映画ときどき海外ドラマ

テレビ放送や動画配信など、おうちで映画を楽しむブログ

Netflix『呪われた死霊館』あのシリーズと無関係のホラー映画!

スポンサーリンク

f:id:entafukuzou:20190208123246j:plain

動画サービスNetflix(ネットフリックス)で配信されている映画『呪われた死霊館』。世の中をなめきった若者が怖い目に遭う・・・というホラー映画の王道的な作りで楽しめます。

 これって、『死霊館』シリーズ?

『アナベル』との関連は?

この記事ではこういった質問に答えながら、あらすじや見どころについてお伝えします。

 

英語の原題が違う!『死霊館シリーズ』とはまったくの無関係!

 映画『呪われた死霊館』は、2018年製作のイギリス映画。インチキ霊能者グループの若者たちが本当の心霊現象に巻き込まれてゆくホラーです。

Netflix映画『呪われた死霊館』
原題 Malevolent
製作 2018年
製作国 イギリス
上映時間 88分
監督 オーラル・デ・フルール(『ディール・ブレイク』など)
脚本 ベン・ケタイ(『30デイズ・ナイト・ビギニング』など)
出演 フローレンス・ピュー、ベン・ロイド・ヒューズ

 動画サービスNetflix(ネットフリックス)のみで視聴できます。原題【 Malevolent 】は、「悪意」を意味します。

日本語タイトルのせいで紛らわしくなっていますが、ジェームズ・ワン監督の死霊館シリーズ、アナベルシリーズとはいっさい関係ありません。

www.youtube.com

 

Netflix『呪われた死霊館』あらすじ【ネタバレなし】

 大学生を中心とする、4人のインチキ霊能者グループ。彼らは、心霊現象に苦しむ人たちをペテンにかけて、お金を巻き上げていました。

 ところがメンバーのひとり、アンジェラ(フローレンス・ピュー)はある事件の調査中、ホントに霊が見えるようになります。

 

そんな彼らに、新たな依頼が舞いこみます。依頼人は、グリーン(セリア・イムリー)という中年の女性でした。屋敷に少女たちの霊が出るので除霊してほしい、というのです。

アンジェラは、夫人と会う前に屋敷について下調べをします。

 

その屋敷では、かつてみなし子を育てていました。ところが、気の狂った職員の男が、

少女たち全員のを命を奪うという怖ろしい事件が起こっていました。しかも、犯人はグリーン夫人の息子・ヘルマンでした。

(⇦ あかん! ガチでやばいやつだ!!)

 

アンジェラは依頼を断ろうとしますが、兄のジャクソン(ベン・ロイド=ヒューズ)は引き受けます。彼は、多額の借金を抱えていたからです。

 4人はグリーン家に向かい、いつものように悪魔祓いのフリをして、お金を巻き上げようとするのですが・・・

Netflix『呪われた死霊館』キャストと吹き替え声優

f:id:entafukuzou:20190520161750j:plain

アンジェラ

演:フローレンス・ピュー/声:白石 涼子

インチキ霊能者のフリをする、女子大生。大学では、出席日数が足りない、と教授からお叱りを受けます。

 グリーン家の依頼を受ける前に、本当に霊が見えるようになってしまいます。

ジャクソン

演:ベン・ロイド=ヒューズ/声:西 健亮(にし けんすけ)

アンジェラの兄。町のギャングから借金をしていて、グループから抜けようとする妹を引き止めます。

 霊の存在を信じる依頼人たちを、あの手この手でだまし、お金を振り込ませてきました。霊能チームのリーダー的存在。

エリオット

演:スコット・チェンバース/声:荘司 勝也(しょうじ かつや)

カメラ担当。彼がアンジェラの“除霊”を撮影して、その映像を見ながら、ジャクソンが依頼者に実況中継します。

 エリオットは、アンジェラにホレています。オタク的ポジションですが、「僕がこのチームにいるのは、君がいるからだ」と、ストレートに言ったりします。

ベス

演:ジョージナ・ビーヴァン/声:たなか 久美

ジャクソンの彼女。彼氏のために、ただ付いてきてるだけ。

 グリーン夫人

演:セリア・イムリー/声:高島 雅羅(たかしま がら)

ジャクソンたち4人に除霊を依頼した、屋敷のあるじ。ジャクソンたちが今までダマしてきた人達と違い、“何か”がヘンだ。

『呪われた死霊館』おもな評価と感想

Yahoo!映画:★★★☆☆ 3.5

映画.com:★★★☆☆ 2.8

Filmarks:★★★☆☆ 2.7

 

  • 予想外の展開もあって、普通に怖いよ。
  • めちゃ面白いわけじゃないけど、ラストは良かったな。
  • なんなの、この茶番。つまらんかった。

 純粋な人たちをだましていた若者が、死ぬほど怖い思いをする・・・ホラーの定番ともいえる作りです。中盤からはひねりが加えられていて、「うげっ!」「そうきたか!」と予想外のことが次々と起こり、楽しめます。

・・・ですが、他の人の評価を見ると厳しめですね。『死霊館』シリーズと比べてしまうと、見劣りするからでしょうか。そりゃしょうがないよ。