映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』52話ネタバレ!マダムは咲太郎に恋してる?

f:id:entafukuzou:20190602174934j:plain

《第51話までのあらすじ》

 咲太郎はなつの不合格に納得がゆかず、アニメーターの仲に問いただします。

 

仲が調べた結果、なつは絵の実力ではなく、咲太郎の所属する劇団のせいで落とされたことがわかってきます。しかし、それは社長の誤解でした。

 

なつは、9月に行われるという『仕上げ』の採用試験に向けて、準備することにします。そんな中、咲太郎が警察につかまったという連絡が入り・・・

 

 

第51話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

『なつぞら』52話あらすじ!5月30日(木)放送ぶん・・・サンドイッチマンとは?

 

 

ノブさんの話によると、咲太郎は悪いことをしたのではなく、サンドイッチマンをして

交通のさまたげになったために叱られたということでした。

(⇦ 『サンドイッチマン』とは、体の前と後ろに看板をかけて、客引きをする人)

 

 

なつとノブさんがキャバレーの店の前にゆくと、咲太郎とレミ子(藤本 沙紀)が客引きをしています。

 

レミ子「買ってください。煙カスミも出演しているよ~」

 

咲太郎は通行人の気を引こうと、タップダンスを見せます。その姿をみて悲しくなったなつは、話しかけずにはいられません。

 

なつ「お兄ちゃん、何してんの!」

咲太郎「なつ! お前、あんな会社おちてよかった。俺たち孤児院にいた人間はいつまでたっても差別されるんだ」

 

なつ「わからない。それがお兄ちゃんのやりたいこと? 人前でタップダンスなんて、子どもの頃と同じ。わたし、悲しいよ」

咲太郎「何がわからない? マダムに借金を返すためだろ?」

レミ子「こっちだって、生きるために働いてるのよ。バカにしないでよ!」

 

なつ「バカにしてるんじゃありません。お兄ちゃんはやりたくてやってるの?」

咲太郎「ムーランルージュを立て直すためさ」

 

なつ「それは人のためでしょ! もっと自分のためにがんばってよ! もう人のことは放っておいてよ!」

 

 

なつにとっては、咲太郎が自分の夢のために生きているようには見えませんでした。

 

戦災孤児のときは、なつや千遥(ちはる)のため。

いまはマダムのため、亜矢美のため、そして、なつのため。

 

いつも他人のために働いているように見えたのです。

 

 

 

 

52話ネタバレ!第9週「なつよ、夢をあきらめるな」・・・マダムは恋してる?

 

 

翌朝。

 

なつは、マダム(比嘉 愛未)に昨夜の騒ぎについて謝ります。

 

なつ「兄のことがよくわからないんです。いつも人のことばかり考えているようで・・・」

マダム「咲太郎はね、自分のことより他人のために生きるのが好きなのよ。バカなところはあるけれど、人を思う気持ちは、純粋すぎるほど真っすぐなの

 

すると、おでん屋の女将・亜矢美(山口 智子)がやってきます。亜矢美は、お金を入れた封筒を持っています。

 

亜矢美「ゆうべは咲太郎が大変お騒がせしました。これ少ないですが・・・1万円です。残りも少しずつ返してゆきますので・・・」

マダム「受け取れません!」

 

亜矢美「咲太郎の借金は、わたしの借金でもあります」

マダム「だから受け取れません」

 

亜矢美「それはいけません。いくらマダムが咲太郎に恋をしたといっても・・・」

マダム「なっ! 恋なんてしてません」

 

亜矢美「そうでもなきゃ10万もの大金、貸さないでしょう?」

マダム「してない。してません!」

 

 

亜矢美は、咲太郎が心の支えにしているものを、なつに見せてくれます。

 

それは、咲太郎が自分で描いた家族の絵でした。お父さん、お母さん、咲太郎、なつ、千遥・・・家族がそろってお祭りの出店をまわっている絵です。

 

なつ「そっくりです。お父さんの描いた絵にそっくり

 

 

                         第53話へつづく。

『なつぞら』53話ネタバレ!夕美子からのツンデレ・エール

 

 

 

あさイチのなつぞら受け・・・微妙なタップダンス

 

番組が始まると、カメラは司会者3人の靴をうつします。

 

大吉「なんでしょうか、この入りは?」

近江アナ「私たちの靴を見たい、という視聴者の方からご要望がありまして・・・」

 

大吉さんは、咲太郎のマネをしてタップダンス。

 

近江アナ「お、お~。なんかそれっぽい」

 

下手ではないけど、床の音が鳴るほどうまくもない。反応に困るタップダンスでした。