・・・」

桃代「脚本はないけど、絵コンテならあるわよ。《仕上げ課》にも1冊。休み時間にでも、見てみたら?」

 

 

 

 

 

さて、お昼休みになりました。なつは、さっそく絵コンテを見せてもらうことに。絵の構図や、カメラ割りが細かく書かれています。

 

すると、仲さんと陽平(犬飼貴丈)が、声をかけてきます。

 

仲「おや? なかなかオシャレだね

陽平「お昼食べたの?」

 

なつ「いえ」

 

仲「作業のこと知りたかったら、こっちも見にくるといいよ」

なつ「いいんですか?」

 

 

なつは、《仕上げ課》の仕事が終わったあと、《作画課》を見学させてもらうことにします。壁には、描き上がったばかりの絵が飾られています。

 

すると、以前スタジオ見学させてもらったときに知り合った、下山(川島 明)と出会います。

 

下山「あれ? 君、ホントにここに入ったんだ。僕のこと、覚えてる?」

なつ「はい。下山さんですよね。元・警察官の・・・」

 

下山「ばきゅーん! ばきゅん、ばきゅん!

 

下山はなにを思ったか、指で拳銃をうつポーズを取り、なつに向けて撃ちます。

 

なつ「うーーー」

 

なつは撃たれたフリをして、倒れかけます。すると、後ろを歩いていた女性とぶつかってしまいます。

 

女性「ちょっと!」

 

迷惑そうに持ち場に戻る女性。あきらかに怒らせてしまったみたい。

 

 なつは、あこがれの現場ににやってきたことで、興奮しすぎているようです。ウッチャンのナレーションも、用心するよう忠告します。

 

ナレーション「なつよ、うかれるなよ」

 

                          第56話へつづく。

『なつぞら』56話あらすじ&ネタバレ!マコちゃんは怖い人

 

 

あさイチのなつぞら受け

 

大吉「一番うかれているのは、川島くんでしょう」

(⇦ 下山 役は、お笑いコンビ『麒麟』(=きりん)の川島さん)

 

華丸「絵心あるからね、あの人は」