映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

地上波放送!『平成狸合戦ぽんぽこ』あらすじと声優【ネタバレなし】

f:id:entafukuzou:20190520153404j:plain

※この記事は、約4分で読めます。

スタジオジブリのアニメ映画『平成狸合戦ぽんぽこ』が、地上波テレビで放送されます。“平成”最後となる、このタイミングでのオンエアー。

 

この記事では、映画の簡単なあらすじと出演声優についてお知らせします。なお、ネタバレはしていません。

 

 

 

地上波テレビ放送は、ノーカット?

 

“平成”最後のジブリ特集と題して、2週にわたって『平成狸合戦ぽんぽこ』『風立ちぬ』が放送されます。

 

 

『平成狸合戦ぽんぽこ』の放送日時は、2019年4月5日(金)。

日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて。

 

21:00 ~ 23:29

 

映画の劇場上映時間は119分ですので、放送時間内におさまります。

 

 

番組の公式ツイッターでも、“ノーカット放送”を告知しています。

 

 

 

 

『平成狸合戦ぽんぽこ』歴代視聴率は?

 

 

1994年7月16日・・・劇場公開日

 

 

1995年10月6日・・・19.2%

1998年3月13日・・・17.8%

2000年2月25日・・・17.5%

2002年10月18日・・・14.4%

2004年8月27日・・・13.0%

2006年11月10日・・・11.4%

2013年7月12日・・・13.2%

2015年8月28日・・・7.3%

 

 

 

 

『平成狸合戦ぽんぽこ』の簡単なあらすじ

 

 

昭和40年代の東京・多摩丘陵(=なだらかな丘や小山がつづく平地)。

 

 

タヌキたちは山奥の空き家で平和に暮らしていましたが、そんな彼らに危機がせまっていました。人間たちが宅地開発のために、森や山を切りくずしていたのです。

 

 

 

多摩にすむタヌキたちは、緊急会議をひらきます。人間たちを追い出して開発を阻止するために、次のことが決まります。

 

 

1:先祖から伝わる変化の術、『化け学(ばけがく)』の復興。

2:四国や佐渡にすむ長老のタヌキに、助けをもとめる。

3:5か年計画で、人間を研究する。

 

 

四国や佐渡の長老たちを招くために、玉三郎(神谷明)たちが使者に選ばれます。

 

 

また、正吉(野々村真)やおキヨ(石田ゆり子)ら若いタヌキたちは、変化の術の特訓を受けます。

 

変化の訓練は、茶釜 ⇨ お地蔵さん ⇨ 人間 のように段々と難しくなってゆきます。卒業試験は、人間界で1000円かせいでくる、というものでした。

 

 

 

 

変化の術をマスターしたタヌキたちは、土地の権利者や工事関係たちを驚かせて、開発をやめさせようとします。

 

多摩丘陵でおこる謎の怪奇現象は、テレビでも取り上げられます。しかし、工事を中止させることまではできません。

 

 

武闘派の権太(泉谷しげる)は、なまるいやり方に我慢ができません。権太たちは、開発業者のトラックの走行を妨害するという、危険な行動に出てしまいます。

 

そんな中、四国から長老ダヌキたちが到着するのですが・・・

 

 

 

 

 登場キャラクター&出演声優一覧

 

 

語り・・・古今亭志ん朝

 

正吉・・・野々村 真

 

本名:影森の正吉。

 

落ちついた性格で、物事に動じない。タヌキたちのリーダー的存在となる。

 

 

 

おキヨ・・・石田 ゆり子

 

本名:縁切り寺のキヨ。

 

正吉と恋仲になる、メス狸。

 

 

 

権太・・・泉谷 しげる

 

本名:鷹ヶ森の権太。

 

過激的で、ふるさとの森を開発した人間たちを強く憎んでいる。

 

 

お玉・・・山下 容莉枝(やました よりえ)

 

権太の妻。

 

 

玉三郎・・・神谷 明(かみや あきら)

 

本名:鬼ヶ森の玉三郎。

 

多摩に住むタヌキたちは助けを求めるため、四国に使者を派遣することを決める。しかし、危険な長旅となるため、志願者が現われなかった。

 

そんな中、手をあげた男前のタヌキ。

 

 

六代目金長・・・桂 米朝(かつら べいちょう)

 

徳島県にある、金長神社のあるじ。

 

 

小春・・・黒田 由美

 

六代目金長の娘。玉三郎にホレる。

 

 

 

 

文太・・・村田 雄浩(むらた たけひろ)

 

本名:水呑み沢の文太。

 

長老ダヌキに助けを求めるため、佐渡に向かう。

 

 

ぽん吉・・・林家 こぶ平(現:林家 正蔵)

 

正吉の友だち。変化ができないタヌキ。ぐうたらだけど、穏やかな性格。

 

 

竜太郎・・・福澤 朗(ふくざわ あきら)

 

多摩にすむ、変化の術を使えるキツネ。宅地開発のために住む場所を奪われ、人間として生活していた。

 

 

青左衛門・・・三木 のり平

 

鈴ヶ森にすむ長老ダヌキ。権太とは敵対関係にあったが、森の危機をきっかけに和解する。

 

おろく婆・・・清川 虹子(きよかわ にじこ)

 

本名:火の玉のおろく。

 

若いタヌキたちに変化の術を教える、ベテランのメス狸。

 

 

隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)・・・芦屋 雁之助(あしや がんのすけ)

 

愛媛県に住む長老ダヌキ。江戸時代には、松山藩のお家騒動にまで関わったという。

 

刑部狸(ぎょうぶだぬき)とも呼ばれる。

 

 

 

鶴亀和尚・・・柳家 小さん(やなぎや こさん)

 

菩提餅山 万福寺(ぼたもちさん まんぷくじ)に住む、和尚ダヌキ。推定年齢105才。

 

人間との闘いで死者が出たときには、やさしく供養する。

 

 

 

 

ジブリの隠れキャラを探せ!

 

映画の後半、タヌキたちは人間を追い出すために、“妖怪大作戦”を実行します。大量の妖怪が画面を横切るのですが、この中にジブリ映画のキャラクターたちが一瞬だけ登場します。

 

 

 

 

1:『となりのトトロ』のトトロ

2:『魔女の宅急便』のキキ

3:『紅の豚』のポルコ・ロッソ

4:『おもひでぽろぽろ』の岡島タエ子

 

いずれも、録画した映像をコマ送りで確認しないと気づかないレベルです。