映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』15話ネタバレ!調略?真田丸へのオマージュ発言

f:id:entafukuzou:20190417101916j:plain

 《第14話までのあらすじ》

 なつは、学校の帰りに天陽くんの家に寄ります。そして、お互いの顔をスケッチ。2人とも、絵を描くのが大好きなのです。

 

天陽くんの家には、牛が一頭だけいました。農協から、ゆずり受けたのです。

 

 

ところが、柴田家では不穏な空気が流れていました。農協につとめる剛生さんと、農協のやり方が気に食わない泰樹じいさんが、冷戦状態になっていたのです。

 

 

  第14話の、詳しいあらすじについては、こちら!

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

 

4月17日(水)放送!『なつぞら』第15話・あらすじ・・・夕美子、ひっかき回す!

 

 

剛生さん(藤木直人)は、遠回しに農協と牛の話へ誘導しようとします。

 

 

剛生「天陽くんの所の牛を見ただろう? どう思う?」

なつ「どう、って言われても・・・」

照男「どうでもいいだろ、そんなこと」

 

剛生「なつも気になるよな、天陽くんはなつの大事な友だちだし・・・」

夕美子「恋人でしょ?

 

 

富士子「言いたいことがあるなら、言いたい人に言えばいいのよ

 

そうです、剛生さんは、ホントは泰樹じいさん(草刈 正雄)に話があったのです。

 

 

 

剛生「農協で牛を保有して、酪農家に貸し出すことにしたんです」

泰樹「だからといって、農協が酪農家を牛耳っていことにはならん!」

 

 

泰樹じいさんは、あからさまに不機嫌。険悪なムードがただよいます。

 

 

富士子「『牛耳る』、って“牛の耳”って書くのよね。どうしてかしら?」

なつ「お母さん。いま、その話は・・・」

 

 

剛生さんの声のトーンが上がります。

 

剛生「農協とは団結すべきです。電気が引けたのだって、農協のおかげです」

泰樹「わかった。明日、電信柱を引き抜け! 世の中、ムダに明るくなり過ぎると、大事なものが見えんようになる

 

 

 

 

 

『牛耳る』は、なぜ“牛の耳”と書くようになった?

 

 

 『牛耳る』とは、組織や集団を支配して、思いのままに動かすこと、ですね。

 

 

なぜ、“牛の耳”と書くのでしょうか?

 

 

この言葉は、古来中国に由来します。

 

中国では、『春秋戦国(しゅんじゅうせんごく)時代』という群雄割拠の時代がありました。

 

多くの国がならび立ち、対立抗争を繰り返していたのです。

 

 

 

この時代、諸侯が集まって同盟を結ぶとき、牛の耳を切り落としてその血をすする儀式が行われていました。

(⇦ ひえ~!)

 

このとき、位の高い順番に生き血をすすっていました。

 

 

いちばん最初に口をつけるのは、その同盟における盟主(=中心となる人物)でした。盟主が最初に牛の耳を手にとることから、組織を思いのままに動かす立場になることを、「牛耳を執る(とる)」と言うようになります。

 

 

ここから、“牛耳る”という言い方が生まれます。

 

 

 

第3週「なつよ、これが青春だ」15話・ネタバレ

 

 

居間では剛生さんと富士子さん(松嶋菜々子)がお茶を飲んでいました。剛生さんはなつを呼んで、いさこざの経緯を説明します。

 

 

剛生「今まで、酪農家と乳牛メーカーは、直接取り引きしてただろう? それを農協でまとめて交渉しようとしてるんだ」

 

富士子「じいちゃんは、自分のチカラで売りたいだけなのよ」

剛生「だからって、ウチの牛乳だけ売れていればいいのか? このままだと、チカラの弱い農家が行き詰まってしまう」

 

 

剛生さんは、泰樹じいさんと仲の良いなつを、味方に取り込もうとします。

 

剛生「じいちゃんを説得してくれないか? “わたしは農協に賛成です”、って言ってほしいんだ」

 

 

 

 

困るなつですが、泰樹じいさんに話してみることにします。じいさんの本音を聞きたいからです。

 

泰樹「農協は、やりたいようにやればいい。わしは関係ない。

わしの牛乳を他の牛乳といっしょにすることは許さん!」

 

 

自分のつくった牛乳にプライドをもつ、泰樹じいさん。自分のチカラで生きてきた開拓者らしい考え方です。泰樹じいさんは、自分に直接言わず、なつを利用する剛生さんを非難します。

 

 

泰樹「わしを調略するつもりか!!

 

 

(⇦ 調略とは、策をはりめぐらすこと。泰樹役の草刈正雄さんは、大河ドラマ『真田丸』では、真田昌幸を演じていましたね。徳川軍を相手にさんざん策をはりめぐらせていたのに・・・)

 

 

 

剛生さんとじいちゃんの間で、板ばさみになってしまった、なつ。

 

なつは、自転車をこぎながら、十勝の大自然に向かって叫びます。

 

 

なつ「私はどうしたらいいの? 教えて、山! 道! 風ーーー!!

 

 

 

 

 

 

                第16話へつづく。

『なつぞら』16話ネタバレ!爆弾発言!なつと天陽くんは発情期?

 

 

 

 

あさイチの朝ドラ受け・・・教えて、ノブ!

 

 

 博多大吉「最後のシーン、よかったですね。教えて、山! 道! ノブーー!!

ノブ「ノブじゃない」

 

大吉さんのこん身のボケ。ノブさんも、シンプルにツッコミます。