映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』41話あらすじ!なつの決心を聞いた泰樹の名言!

f:id:entafukuzou:20190521054443j:plain

《第40話までのあらすじ》 

 泰樹じいちゃんは、なつの東京行きをサポートしてくれるよう、雪之助さん・とよばあさんに頼んでおいてくれました。

 

それを知ったなつは、心苦しくなります。まだ、アニメーターになりたい、という本心を言ってないからです。

 

第40話の、詳しいあらすじについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

5月17日(金)放送!『なつぞら』第41話・あらすじ・・・とよばあちゃんの勇気をくれる一言

 

 なつは、【雪月】のとよばあさんの元を訪れます。

 

なつ「ばあちゃん。わたしはズルい! じいちゃんを裏切ってしまった」

 

 

なつの話を、とよばあさん、雪次郎、雪之助さん、妙子さんは親身になって聞いてくれます。

 

雪之助「【川村屋】のマダムが言ってたぞ。“いつでも東京に来ていい。なっちゃんがよければ、【川村屋】で雇ってもいい”、って・・・」

 

雪次郎「オレもなっちゃんがいたら、心強い」

妙子「あんた、なっちゃんを頼ろうとしてるだろ? あんたが支えてやらないと・・・」

 

雪次郎「オレがついてるよ、なっちゃん

妙子「しらじらしい」

 

しかし、なつは誰かの世話になることが、心苦しいようです。泰樹じいちゃんに対しても、恩返しをしないまま出てゆくことが申し訳ないのでした。

 

なつ「自分勝手な理由で、あそこを出たいと思ってるのさ。私はじいちゃんをだましてしまった事になった」

とよ「なっちゃん。東京に行くべきだ。だけど、そういう気持ちもじいちゃんに言ったらいい。なっちゃんとじいちゃんは、何でも言い合える仲になったんだべ? 」

 

とよばあさんの一言は、なつを強い気持ちにさせてくれます。なつは、【雪月】の小畑家一家に、心から感謝するのでした。

 

 

 

 

 

第7週「なつよ、今が決断のとき」41話・・・泣ける!じいちゃんの名言

 

 

 なつが【柴田牧場】に戻ってくると、悠吉おじさん、菊介さんが声をかけてきます。

 

悠吉「東京行くってホントかい? そのまま帰らないこともあるのかい?」

 なつ「・・・」

 

悠吉「帰ってこなきゃダメだ! おやっさん(=じいちゃん)の気持ちもわかってやれねえべか?」

菊介「おやじ! 俺たちが口を挟むことでねえ!」

 

悠吉「オレだって、なっちゃんを家族だって思ってるんだ!

菊介「俺だってそうだよ。家族だから、待っててやろう

 

すると、泰樹じいちゃんが牛舎に入ってきます。なつは、じいちゃんにホントのことを話そうとしますが・・・

 

なつ「じいちゃん・・・」

泰樹「ここにいるときは、牛のことだけ考えろ!」

 

 なつは、タイミングを逃してしまいます。

 

 

そして、晩ごはんの時間になります。

 

泰樹「ごちそうさん」

 

じいちゃんは、いち早く寝室に下がろうとします。なつは、じいちゃんを追いかけると、その場にひざまづきます。

 

なつ「じいちゃん、ごめんなさい! わたし、嘘ついてました。本当は東京に行きたいのは兄に会うためじゃない。やりたいことがあるんです!

 

剛生「やりたいこと、ってなに?」

(⇦ のんきに口をはさむお父さん!)

富士子「黙って聞いてやればいいべさ」

 

なつ「漫画映画を作りたいのさ。作れるかどうかわからんけど、やってみたいのさ。挑戦してみたいのさ。

じいちゃんが一人で北海道の来て開拓したみたいに、私、挑戦したい。わたし、じいちゃんみたいになりたい。

ごめんなさい。酪農やじいちゃんを裏切っても、わたしはやりたい」

 

泰樹「なにが裏切りじゃ。ふざけるなっ!

 

じいちゃんは両方の手のひらで、なつのほっぺたをポンポン、と触ります。

 

泰樹「よく言った。それでこそ、わしの孫じゃ。行ってこい!

東京を耕してこい! 開拓してこい!」

なつ「じいちゃん・・・」

 

泰樹じいちゃんはもう一度、なつの頬をポンポンとたたきます。それは、不器用なじいちゃんの、精一杯のエールでした。

 

 

照男「それがなつの夢だったのか」

夕美子「最初っからそう言えばいいのよ」

 

 

 

 

なつは、天陽くんに報告しに行きます。なつは、会うなり天陽くんに抱きつきます。

 

なつ「天陽く~ん。許してくれた。じいちゃんが認めてくれた。

天陽くんのおかげ。ありがとう!」

天陽「そうか」

 

 

天陽くんとの別れも、せまっていました。

 

                         第42話へつづく。