映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』第118話のあらすじ&ネタバレ!神部監督のプレゼン

f:id:entafukuzou:20190220094458j:plain

《第117話までのあらすじ》

 萬平たちは、【国立栄養研究所】に"まんぷくらーめん"の成分を分析してもらいます。その結果、栄養分たっぷりの食品であるとのお墨付きを得ます。

 

しかし、全国の問屋から注文がくるようにならなければ、在庫はたまるばかりです。

 

そんな折、福子は克子の家でテレビを観ていました。そこに流れていたのが、『ペンギン石けん』という企業コマーシャルでした。

 

CMを観た福子は

「これや! テレビや!」

と、叫びます。

 

第117話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

 

2月20日(水)放送!『まんぷく』118話・あらすじ

 「テレビに広告を出すべきよ」

という福子の提案に、世良は

「その手があったか!」

 うなります。

 

とはいえ、広告会社に依頼すればお金がかかります。それならば、自分たちで作ったほうが安くすみます。

 

手を挙げたのは神部くんでした。

神部「僕が考えます! 大学時代は、映画愛好会でした!」

世良「ほう。映画つくっとったんかい?」

神部「見るだけでした

 

 

岡と森本と吉乃ちゃんは、『パーラー白薔薇』でランチを食べながら、【まんぷく食品】の行く末を心配していました。

 

岡「あ~あ」

森本「(萬平さんは)何でウチらには声かけてくれんのや?」

 

吉乃「(百貨店の売り場を使えるのは)あと11日。それまでに広告ができなければ、つぶれてしまうかも

森本「わしらの出番がないままで?」

 

 

第21週「作戦を考えてください」118話・ネタバレ・・・鈴さん「私の声が聞こえないの?」

 

 神部くんは、みんなの前でCMのアイディアを発表します。ヘタクソな 味のある絵コンテつきです。さあ、CMプランナー・神部監督のプレゼンのはじまり~!

 

1:『ニワトリくんとニワトリさん』

① ニワトリ君とニワトリさんは仲よし。ある日、羽根をむしられたニワトリ君は、ダシに使われてしまいます。

 

② ボクがスープになった『まんぷくラーメン』召し上がれ。

 

③ ひと口食べた ニワトリさんは、感嘆の声をあげます。

「なんておいしい『まんぷくラーメン』。栄養たっぷりコケコッコー!」

 

 

反応:

あまりのシュールな出来に、みな言葉を失います。

 

2:『まんぺい印のまんぷくラーメン』

① 赤い縦じまの入ったチョッキを着たまんぺいが、ラーメンを作ります。

「お湯を注ぐだけ? なんて便利なんだ」

 

② 「うまい! 栄養たっぷりでたった20円だなんて!」

 

③「あのダネイホンの萬平さんが作った、まんぺい印のまんぷくラーメン!」

 

ダネイホンの宣伝広告で有名になった萬平を、イメージキャラクターに使おうというアイディアです。

 

 

 

反応:

萬平は

「絶対にイヤだ!」

と、かたくなに拒否します。

 

3:『主婦がまんぷくラーメンを作った!』

① ふつうの主婦がまんぷくラーメンを作ります。

「わたしでも、できるのかしら?」

 

② たった3分で、美味しいラーメンのできあがり!

 

③ 子どもたちも、喜んで食べてくれます。

 

ふつうの主婦でも、手軽に作れることをアピールする狙いです。

 

 

反応:

シンプルでオーソドックス。でも、みんなには好評でした。これに決定です!!

 

問題は、誰が主婦の役をやるのか、です。

 

福子「誰がやるの? 有名な女優さん?」

鈴「私がやってあげてもええのよ」

 

神部「実は、奥さま(=福子)をイメージして作りました」

福子「私はイヤやわ~テレビだなんて!」

鈴「だから私が・・・私の声が聞こえないの?

 

結局、主婦の役は福子に決定します。

 

吉乃「楽しみね、おばあちゃん」

鈴「そうね」

(⇦ とうとう、あきらめた!)

 

コマーシャルの撮影が始まります。福子は、ひきつった笑顔でお湯を注ぎます。というか、緊張であごがしゃくれてます!

 

世良「あかんやろ! みなが不安になるわ! 撮り直せ」

 

今度は、福子と子どもたちがいっしょに撮影します。

 

福子「2人とも、全然緊張せえへんの?」

幸「全然!」

源「お母さんと一緒やもん!

 

「一家に5袋、まんぷくラーメン!」

 

決めゼリフをしゃべる福子は、いつの間にか、満面の笑顔になっていました。

 

                  第119話へつづく。