映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』39話ネタバレ!照男と沙良、愛が生まれた日

f:id:entafukuzou:20190522170712j:plain

《第38話までのあらすじ》 

なつは、家族のみんなにお願いします。

「お兄ちゃんをそばで支えたい。東京へ行かせてください」

 

泰樹じいちゃんは、烈火のごとく怒ります。

「わしの勝手につき合う必要はない。今すぐ出ていけ!」

 

なつは家を飛び出そうとしますが、剛生さんや富士子さんに説得され、ひとまず高校を卒業することに決めたのでした。

 

第38話の、詳しいあらすじ&ネタバレについては、こちら!

 

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

5月15日(水)放送!『なつぞら』第39話・あらすじ・・・照男と沙良、愛が生まれた日

 

なつ(広瀬すず)は、天陽くん(吉沢亮)の家に遊びにきていました。天陽くんは、本音を言わなかったわけを問いただします。

 

 

天陽「なんでウソついたんだ? 東京に行きたい本当の理由は、アニメーションだろ!」

なつ「言えんかった。“酪農よりやりたいことがある”なんて言ったら、じいちゃんを裏切ることになる」

 

天陽「言わないほうが裏切りだよ!

なつ「東京に行ったって、(アニメーターの仕事が)できるかどうか、わからない」

 

天陽「そんなヤツ、東京に行ったって、何もできないよ!」

 

 

 

 

 

 

 富士子さんと照男は、山奥に住む弥一郎・沙良 親子の家をたずねます。先日、遭難したなつを助けてもらったお礼を言いにきたのです。

 

照男(清原翔)は、せめてものお礼として、【柴田牧場】でしぼった牛乳を持ってきました。

 

照男「これは、ウチの牛乳です」

沙良「あ。どうもすみません」

 

照男「あ、いえ。重いので・・・」

沙良(北乃きい)が受け取ろうとすると、照男は自分で奥まで運んであげます。

 

 

 

弥一郎(中原 丈雄)は、なつが泊まったときの様子を語ってくれます。

 

弥一郎「あの子はひと晩中、寝ないで絵を描いていた。すさまじい集中力だ」

 

部屋には、彫刻家の弥一郎の作品がたくさん置かれています。なつはこれらを全てスケッチした、というのです。

 

 

沙良は、野菜の煮物に、もらったばかりの牛乳をたっぷりとかけます。沙良の上品なふるまいに、照男は目をうばわれます

 

沙良が煮込み料理をさしだすと、照男はをおいしそうに食べます。今度は沙良が、そんな照男のようすを微笑ましく見守ります

 

 

(⇦ 出会ったその日に、両ひとめぼれ。うらやまし~)

 

 

 

 

 

 

第7週「なつよ、今が決断のとき」39話・ネタバレ・・・なつの意味深なセリフ

 

 

 なつは、天陽くんの家で晩ご飯をごちそうになっていました。天陽くんの母・タミさんと、父・正治さんも一緒です。

 

ここでも、天陽くんはしきりに東京行きをすすめます。

 

天陽「ウチの兄ちゃんは、あの会社(=アニメ制作会社)で働いているんだ。兄ちゃんに頼めばいい」

タミ「おばさんが、手紙を書いてあげようか?」

 

天陽「なっちゃんが自分で書けばいいだろ。なっちゃん。人間の生き方は良いも悪いもないんだ。自然になればいい。

自分がどう生きたいか、素直にしたがえばいい。悩むことないんだ」

 

 

 

 

帰宅した富士子さんは、なつの勉強机に並んでいるノートを抜き出します。富士子さんがノートをめくると、そこにはたくさんの絵が描かれていました。

 

牛舎で仕事をする泰樹じいちゃん、悠吉さん、菊介さん・・・躍動感のある、なつの絵であふれていたのです。

 

別のノートには、弥一郎の家の木彫りの置物の絵が・・・ノートの後ろのほうには、木を彫る弥一郎の姿が、コマ割りのアニメのように描かれていました。

 

富士子さんの顔から、笑みがこぼれます。

 

 

そこへ、夕美子(福地桃子)が通りがかります。

 

 

夕美子「なに勝手に人のノート、見てるの?」

富士子「これ、知ってた?」

 

夕美子「なつの落書きは病気よ」

 

富士子さんは、部屋のすみを見つめます。壁には、なつがアニメーターの仲からもらった、セル画のウサギが貼られていました。

 

富士子「あの子・・・本気だったんだ」

 

 

 

その頃。なつは、天陽くんの家から帰るところでした。

 

天陽「なっちゃん。泰樹さんだって、一人で海を越えて北海道に渡ってきたんだ。泰樹さんは見本だろ?

なっちゃんがどうすべきか、自然とわかるだろ?」

なつ「わかった・・・天陽くん。そんなに応援しないでよ

 

 

(⇦ ラストのセリフは意味深でした。この言葉には、なつの複雑な気持ちが隠されている気がします。

 

もし、なつが天陽くんのことを好きだったら・・・北海道に残るように言ってほしかったのでは?)

 

 

 

 

                                                             第40話へつづく。

 

 

 

あさイチの朝ドラ受け

 

 

近江アナ「大吉さんとも話してたんですけど・・・照男さん、あそこで(沙良と出会ったときに)愛が生まれたんじゃないかと・・・」

華丸「『愛が生まれた』って、藤谷美和子さんじゃないんですから

 

※『愛が生まれた日』は、藤谷美和子さん&大内義昭さんデュオによるヒット曲。