映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』33話あらすじ!ファンタジアを観て、夢が膨らむ

f:id:entafukuzou:20190520152525j:plain


《第32話までのあらすじ》

照男は、なつに映画のペアチケットをプレゼントします。本当は自分が一緒に行きたかった照男ですが、とっさに天陽くんと行くよう助言してしまいます。

 

 いっぽう。 泰樹じいさんは、照男となつを結婚させようと考えていました。泰樹じいさんがその計画を話すと、剛生と富士子の2人からは猛反対されますが・・・

 

 第32話の、詳しいあらすじについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

5月8日(水)放送!『なつぞら』第33話・あらすじ・・・結婚話はしばらく内緒

 

 

 泰樹じいさん(草刈 正雄)たちの話し合いは続いていました。

 

富士子「とにかく、なつには変なこと言わないでくださいね」

 

 そこへ、なつ(広瀬 すず)が帰ってきます。

 

泰樹「おい、なつ。折り入って話がある」

なつ「え?」

 

富士子「なんもない。今日はない・・・でしょ?」

(⇦ 怖い顔で、威圧します)

泰樹「・・・ない・・・ない

 

 

 

その日の晩ご飯の席。柴田家のみんなは、だまってご飯を食べています。

 

夕美子「なんだかおかしいよ。みんな、黙ったまま」

剛生「食事はだまって食べるもんだろう」

泰樹「うるさい!」

 

もう、会話はメチャクチャです。

 

明美「なつ姉ちゃんが黙ってるからじゃない? 悩みでもあるの?」

なつ「ないよ。なんでさ?」

 

明美「だって、お兄ちゃんの夢みたっていうから」

 

ドキッとした照男は、むせてしまいます。しかし、なつが見たのは実の兄・咲太郎の夢でした。

 

腕時計を盗んだ罪で警察につかまった咲太郎。その後、無実は証明されましたが、釈放後にまたも行方がわからなくなっていました。

 

 

 

 

 

第6週「なつよ、雪原に愛を叫べ」33話・・・『ファンタジア』に感動!

 

 

なつと天陽くん(吉沢亮)は帯広にある劇場で、映画『ファンタジア』をみます。8つのオムニバスから成る物語では、クラシック音楽に合わせた美しい映像がつづられます。

 

なつは作品を観ながら、東京のスタジオでアニメーターの仲(井浦新)からかけてもらった言葉を思い出します。

 

 

仲「アニメーションは、動きが命だ。ちゃんと勉強すれば、(君も)アニメーターになれる」

 

 

映画が終わると、スクリーンには、【東洋映画】の大杉社長(角野卓三)のメッセージが映し出されます。

 

大杉「日本で初めて、総天然色の漫画映画の製作にいどみます。第1回の中国の民話を題材にした、『白蛇姫』です。

もし志のある若い人がおられたら、世界をめざす我々の力になってもらいたい」

 

なつの中に、漫画映画への憧れがふつふつとわいてきます。

 

 

 

 

 

 

なつと天陽くんは、映画鑑賞後、お菓子屋さん【雪月】に立ち寄ります。妙子おばさんととよばあさんは、2人をからかいます。

 

妙子「2人で? 雪次郎を誘わずに?」

なつ「すみません」

 

妙子「映画はなんでもいいのよね~」

とよ「映画はなんだっていいのよ、2人には」

 

妙子ととよおばさんは、二人っきりでいることをおちょくりたくて仕方ないようです。

 

でも、なつはそれどころではありませんでした。アニメーション表現の豊かさに、すっかり魅せられていたからです。

 

なつ「あんな自由に音楽で表現できるなんて! 地球の誕生からこれまでを、表せるなんて!」

天陽「何でもできるって、何もないのと同じだよ。自分で土地を見つけて、何もないところに種をまいて・・・

それでも、そんな場所へ行ってみたいの?」

 

まだ未開の地である漫画映画の世界に飛びこむことは、荒れ野にいどむ開拓者と同じぐらいの心構えが必要だよ・・・と、言いたいようです。

 

天陽くんは、なつの覚悟を問うたのです。

 

 

なつ「無理だよね、そんなの。私にはできるわけないよね、アニメーションなんて・・・」

天陽「なっちゃんは、ホントはやりたいんだべさ?

 

 

                     第34話へつづく。