映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

YouTubeで有料映画を見る方法は?レンタル&購入の支払い手順を解説

f:id:entafukuzou:20190224170058j:plain

※この記事は、約3分で読めます。

ユーチューブでは、一般のユーザーが投稿した動画を無料で見ることができます。

 

これとは別に、配給会社などが配信する有料の映画やドラマがあります。利用者は一定のお金を払ってレンタルや購入をして、動画を楽しむことができます。

 

この記事では、有料の映画を視聴する方法についてお伝えします。

 

 

 

 

ユーチューブで有料映画を見るために必要なもの

 

YouTubeで有料の映画をレンタルまたは購入する場合、事前に準備しておく必要があるのが、Googleアカウントとクレジットカード(またはPayPalなど)です。

 

Googleアカウントからログインしていないと、映画本編を再生しようとしても、プレビュー(予告編)が再生されるだけです。

 

 

 グーグルアカウント

 

YouTubeで無料の動画は、アカウントなしでも見ることができます。

 

ただし、有料の映画を視聴するには、グーグルアカウントを取得したうえでログインする必要があります。

 

 

GooglePlayギフトカード、クレジットカード、デビットカード、PayPal

 

YouTubeの有料動画は、カードによるオンライン決済が基本となります。支払い方法は、4種類。それぞれについて解説します。

 

1:GooglePlayギフトカード

 

『Google Play ギフトカード』とは、プリペイドカードの一種です。利用者はあらかじめ決めた額をチャージしておき、その金額の範囲のなかでクレジットカードのような使い方ができます。

 

『Google Play ギフトカード』は、コンビニや家電量販店などで買い求めることができます。

 

2:クレジットカード

もっとも一般的な支払方法です。VISA、JCB、Mastercard、American Expressの各種カードを利用できます。

 

 

3:デビットカード

デビットカードとは、ショッピングや飲食などの支払いに使えるカードのことです。大きな特徴は、使ったぶんが即時に口座から引き落とされること。

 

口座の預金残高ぶんしか使えないため、使い過ぎる心配がありません。

 

4:PayPal

 

PayPal(ペイパル)は、アメリカの決済会社が運用するオンラインの決済サービスのことです。

 

支払先にクレジットカードの番号を知らせることなく、安全に支払いができるサービスです。事前にPayPal(ペイパル)のアカウントを作っておく必要があります。

 

 

グーグルアカウント作成の手順

 

Googleアカウントを持っていないかたは、まずはアカウントを作成する必要があります。ここでは、その手順を説明します。

 

1:グーグルのトップページからログイン

 

Googleのトップページへ行き、画面右上の『ログイン』をクリックします。

 

 

f:id:entafukuzou:20190224141221j:plain

 

 

ログイン画面の左下にある、『その他の設定』をクリックすると、以下のような『アカウント作成』画面にとびます。

 

 

2:必要な項目を入力し、アカウントを作成

 

 

f:id:entafukuzou:20190224140242j:plain

 

『アカウント作成』画面では、以下の項目を入力する必要があります。

 

・姓名

・ユーザー名

・パスワード

・生年月日

・性別

・携帯電話(の番号)

・現在のメールアドレス

・国/地域

 

これらの項目を入力し、『次のステップ』をクリックします。

プライバシーと利用規約が表示されるので、規約の内容に同意できるなら、画面下部の『同意』をクリックします。

 

2項目目のユーザー名は、そのままGメールのアカウント名になります。Gメールは、PCやスマホで使えるフリーメールです。

 

 

3:認証を済ませて、アカウント作成完了

携帯電話などに確認用のコードが届きますので、コードをタップして認証します。これで、Googleアカウントを使えるようになります。

 

 

 

 

 

YouTubeの有料映画の見方!支払いの手順を解説

 

 ここからは、ユーチューブの有料動画をみる手順を説明します。まずは作品の選択から。以下の2つの方法があります。

 

1:みたい映画をユーチューブで検索

 

A:YouTubeムービーから、観たい作品を選ぶ

 

ユーチューブが公式に配信している、映画チャンネルです。

 

YouTube ムービー - YouTube

 

最新作から大ヒット映画が、ジャンル別や国別でカテゴライズされています。ただし、本数はかなり少なめ。用意されている本数は、100本前後です。

 

