映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『なつぞら』2話ネタバレ!なつ、大先輩からイモをもらう!

f:id:entafukuzou:20190402093559j:plain

 《第1話までのあらすじ》

東京大空襲で両親をなくした奥原なつは、父の戦友である柴田 剛生(たけお)に連れられて、北海道の十勝にやってきます。

 

剛生には、妻・富士子と3人の子どもたちがいました。そして、家族がもう一人。義理の父・泰樹(たいじゅ)です。

 

剛生は、なつを預かって育てようと申し出ますが、泰樹は反対します。なつは、見ず知らずの家で、うまくやっていけるのでしょうか?

 

 

第1話の、詳しいあらすじについては、こちら! 

www.entafukuzou.com

 

 

 

4月2日(火)放送!『なつぞら』第2話・あらすじ

 

柴田家は、夕飯の時間になります。なつ(粟野咲莉)は、おかずがたくさん並んだ食卓をみて、びっくり!

 

食卓には牛乳もありました。なつは、迷わず飲んでみます。

 

なつ「おいしい! こんなの飲んだことない」

富士子「こんな新鮮な牛乳、東京にはないでしょう?  今朝しぼったばっかりだから」

剛生「そうだろう。東京では食糧難で、サツマイモばっかりだったからな」

 

剛生の子ども、輝夫(てるお)と夕美子は、逆にサツマイモをうらやましがります。

 

夕美子「私もたくさんサツマイモ食べたい!」

輝夫「あのあま~いイモだっぺ?」

 

 

家族の話題は、なつの学校をどうするか、に移ります。

 

剛生「なっちゃんは、夕美子と同じ3年生になるな」

富士子「じゃあ、夕美子の服を貸すしかないわね」

夕美子「ええ~っ!?

 

 

 

食後のことです。なつは、鏡の前で、夕美子の服を着させてもらっていました。すると・・・

 

夕美子「ダメ! その服は大事にしてるやつやもん! やだやだやだ」

富士子「ダダこねないの! なっちゃんは着る物がないの。可哀想だと思わないの?」

 

夕美子「その子が可哀想なのは私のせいじゃない! 勝手に可哀想になってるだけ

なつ「!!」

(⇦粟野咲莉ちゃんの反応! すさまじい表情!)

 

 

 

 

第1週「なつよ、ここが十勝だ!」2話・ネタバレ

 

服を貸したがらない娘をみて、剛生と富士子は困ってしまいます。すると、なつは意を決して、話します。

 

 

なつ「おじさん、おばさん。お願いがあります! ここで働かせてください! お兄ちゃんは必ず迎えにくる、って言ってたんですよね? それまで、ここに置いてください」

 

剛生と富士子は、突然の提案にとまどいます。でも、泰樹じいさんは、違いました。

 

泰樹「ええ覚悟や! 働いてもらおう。それでこそ赤の他人や!

 

 

 

次の日。早朝。まだニワトリが鳴いている時間です。

 

冷たい水で顔を洗ったなつは、牛舎に入ってゆきます。

 

牛舎の中には、泰樹の他に、従業員の戸村親子もいました。愛想のいいおじさんが父親の戸村 悠吉(小林 隆)、ごつい体で素朴な青年が息子の菊介(音尾琢真)です。

 

 

悠吉「なっちゃんか。大きくなったら、このお兄ちゃんのお嫁さんになんねーか?」

菊介「やめてくれ、親父。俺が嫌われてしまう」

 

悠吉「この兄ちゃん、こう見えても18だ」

菊介「10歳もサバ読むな!

(⇦ てことは、28ですか。おっさんやないか!)

 

 

剛生もやってきて、牧場の仕事が始まります。

 

なつは、泰樹から「そこで見ておけ!」と指示されます。しかし、手持ちぶさたになったなつは、雑巾をしぼって手伝おうとします。

 

なつが牛の背後をまわろうとした瞬間、悠吉の表情が変わります。

 

 

悠吉「何してんだ!?

剛生「牛に蹴られたら、命を失うこともあるんだよ!」

 

牛は、慣れない人間が近づくと、緊張でお乳を出さなくなるというのです。泰樹が「見ておけ!」と言ったのは、牛との信頼関係ができるまではじっとしてろ、という意味があったのです。

 

 

仕事は、怒られて覚えてゆくもの。負けるな、なつ!

 

                            第3話へつづく。

 

3話ネタバレ!なつ、荷馬車に揺られて市場へ?

 

 

 

東京での回想シーンには、朝ドラ第1作の北林早苗さんが!

 

なつが同年代の子より大人びているのには、理由がありました。東京の空襲のあと家を失ったなつたちは、子どもたちだけで生きていました。

 

空腹の妹をおぶったなつは、道で出会ったおばあさんにお願いして、食べ物をわけてもらいます。

 

おばあさんがくれたのは、サツマイモでした。

 

 

 

なんだか品のあるおばあさん・・・と思ったら、それもそのはず。朝ドラ第1作『娘と私』 でヒロインを演じた、北林早苗さんだったのです!

 

朝ドラ100作目の『なつぞら』。今後も、このようなサプライズがあるかもしれませんね。