映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

ドラマ『歌舞伎町弁護人 凜花』1話ネタバレ!朝倉あき、清純派から脱却?

f:id:entafukuzou:20190417054233j:plain

※この記事は、約4分で読めます。

朝倉あきさん主演のドラマ、『歌舞伎町弁護人 凜花』のあらすじ&ネタバレです。

 

欲望がうずまく歌舞伎町を舞台に、若手の女性弁護士が奮闘する物語です。依頼人はキャバ嬢やホストなど、この町ならではの職業の人たち。お色気ありの軽いタッチのドラマとなっています。

 

グラビアアイドル、若手女優さんが多数出演するのも魅力のひとつでしょう。

 

 

 

放送日時は?

 

4月13日(土)深夜0時より、BSテレ東でスタート!

 

 

放送時間は、24:00 ~ 24:30

 

土曜の深夜となります。

 

 

 

 

ドラマ『歌舞伎町弁護人 凜花』登場人物&キャスト

 

 

 美鈴 凜花(みすず りんか)・・・朝倉 あき(あさくら あき)

 

 

 【六本木・ゴージャス法律事務所】で、特許など企業法務を担当するエース弁護士。父・花太郎の失踪をきっかけに、父が代表をつとめる【美鈴弁護士事務所】で仕事を引き受けるが・・・

 

 

 

牛島 蓮司(うしじま れんじ)・・・武田 航平(たけだ こうへい)

 

美鈴 花太郎が経営する【美鈴弁護士事務所】の事務員。おだやかな物腰のメガネ・イケメン。

 

 

 

山田 蘭(やまだ らん)・・・山地 まり(やまち まり)

 

【六本木・ゴージャス法律事務所】の若手弁護士。凜花を尊敬する後輩。

 

 

 

美鈴 花太郎(みすず はなたろう)・・・渡辺 裕之(わたなべ ひろゆき)

 

新宿・歌舞伎町にある【美鈴弁護士事務所】の代表弁護士。凜花の父。歌舞伎町の住人からの信頼はあつい。

 

「事務所はお前に任せた よろしく頼むぞ」と手紙を残し、姿を消してしまう。

 

 

しのぶ・・・岡田 浩暉(おかだ こうき)

 

牛島たちの行きつけゲイバーのママ。

 

 

 

 

『歌舞伎町弁護人 凜花』第1話・あらすじ

 

 

 

 

行方不明の父に代わって、キャバ嬢の依頼を受ける

 

 

【六本木・ゴージャス法律事務所】につとめる美鈴 凜花(浅倉 あき)は、若手ながらやり手の弁護士。つい先日も、ネット大手の【マジカル・ネット】と専属の顧問契約を結んだばかりです。

 

事務所の所長も、後輩の山田 蘭(山地 まり)も、凜花のことをべた褒めです。

 

蘭「あのマジカルネットと顧問契約なんて、すごすぎます~」

所長「年商100億だぞ。もう一流弁護士、って呼んでもいいんじゃないか?」

 

凜花「そんなことないですよ~(私って、輝いてる~快感!)

 

 

 

そんなとき、【美鈴弁護士事務所】の事務員・牛島(武田 航平)から助けを求める電話がかかってきます。新宿・歌舞伎町にある【美鈴弁護士事務所】は、凜花の父・花太郎が代表をつとめていました。

 

ところが、その花太郎が失踪してしまった、というのです。

 

凜花が【美鈴弁護士事務所】にかけつけると、父は「しばらく旅に出る」という置手紙だけを残して姿を消していました。

 

 

そこへ、キャバクラ【ゴールド・エンジェル】ではたらくキャバ嬢の、りお(出口 亜里沙)が相談にやってきます。

 

りお「差出人不明のプレゼントが届いたり、いたずら電話がかかってくるんです」

 

どうやら、りおはストーカー被害にあっているようです。凜花は不在の父に代わり、りおの依頼を引き受けることにします。

 

 

ストーカー事件の難しさ

 

 

凜花は、特許など企業法務が専門の弁護士。ストーカー被害を担当するのは初めてです。まずは警察署に相談にゆきますが、「被害を立証できなければ動けない」と言われてしまいます。

 

凜花は、りおの働くお店【ゴールド・エンジェル】でも聞き込みします。しかし、手がかりは見つかりません。

 

 

 

そうこうする内に、ストーカーはエスカレートしてゆきます。りおが自宅でシャワーを浴びていると、部屋のドアをガチャガチャする音が・・・

 

玄関には誰もおらず、代わりにプレゼントの箱が置いてありました。中には、手錠(お前を逃がさないというメッセージ?)と、盗撮動画が入っていました。

 

 

りお「凜花さん、わたし、怖い」

 

ふるえる声で助けを求めるりお。凜花は、「これは放っておけない」と思うようになります。

 

 

りおの郵便記録・配達記録をチェックするよう、事務員の牛島に指示します。

 

 