B:直接、作品名で検索する


ユーチューブの検索画面でみたい作品を入力します。

今回は、アン・ハサウェイ主演の『マイ・インターン』を検索してみます。

 

 

f:id:entafukuzou:20190227043450j:plain



 

 

ただし、このままだと公式の映画本編のほかにも、関係のない動画がたくさん表示されます。もう少し、検索機能でしぼりこむ必要があります。

 

 

画面上部の左側にある、『フィルタ』⇨『タイプ』⇨『映画』の順でクリックします。

 

 

f:id:entafukuzou:20190224154031j:plain

 

 

『マイ・インターン(字幕版)』『マイ・インターン(吹替版)』の有料動画がならんで表示されるようになりました。

 

 

タイトルをクリックすると、予告編をみることができます。そのまま視聴するには、右側の青いボタン『¥〇〇円から視聴できます』をクリックします。

 

 

2:『レンタル』か『購入』、『HD』か『SD』を選択する

 

f:id:entafukuzou:20190224155755j:plain

 

 

『レンタル』するのか『購入』するのか、また画質は『HD』がよいのか『SD』がよいのかを選びます。

 

 

 

 

・HD画質(ハイビジョン)・・・720p(プログレッシブ)= 画素数:1280✖720

・SD画質(標準)・・・480p(プログレッシブ)= 画素数:720✖480

 

 

標準画質でも、映像はじゅうぶんにキレイです。

 

 

 

3:カード番号、またはコード番号を入力する

 

『Google Play ギフトカード』の場合は、コード番号を入力します。

PayPalで支払う場合は、PayPalのアカウントにとんで決済の確認をします。

 

クレジットカードやデビットカードの場合は、カード番号を入力します。

 

 

ここでは、クレジットカードの決済のやり方を説明します。

 

 カード番号をスペースをあけずに入力します。

 

f:id:entafukuzou:20190224161732j:plain

 

 

ここで、ちょっとわかりづらいのが、カード番号入力欄の下にある

『MM』『YY』と『CVC』の項目です。

 

 

f:id:entafukuzou:20190224162319j:plain

 

 

 MM/YYは、クレジットカードの有効期限のことで、月/年の順番で入力します。

また、CVCは、クレジットカードのセキュリティコードのこと。カード裏にある3けた(または4けた)の数字を入力しましょう。

郵便番号はハイフンなしで入力します。

 

 

 

 

4:レンタルの有効期限と視聴期限

 

レンタル作品には、30日間の有効期限があります。ただし、一度でも再生してしまうと48時間の視聴期限内にみおわる必要があります。

 

 

5:購入した作品を呼びだすには?

 

レンタルや購入しても、すぐに映画をみない人もいるでしょう。しばらく経ってから作品をみる場合の手順を説明します。

 

まず、どこでもいいので、YouTubeの画面に入ります。

 

次に、 ユーチューブの画面左上にあるメニューアイコン(三本線の『三』みたいなマーク)をクリックします。

 

 

すると、画面上部に検索窓のあるメニュー画面にとびます。

 

 

f:id:entafukuzou:20190224172239j:plain

 

 

外面左側のメニュー欄をみてください。登録チャンネル・履歴などの下に、『購入済み』という項目が追加されているはずです。

 

『レンタル』の場合は有効期限のあいだ、『購入』の場合はいつでもここから作品を視聴できます。

 

 

YouTubeの動画は割高? レンタル店との比較

 

ユーチューブの有料映画のレンタル料金の目安は、次のとおりです。

 

・新作・・・400円

・旧作・・・300円

 

これに対して、ゲオ/TSUTAYAのレンタル料金の目安は以下のとおり。

 

・新作・・・380円/280~340円

・旧作・・・80~100円/100円

 

 

 

 とくに旧作に関しては、レンタル店を利用したほうが割安となります。とはいえ、返却の手間を考えると、じゅうぶんに利用価値はありそうです。

 

 

 

まとめ

 

レンタルにしても購入にしても、YouTubeの有料映画はやや割高です。

 

AmazonプライムビデオやNetflixなどの動画配信サービスに加入している人は、そちらで視聴したほうが安く済ませることができるでしょう。

 

ただ、たまに『今週のお買い得作品』として、100円や200円でみられる映画もあります。こまめに『YouTubeムービー』をチェックすることをおすすめします。