映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』140話あらすじ&ネタバレ!名木君の恋は本物?

f:id:entafukuzou:20190318090221j:plain

 《第139話までのあらすじ》

【まんぷく食品】は、フリーズドライの製造機を導入します。若手社員たちの実験の結果、この技術を用いたネギやピーマンが、お湯で元に戻ることが確かめられます。

 

『まんぷくヌードル』に入れる具材を考えていた源は、自宅で朝食を食べていたときにひらめきます。

「スクランブルエッグはどうだろう?」

 

源のアイディアに、萬平も興味を示します。

 

いっぽう。幸はレオナルドへの片思いが実らなかったことを、福子に伝えます。母にすべてを話したことでラクになった幸は、元気を取り戻すのでした・・・

 

第139話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

 

www.entafukuzou.com

 

 

 

3月18日(月)放送!『まんぷく』140話・あらすじ

 

会社でスクランブルエッグを試食した萬平は、

「卵の部分もよく出ている。うまい! 採用だ」

と、源のアイディアを採り入れることにします。

 

 

 

 

萬平「(具材は)あと2つ3つ欲しいな」

洋子「100円の価格にふさわしいもの・・・」

神部「エビはどうでしょう? 頭から尻尾まで丸々具材にできます。高級感が出ますよ」

萬平「よく思いついてくれた!」

 

神部たちは、具材に一番適したエビを探すことになります。

 

 

いっぽうで、萬平には別の考えがありました。それは、「肉」を具材に加えることでした。それも、誰もが食べたことのない肉です。

 

 

日中にも関わらず、萬平は自宅に戻ってきます。

 

萬平「ちょっと手伝ってくれ。味付けをして、肉を作るんだ」

鈴「また、台所を使うの?」

 

萬平「ここには調味料もそろっているんです。それに、福子もいてくれるから、仕事がはかどる

 

福子は、夫のストレートな発言に、思わず嬉しくなります。

 

 

 

第25週「できました! 萬平さん!」140話・ネタバレ

 

 忠彦さんのアトリエでは、弟子の名木(上川周作)が悩みを相談していました。

 

忠彦「純ちゃん?」

名木「好きになってしまいました。画材屋さんでアルバイトしてる子です。

ボクの心に芽生えてきた感情は、かけがえのないものだと思うんです」

 

 

忠彦「・・・君は、ゲージュツのために恋愛しなきゃいけないと思っているのか?」

名木「ゲージュツのためだなんて! ボクは真剣に思って、悶々としているのに・・・」

 

 

忠彦「そしてら、告白しろよ

名木「ええーーーーっ! 告白!?」

 

 

 

 

【まんぷく食品】の本社では、若手社員がエビのフリーズドライ化を試しています。シマエビ、ハマエビ、さくらエビ・・・いずれも、うまくゆきませんでした。

 

洋子「エビは、フリーズドライには向かないんじゃ?」

久坂「エビは、世界に2500種類もあります。この中から(具材にふさわしい種類を)見つけるなんて・・・」

神部「社長なら、絶対あきらめないぞ!」

 

 

 

 

福子の家では、萬平と福子が新たな「肉」づくりのため、試行錯誤をくり返しています。

 

2人は、大豆やいろんな野菜を練りこんで、これまでに見たこともない肉を生み出そうとしていました。

 

福子「うれしいです。“私と一緒だと、はかどる” 、なんて言ってくれて・・・」

萬平「ホントのことだ

福子「『まんぷくラーメン』の時より、もっともっとみんなに喜んでもらえる商品を作りましょう」

 

 

いまでも、恋愛真っただ中のように、仲睦まじい2人でした。

 

                       第141話へつづく。