凜花は手がかりを求めて、りおのツイートをチェックします。すると、りおを指名した客の多くが、“ピンドン”を注文していたことがわかります。“ピンドン”とはピンクのドンペリのことで、お店でいちばん高いお酒でした。

 

 

 

 

りおのストーカーの件で、頭がいっぱいの凜花。ある日、【六本木・ゴージャス法律事務所】のたいせつな顧客、【マジカル・ネット】の堀切社長との面会時間を忘れてしまいます。

 

すると、堀切社長みずから、凜花に会いにきます。凜花が丁重にお詫びをすると、社長は気にも止めていませんでした。

 

 

堀切「今日は、別件で用があってね。月に行くための自家用ロケットを所有したら、車みたいに税金ってかかるのかなあ?」

 

お金持ちらしく、庶民とは次元の違う悩みでした。

 

 

 

 

 

 

『 歌舞伎町弁護人 凜花』第1話・ネタバレ

 

 

 エステでひらめく!?

 

 

 凜花を頼るようになったりおから、定期的に電話がかかってきます。

 

 

りお「あれからお店を休んだら、しばらくストーカーも現れなくなったんです。でも、怖くて眠れなくて・・・悔しいけど、田舎に帰ったほうがいいんでしょうか?」

 

凜花「そんな必要ない。わたしが何とかしてあげる」

りお「あの・・・花太郎先生は、まだ戻ってこないんですか?」

 

 

凜花はチカラ不足の自分を、情けなく思います。そこで気分を変えるため、エステにゆくことにします。

 

裸でうつ伏せになって、マッサージを受ける凜花。

 

エステティシャン「お疲れみたいですね。やっていきませんか、スペシャル・コース?」

凜花「じゃあ、やってもらおうかしら」

 

エステティシャンは凜花の体を起こし、両腕をとって、頭のうしろを刺激します。

 

凜花「あ~

 

凜花は、あまりの快感に声をもらします。すると・・・凜花の頭の中で、これまで集めた情報の点と点が、線になってゆきます。

 

凜花「もしかして、ピンときたかも~」

 

 

高価なお酒“ピンドン”に、犯人のヒントが!

 

 

凜花が注目したのは、りおのツイートでした。りおを指名した客が“ピンドン”(=ピンクのドンペリ)を頼んだ日に限って、ストーカー被害が発生していたのです。

 

 

そこで牛島をお店にゆかせ、あえて“ピンドン”を注文します。そして、りおの周辺で張りこみ、犯人が現われるのを待ち伏せすることに・・・

 

 

狙いどおり、犯人とおぼしき男が現われました。覆面をかぶった男が、りおに襲いかかったのです。

 

 

犯人「ひどいよ、りおちゃん。僕がいくらお金をかけても受け入れてくれなかったのに・・・」

 

犯人はナイフを取り出し、りおに襲いかかります。

 

助けに現れた牛島が、男を背中からはがい締め。凜花がカバンで頭をガン!

 

と思ったら、カバンは牛島の頭にヒットしてしまいます。それでも、牛島はあばれる犯人をおさえつけます。

 

そして、凜花が防犯スプレーをシューッ!!

 

覆面がとれると、なんと犯人は、【マジカルネット】の堀切社長でした。なんという偶然!

 

 

 

堀切「なんだ。凜花さんだったのか。だったら、僕を訴えられないよね?

顧問契約を結んでる相手を訴えたら、【六本木・ゴージャス法律事務所】のダメージは計り知れないだろ?」

 

りお「凜花さん!」

 

凜花「・・・私の今のクライアント(=依頼人)は、りおさんよ」

 

堀切「僕はこいつ(=りお)なんかより、人間の価値がずっと上なんだぞ!」

 

 

この言葉を聞いて、凜花の怒りは爆発します。逃げようとする堀切の腕をがっちりつかみます。

 

凜花「人は誰だって、法の下では平等よ!

 

 

堀切「金ならいくらでも出す。なんなら、月にでも火星にでも、旅行しよう!」

凜花「あなたのいるべき場所は、月でも火星でもない。

法廷でお会いしましょう

 

 

 

ようこそ、歌舞伎町へ!

 

 

 

翌日。人助けをして、凜花がいい気分になっていると、【六本木・ゴージャス法律事務所】の所長から呼び出されます。

 

所長「君はクビだ!」

凜花「く、クビ~!?」

 

所長「当たり前だろ。わたしたちは、クライアント企業のために働いているんだぞ。」

 

 

 

栄光への道を絶たれ、しょげている凜花に、牛島は声をかけます。

 

牛島「あらためて、ようこそ! 歌舞伎町へ!」

凜花「私は、父の事務所をつぐはありません!」

 

 

しかし、現在プー太郎の凜花には、ここで働くしかなさそうです。

 

 

                   第2話へつづく。

『歌舞伎町弁護人 凜花』2話ネタバレ!武田航平が悪徳社長のマネ?