映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』141話あらすじ&ネタバレ!謎肉の完成!

f:id:entafukuzou:20190319090847j:plain

《第140話までのあらすじ》

 萬平は、『まんぷくヌードル』に使う肉を作るため、家の台所で実験をはじめます。

 

「福子が一緒だと、はかどるんだ」

と、言われた福子はうれしそう。

 

 

いっぽう。恋愛経験のない名木は、気になる女の子がいることを忠彦さんに伝えます。

 

すると忠彦さんは

「なら、告白しろよ」

と、直球すぎるアドバイス。

 

オクテ男子の恋は実るのでしょうか?

 


第140話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

 

 

3月19日(火)放送!『まんぷく』141話・あらすじ・・・名木、調子に乗る

 

『まんぷくヌードル』に入れる、『肉』が完成します。正確には、大豆たんぱくと野菜エキスを混ぜた加工肉です。

 

 

 

あとはエビの選定が待たれますが・・・

 

神部「もう200種類以上試しているのですが、うまくいかなくて・・・」

萬平「あきらめるな。必ず見つかる」

 

 

 

名木くん(上川周作)は克子の家に、恋人の純(いちえ)を連れてきます。そして、忠彦さんたちに紹介します。

 

 

純「はじめまして。小倉純と申します。香田先生(=忠彦さん)の大ファンなんです」

名木「勇気をだして告白したら、“つき合ってもいい” 、って。先生は神さまです」

(⇦ このリア充め!)

 

 

名木くんは、忠彦さんのアトリエを純に見せます。ここで、一番弟子であることをアピール! 名木くんからは、「オレ、スゲーだろ?」みたいな自信があふれています。

 

 

 

 

その様子をみたタカは

「あの子、ほんまに名木さんを好きなのかしら。お父さんのファンなだけでしょ?」

と、疑問を投げかけます。

 

 

第25週「できました! 萬平さん!」141話・ネタバレ

 

 

 

克子は、鈴さんと福子に近況報告をしています。それによれば、吉乃(深川麻衣)が萬平に不満を持っている、とのこと。

 

吉乃は、夫である幸助(=岡)が子どもの相手を全然してくれない、と愚痴をいいます。社長である萬平には、もっと社員の生活に心を配ってほしい、と思っていたのです。

 

 

すると、話を聞いていた鈴さんが、お腹をおさえて苦しみ出します。

「あ、いた。お腹が痛い~」

 

 

鈴さんは、池田市内の病院に緊急入院することになりました。

 

福子たちは、医者の説明を聞きます。

 

医者「虫垂炎(ちゅうすいえん)だと思われますが、まだはっきりしません。ひょっとして、お母さんは内臓が左右逆転してるかもしれません」

 

幸「まさか、命に関わる病気なんじゃ?」

医者「そこはまだ、何とも・・・」

 

医者は、ずいぶんマイペースな口調で答えます。

 

 

 

神部は、若手社員たちにエビの候補が見つかったことを明かします。ヒントになったのは、大急ホテルで出されている『シュリンプ・カクテル』というお酒でした。

 

そのカクテルに使われていたのは、インド洋で獲れた『プーバラン』という種類の高級エビです。

 

さっそく、『プーバラン』をお湯で茹でてみます。すると、エビは赤みがかり、色どりもキレイです。

 

『まんぷくヌードル』の具材として、強烈にプッシュできそうなエビが見つかりました。

 

 

 

 

その夜。鈴さんを心配する福子の夢枕に、咲(内田有紀)が現われます。

 

咲「大丈夫よ、福子。お母さんはきっと助かる。

もし助からなくても、こっちの世界には私がいる

 

(⇦ あ、あのう。姉ちゃん。どっちなんですか。助かるのか、助からないのか?)

 

 

なんだか緊張感のない演出が続いているので、これは助かるフラグだと思うのですが、さてどうでしょうか?

 

                   第142話へつづく。