映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』9話ネタバレ!手紙を読んだのは、ウッチャン?

f:id:entafukuzou:20190522190228j:plain

 

《第8話までのあらすじ》

 剛生は、はじめて咲太郎・なつの兄妹と出会った頃を思い出していました。

 

咲太郎はなつのことを剛生に頼みますが、

「俺までいなくなると、(妹の)千遥を迎えに行けなくなる」

と、自分は東京に残ることを決意したのでした。

 

 

なつは、家族のことを思い出しながら、帯広の川辺にたたずんでいました・・・

 

 

第8話の、詳しいあらすじについては、こちら!

 

www.entafukuzou.com

 

 

 

4月10日(水)放送!『なつぞら』第9話・あらすじ

 

 

なつ(粟野咲莉)は、川辺に座っています。そして、父親がなつたち兄妹にあてた手紙を読み返しています。

 

 

手紙は、こんな文面でした。

 

 

「咲太郎、なつ、千遥。お父さんは、いま戦地にいる。

お前たちを守るために戦っているんだ。

だけど、戦争を恨んでもいる。

“ちくしょー! バカヤロー! 早くお前たちに会わせろ”、って。

お前たちがこの手紙を受け取るころには、もうこの世にいない。

だけど、いつも一緒にいる。お前たちのそばにいる。

お前たちのそばに戻れたんだ。

一緒にお祭りに行こう!」

 

 

なつは、父が手紙に描いた挿し絵をみつめます。すると、なつの家族たちの絵が動き出します。

 

「夕暮れに 仰ぎ見る 輝く青空~

いとしい家こそ 私の青空~」

 

家族みんなでエノケンの『私の青空』を唄いながら、神田祭りの夜店を歩く・・・それは、なつの想像力が生み出した、空想の物語でした。

 

 

 

 ウッチャンは、なつのお父さん?

 

なくなったなつのお父さんの手紙を読んだのは、ナレーションの内村光良さん

 

手紙のなかでは、

「いつも一緒にいる。お前たちのそばにいる」

という言葉があります。

 

 

このことから、【ナレーション=お父さん】であることが判明します。

 

 

 

「なつよ、大いに泣け!」

「なつよ、強く生きろ!」

 

この、呼びかけるような距離感の近さは、実のお父さんだったからなんですね!

 

 

 

 

 

第2週「なつよ、夢の扉を開け」9話・ネタバレ

 

 

 柴田家のみんながなつを見つけて、かけよってきます。

 

泰樹「なつ!」

富士子「なっちゃん!」

 

なつは、泰樹じいさん(草刈正雄)めがけて走り出します。

 

 

なつ「どうして、わたしには家族がいないの?

泰樹「もっと怒れ!」

 

なつ「ちくしょー! バカヤロー!

なつは泣きながら、泰樹じいさんの胸に飛びこみます。

 

 

 

なつ「おじいさん! おじいさん!」

泰樹じいさんは、グッとなつを抱きしめます。

 

 

富士子「今度だまっていなくなったら、許さないからね! わかった?

なつ「はい」

 

富士子(松嶋菜々子)が手を差し出すと、なつは手をつなぐのでした。

(⇦ 血はつながってないけれど、なつが柴田家のみんなと家族になる瞬間!)

 

 

 

 

 

泰樹じいさんたちは、なつを連れて【雪月】に戻ります。店主の雪之介(安田顕)は、みんなにアイスクリームをごちそうしてくれます。

 

なつはもちろん、牛乳の苦手な夕美子も、喜んでアイスクリームを食べます。その姿をみて、雪之介の息子・雪次郎(吉成翔太郎)は声をかけます。

 

雪次郎「よし、ボクが夕美子ちゃんのために、おいしい牛乳のお菓子を作ってあげよう」

夕美子「いらないよ、別に

 (⇦ ツンデレ?)

 

 

なつは牛舎に戻ると、迷惑をかけたことを戸村親子に謝ります。

 

悠吉「な~んもだ(なにも気にすることはないよ)」

菊介「俺たちは、仲間だべ

 

悠吉おじさんも菊介さんも、優しくむかえてくれます。2人はいっしょに牛の世話をした仕事仲間として、なつを認めてくれたんですね。

 

 

 

 

翌朝。なつが牛舎でそうじをしていると、泰樹じいさんが声をかけてきます。

 

泰樹「なつ。ちょっと来てみろ」

 

泰樹じいさんが見せてくれたのは、“バターチャーン”という、牛乳からバターを作る攪拌機(かくはんき)でした。

 

攪拌機とは、液体と液体、または液体と固体を混ぜ合わせる機械のことです。

 

 

 

                        第10話へつづく。

 

 

 

あさイチの朝ドラ受け

 

 

博多大吉「今日の特集は・・・」

藤井隆「今朝の1曲目。渡辺典子さんで、『少年ケニヤ』です!

 

博多大吉「違います。今日の特集は、“気づきにくい水道トラブル”です。ちゃんと、打ち合わせしたでしょ?」