映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』17話ネタバレ!夕美子は【雪月】の雪次郎が好き?

f:id:entafukuzou:20190520154924j:plain

 《第16話までのあらすじ》

 牛乳の売り方をめぐって、農協と泰樹じいさんは対立関係になっていました。なつは、農協につとめる剛生さんと、じいちゃんの板ばさみになってしまいます。

 

なつは、このことを高校の演劇部の顧問・倉田先生に相談します。

すると、倉田先生は

「おじいさんの問題をお前が表現するんだよ」

と発言。

 

先生は、なつに演劇部に入るよう誘うのですが・・・

 

第16話の、詳しいあらすじについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

4月19日(金)放送!『なつぞら』第17話・あらすじ

 

 

なつ(広瀬すず)は、お菓子屋【雪月】で演劇部の倉田先生(柄本佑)と会ってきました。

 

 

なつが家族と晩ごはんを食べていると、みんなは【雪月】のことを話題にします。ただ、おじいちゃんもいる手前、演劇のことは話せません。

 

 

 

富士子「【雪月】のみんなは元気だった?」

なつ「うん。とよさんも元気だった」

 

夕美子「雪次郎は、あいかわらず演劇なんかやってるの?

演劇なんかやっても、女子にはモテないわよ。

とくに、自由を求める女子には・・・

(⇦ 雪次郎について、やたら良くしゃべる夕美子。もしかして・・・」

 

明美「夕美ねえちゃんの自由は、ただワガママなだけ

 

 

 

 

翌日。

 

なつと倉田先生は、農協(=農業協同組合)へ取材におとずれます。組合長(宇梶 剛士)は、農協と一部の酪農家の関係がこじれている理由について教えてくれます。

 

 

組合長「乳業メーカーの価格の決め方が、問題なんだ。牛乳の脂肪分の検査によって、価格は決まるだろう?」

剛生「酪農家は、脂肪分の検査の内容を知らない」

(⇦ どうやら、これまでは酪農家と乳業メーカーは、慣れ合いの関係だったようです)

 

 

組合長「大きな牧場ほど、待遇を良くしてもらえる。だけど、小さな牧場はそうはゆかかない」

剛生「農協は、大きな牧場も小さな牧場も、共存できるようにしたいんだ」

 

 

 

 

 

 

なつは、剛生さん(藤木直人)と一緒に帰ります。

 

剛生「話を聞いて、どうだった?」

なつ「農協の考えは正しいと思う。しっかりしてね、父さん」

 

 

 

 

 

第3週「なつよ、これが青春だ」17話・ネタバレ・・・泰樹じいちゃん「お茶がほしい」

 

 

なつと剛生さんが帰宅すると、とんでもない光景が目に入ってきます。乳業メーカーの人が、富士子(松嶋菜々子)に封筒に入ったお金を渡していたのです。

 

“今後もウチをひいきにしてください”という、ある種のワイロでした。

 

富士子は、お金を返そうとします。すると、泰樹じいさん(草刈正雄)がやってきます。

 

泰樹「もらっとけ。さんざんお世話になってるんだ。それ(=お金)は、ウチに対する評価だと思えばいい」

剛生「理屈が通りません!」

 

泰樹「理屈がなんぼのもんじゃっ! そのお金で富士子が楽になるなら、いくらでももらう」

剛生「汚いことはやめてください!」

 

富士子「とにかくお金はお返しします」

 

 

 

 

その日の晩。家族と喧嘩して、気まずかったのでしょう。泰樹じいさんは、夕ご飯の席に現れませんでした。初めてのことでした。

 

なつ「わたしが悪いの。ひっかき回しちゃったから」

剛生「いや、悪いのはわたしだ。そもそも、初めからもっと話し合うべきだった」

 

夕美子「じいちゃんは、あんなことで変わらないと思う」

 

 

 

その頃。寝室に引っ込んでしまった泰樹じいさんは、一人でまんじゅうを食べていました。

 

泰樹「・・・お茶がほしい

 

 

じいちゃんの背中は、寂しそうでした。

 

 

                     第18話へつづく。

『なつぞら』18話ネタバレ!じいさんの過去に涙が止まらない

 

 

 

 

あさイチの『なつぞら』受け

 

風邪でもひいたのでしょうか、博多大吉さんは朝から声が枯れています。

 

 

ノブ「声がガラガラじゃないですか! やっぱり1週間番組やってると、そうなっちゃうんですね」

大吉「ノブよ、お茶がほしいぞ