映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる『なつぞら』7話あらすじ!タップダンスと靴磨きで小銭稼ぎ

f:id:entafukuzou:20190523113837j:plain

 

 《第6話までのあらすじ》

 小学校に通うようになったなつは、クラスメートの山田 天陽となかよくなります。天陽の馬の絵をみると、絵の上手かった父親のことが思い出されます。

 

なつは東京の兄に手紙を出しますが、返事はきません。

 

「お兄ちゃんと、妹の千遥(ちはる)に会いたい」

 

いても立ってもいられなくなったなつは、夜が明ける前に柴田家を飛び出し、東京を目指すのでした・・・

 

第6話の、詳しいあらすじについては、こちら!

 

 

 

 

4月8日(月)放送!『なつぞら』第7話・あらすじ

 

 

富士子(松嶋菜々子)が牛舎に迎えにゆくと、なつ(粟野咲莉)の姿がありません。なつが東京から持ってきたカバンもなくなっていました。

 

夕美子「あの子。なに考えてるのか、わかんない!」

泰樹「東京か。東京へ行ったのかもしれない・・・」

 

柴田家は、家族みんなでなつの行方を探します。

 

 

 

その頃。なつは、帯広の繁華街にきていました。食べる物も、東京への切符を買うお金も持ってません。

 

なんと、なつは自分でお金を稼ぐつもりでした。

 

 

 

 

彼女には、自分で小銭をかせいだ経験があったのです。北海道へやってくる少し前のこと・・・

 

 

なつは、上野の“浮浪児”でした。家を持たず、路上や地下道で寝泊まりしていました。兄の咲太郎(さいたろう=渡邉蒼)、妹の千遥(田中 乃愛)、そして幼なじみの佐々岡 信哉と子供たちだけで生き抜いていました。

 

 

お金をかせぐ方法も、それぞれ。兄は、街ゆく人々に、芸を見せていました。

 

咲太郎「俺は村中で一番 モボ(モダン・ボーイ)だと言われた男~

うぬぼれのぼせて 得意顔~」

 

兄の咲太郎は、当時人気だったエノケンのヒット曲に乗って、見事なタップダンスを披露していました。アメリカ兵と仲良くなり、チョコレートや缶詰などを安くゆずり受け、それを闇市で転売していたのです。

 

 

 

 

 

第2週「なつよ、夢の扉を開け」7話あらすじ・・・“かりこみ”とは?

 

 

いっぽう。なつは、靴磨きで小銭をかせいでいました。咲太郎は、そんななつにアメリカ製の靴クリームをプレゼントしてくれます。

 

咲太郎「いつか、千遥となつと、3人で暮らそう。兄ちゃんが父さんがやっていた店を継ぐ・・・」

信哉「・・・オレは?」

 

咲太郎「ノブも一緒だ!」

信哉「なんだよ。最初は忘れてたくせに」

 

 

咲太郎たちが、夢を語っていた時のことです。

 

刈り込みだ~っ!!」

 

子どもの誰かが叫ぶ声が聞こえます。“刈り込み”とは、いわゆる浮浪児狩りです。

 

当時、アメリカ占領軍から命令を受けた役人が、浮浪児をつかまえ、収容所に送りこんでいました。収容所では、粗悪な食事と体罰が待っています。つかまっては大変です。

 

信哉は自分を犠牲にしてなつを逃がそうとしますが、結局なつも捕まってしまいます・・・

 

 

 

 

 

なつは、東京での出来事を思い出しながら、帯広で靴磨きをしていました。すると、警察官が声をかけてきます。

 

 

なつは、帯広署まで連れてゆかれます。

 

警察官となつの会話はかみあいません。

 

警察官「どうして帯広にいるの?」

なつ「お願いします。わたしを東京に戻してください」

 

警察官「東京には誰かいるの?」

なつ「お兄ちゃんです。浅草の孤児院にいます」

 

 

警察官は、すぐに動いてくれそうもありません。今晩は泊まるように、と提案してきます。なつは、話題を変えます。

 

 

なつ「あの。すみません。お便所をかしてください」

 

本当にトイレでしょうか? もしや、逃げるつもり?

 

                     第8話へつづく。

 

 

あさイチの朝ドラ受け・・まるで『おしん』?

 

 

藤井「いかだで川を下るシーンで、泣きそうになりました」

博多大吉「それ、BSでやってる『おしん』でしょ? 『なつぞら』の話をしてよ」

 

近江アナ「華丸さんが舞台出演のため、木曜までお休みです。藤井隆さんがピンチヒッターです」

 

博多大吉「藤井くん。今日の特集は?」

藤井「昭和の歌姫、中森明菜さんです!

博多大吉「違います! チーズです」