映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』135話ネタバレ!レオナルドに気をつけろ!

f:id:entafukuzou:20190312135204j:plain

《第134話までのあらすじ》

 源は、カップ麺の容器の素材を探していました。頑丈で軽くて、低コストな材質。福子の提案もあり、一度は見送った発砲スチロールを試してみます。

 

源は業者に問い合わせ、丈夫な発砲スチロールを取り寄せます。それをみた萬平はカップ麺の容器として、採用を決めます。

 

 

いっぽう。鈴さんは、幸がアメリカ人のレオナルドと交際していることが心配でした。ある晩、夜おそく帰ってきた2人は、家の前で抱き合うのでした・・・

 

 

第134話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

 

3月12日(火)放送!『まんぷく』135話・あらすじ

 

福子は、さりげなく幸にレオナルドとの関係をたずねます。

 

幸は

ただのお友達
とだけ、答えます。

 

 

 

 

 萬平は会社で、久坂(武村晋太郎)が取り組んでいた麺を試食していました。

 

萬平「うん。いいじゃないか。これに粉末スープを加えたら、完全な味になるんだな?」

久坂「はい」

 

いっぽうで、西野の担当していた粉末スープはまだ未完成。どうしても、ダマができてしまう欠点がありました。

 

 

そこへ、源と神部がやってきます。発砲スチロール業者に容器のサンプルを作ってもらったのですが、致命的な欠陥がありました。独特のニオイです。

 

源「どうしても刺激臭がします」

萬平「食品の容器になるんだぞ。絶対に解決しろ。絶対にだ!」

 

 

 

開発が行き詰まっていると聞いた世良は、苦言を呈します。

 

世良「せやから言うてるやろ。カップ麺なんかやめておけと」

岡「開発チームは頑張ってますよ。『まんぷくラーメン』の売り上げが落ちる夏までに、新商品を世に出さないと・・・」

 

世良「『まんぷくヌードル』かて、熱い商品やろ。どうせなら、『3分でできる冷やし中華』でも作ったほうがええんやないか?

 

 

第24週「見守るしかない」135話・ネタバレ

 

 鈴さんと福子は、克子の家にきていました。鈴さんは、幸(小川沙羅)がレオナルドと抱き合っていたことを、みんなに話します。

 

吉乃「どんなふうに(抱き合っていたの)?」

鈴「こ、こう・・・ただのお友達が、抱き合ったりする?」

 

タカ「外国人は、挨拶がわりに抱き合ったりするって聞いたけど」

 

 

鈴「私が見てないときに、せっぷんまでしたかもしれない

忠彦「それは外国人といえども、友だちではないな」

 

鈴「福子も心配なんでしょう?」

福子「別に

 

 

みんなの議論はヒートアップ。恋人同士が抱き合うのが、ふつうなのか? 現代の若者の恋愛事情にまで、話は及びます。

 

吉乃「同じ年頃の人に聞いてみたらいいんじゃない?」

忠彦「同じ年頃・・」

 

そこで呼ばれたのが、忠彦さんの弟子・名木(上川周作)です。みんなは名木に質問を浴びせますが・・・

 

 

名木「わかりません。女の人と交際したことがないので・・・ボクは芸術家として失格でしょうか?ボクは・・・」

 

忠彦「!! 今は名木くんの話をしているんやない」

(⇦ また泣かれたら困る!)

 

泣きそうになる名木。えびせんを食べて、心を落ちつけます。

 

 

 

 

そんなことも知らず、幸はレオナルドと『パーラー白薔薇』でお茶していました。2人は、英語で会話します。

 

レオナルド「ボクは日本が好きなんだ」

幸「日本のどこが好きなの?」

 

レオナルド「幸がいるから

(⇦ こういうことを即答する男には、気をつけましょう)

 

 

その晩。福子は、仕事で疲れ切った萬平にマッサージをしてあげていました。

 

萬平「幸はちゃんと学校に行っているのか? そういえば最近、あいつと話してないな」

 

 

仕事の邪魔をしたくない・・・そう考えた福子は、幸の交際については打ち明けられませんでした。

 

                         第136話へつづく。