映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』51話あらすじ!トラブル起こす咲太郎は、寅さん?

f:id:entafukuzou:20190529125914j:plain

《第50話までのあらすじ》 

 採用試験の直前。

 

アニメーターの仲は、

「やる気があれば、大丈夫ですよ」

と、太鼓判を押してくれていました。

 

しかし、なつは不合格。ぼう然としてしまいます。

 

納得のいかない咲太郎は、【東洋動画】に突撃! 「どうして落ちたんでしょうか!」と仲に詰め寄るのでした・・・

 

 

第50話の、詳しいあらすじについては、こちら!

『なつぞら』50話ネタバレ!仲さんにせまる咲太郎の魔の手

 

 

 

 

5月29日(水)放送!『なつぞら』第51話・あらすじ・・・水もしたたる仲さん

 

 バシャン!

 

咲太郎につめ寄られ、仲(井浦新)は中庭の噴水に落ちてしまいます。

 

 

咲太郎はやり過ぎたことを謝り、2人は喫茶店でなつの入社試験について語ることにします。

 

仲「実力がないとは思わない。採点したのは僕ですから」

咲太郎「だったら、やっぱりあんたが落としたんじゃねえのか!」

 

すると仲は、バン!! テーブルを叩いて立ち上がります。

 

仲「てっきり、なっちゃんは受かったと思ってたんです! 入社したら、僕が責任もって育てようと思ってたんだ!

 

 

絵の実力ではなくて、面接で落とされた可能性が高まりました。咲太郎は、大杉社長のなつを売りこんだ際に、自分が言ったセリフを思い出します・・・

 

孤児院から北海道にわたって、本当に苦労したヤツなんです!」

 

・・・咲太郎は、あのひと言が不採用に影響したのでは? と思い、落ちこむのでした。

 

 

 

 

 

【川村屋】には、ノブさんがやってきます。近況報告も兼ね、なつの様子をみにきてくれたのです。

 

そのとき、店の外に咲太郎が現われます。しかし、咲太郎は2人に声をかけることができず、そのまま立ち去ってしまいます。

 

ノブ「今はサツ回りをしてる。警察署を回って事件を取材するんだ」

なつ「へー。ノブさんすごい。わたしはダメだった」

 

しかし、なつはアニメーターになる夢を諦めたくありません。別の道を探すことを誓うのでした。

 

 

 

第9週「なつよ、夢をあきらめるな」51話・・・警戒される、プロレタリア演劇

 

 

すると、仲と陽平(犬飼貴丈)が、なつを訪ねてきます。初対面のノブさんと陽平はあいさつします。

 

ノブ「僕はなっちゃんの東京の幼なじみです」

陽平「ボクは、北海道の幼なじみです

 

仲は、なつが不採用となった経緯について、色々と調べてくれていました。不採用を決めたのは、大杉社長の「あの子はダメだ。はじいて!」というひと声でした。

 

大杉社長は、咲太郎の所属する劇団【赤い星座】のことが気になっていました。【赤い星座】は、プロレタリア演劇の流れをくむ劇団だったのです。

 

 

(⇦ プロレタリア演劇とは、労働者や農民たちの解放をめざす演劇のこと。地主や経営者に反乱するようなストーリーの演目が多かったため、支配階級からは警戒されていたのです)

 

 

大杉社長は、「不良の兄がいるような子を、採用するわけにはいかない」と判断していました。しかし、それは誤解でした。咲太郎は、政治的な思想など深く考えずに演劇活動をしていたからです。

 

 

とはいえ、決まってしまった不採用を取り消すことはできません。仲はなつに、新しい話を教えにきてくれたのです。

 

仲「9月に、『仕上げ』の試験があるんだ。セル画に色を塗ったり、トレースしたり・・・アニメーターの勉強にもなる」

(⇦ トレースとは、ラフな線で描かれた下書きを上からキレイになぞる作業。清書とも呼びます)

 

陽平「仕上げには高卒の女子も多いから、今回より間口は広いと思う」

仲「お兄さんの誤解も解くから、どう? 挑戦してみない?」

 

なつ「やってみます。ありがとうございます」

 

 

なつは、十勝の家族に手紙を書きます。今回の不合格と、9月に再挑戦するつもりであること報告します。

 

 

さて、ある夜のこと。なつがおでん屋【風車】でくつろいでいると、ノブさんがお店に入ってきます。女将の亜矢美はお酒を用意しようとしますが、それどころではありませんでした。

 

ノブ「実はさっき、咲太郎が警察につかまって・・・」

 

                         第52話へつづく。

 

 

あさイチの朝ドラ受け・・・咲太郎は、寅さん?

 

 大吉「また、咲太郎(さいたろう)がやらかしたみたいですよ」

華丸「昨日から動きが寅さんみたい」

 

大吉「もうね。なつがサクラに見えてきて・・・(近江アナに)どうです? お兄ちゃんがあんなグイグイきたら?」

近江アナ「わたしもNHKの試験のこと思い出しました。お兄ちゃんが社長に会いにいったら、嫌だな~。やめて、って・・・思います」

 

大吉&華丸「(笑)」

大吉「さあ、『あさイチ』今日の特集はお酢です」

華丸「すいたろうと呼んでください」