映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』第107話あらすじ&ネタバレ!萬平たちはポジティブな妄想集団!

f:id:entafukuzou:20190207090532j:plain

萬平は、麺を保存させる方法として、天日干し(てんぴぼし)を試します。お日様にあてる時間をいろいろと変えて、乾燥させてみます。

 

ところが、どうしても外側だけが固まってしまいます。

「勉強が足りないんじゃない?」

源の何気ない一言に、萬平はハッとします。あらためて、図書館で麺のことを勉強してみることにします。

 

いっぽう。アトリエでは、秀子がはげしくマンボを踊り、忠彦の創作意欲をかき立てます。

「ボクの新境地だ!」

忠彦が完成させた絵は、みんなの理解を超えるような抽象画でした。

 

第106話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

2月7日(木)放送!『まんぷく』107話・あらすじ・・・乾燥のカギは、アルファ化!

萬平は図書館にいって、麺について調べてきます。その結果、麺に含まれるグルテンとでんぷんが大きく関係していることが、わかります。

 

麺をゆでると、これらの成分が膨張して、しっとりします。このとき、水分量は30~50%も上がります。このため、乾燥には時間がかかり、ムラもできてしまいます。

 

これはアルファ化(※)という現象で、お米を炊くともっちりするのと同じです。

 

ゆでずに蒸した場合、水分量は30%程度でおさえることができます。

 

 

そこで萬平は、蒸すという方法を試してみることにします。萬平と福子が蒸した麺を干していると、鈴(松坂慶子)がやってきます。

 

鈴は、忠彦の画風が変わってしまったことを心配します。

しかし、福子は

芸術家はね、そのときそのときを生きているから

と、気にも止めません。

 

第19週「10歩も20歩も前進です!」107話・ネタバレ・・・吉乃ちゃんラバーズ、始動!

萬平は福子と散歩しながら、『パーラー白薔薇』へゆきます。

 

萬平がライスカレーを食べていると、世良(桐谷健太)がやってきます。

世良は

「お湯をかけるだけで食べられるラーメンなんか、需要もなければ勝算もない!」

と、勝ち目のない商売はやめるように忠告します。

 

すると萬平は

「ボクには見える。ボクの作ったラーメンをおいしそうに食べる人たちの顔が・・・世良さんも、おいしそうに食べています」

と語ります。

福子「私にも見えます」

しのぶ「私も!」

アキラ「僕もや!」

世良「なんや、この妄想集団は!

 

いっぽう。克子の家には、岡(中尾明慶)と森本(毎熊克哉)が訪ねてきます。

岡「久しぶりに大奥さま(=鈴さん)に、ご挨拶にきたんや

森本「ほんまやで」

 

 

しかし、神部は見抜いていました。2人は、吉乃(深川麻衣)に会いにきたのです。

 

克子が

「せっかくやから、晩ごはん食べて行ったら?」

と聞くと、岡と森本はうれしさを隠せないのでした。

                       第108話へつづく。

第108話あらすじ&ネタバレ!吉乃の爆弾発言「武骨な人が好き!」

 

アルファ化とは?

なまのでんぷんに水を入れて加熱すると、でんぷんは膨張して糊(のり)状態になります。この状態に変化することを、アルファ化と呼びます。

 

 

これは、アルパカ。

f:id:entafukuzou:20190207090423j:plain

 

最近、炊き込みご飯に便利な『アルファ化米』という商品もあります。

・生の米・・・体内で消化しにくい・腐りにくい

・ご飯(炊いたお米)・・・消化しやすい・腐りやすい

 

アルファ化米は、ご飯を急激に乾燥させて作ったお米で、2つの特徴を持ちます。

・アルファ化米・・・消化しやすい・腐りにくい