映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

地上波テレビ放送!『ラ・ラ・ランド』の日本語吹き替え声優とあらすじ【ネタバレなし】

f:id:entafukuzou:20190207063233j:plain

※この記事は、約3分で読めます。

 2016年に公開され、世界中の映画ファンを魅了したロマンティック・ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』が地上波でテレビ放送されます。

 

この記事では、『ラ・ラ・ランド』の簡単なあらすじと、日本語吹替版を担当した声優さんについてご紹介してゆきます。

 

 

地上波放送はノーカット?

放送日は

2019年2月8日、日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて。

 

放送時間は

21時00分 ~ 23時24分

 

『ラ・ラ・ランド』劇場上映時間は、128分です。CMの時間を差し引くと、ギリギリ放送枠内におさまるかどうか、というところ。

 

『金曜ロードSHOW!』の公式twitterでも、“本編ノーカット” と告知していますので、エンディングの一部カットにとどまると思われます。

 

 

映画『ラ・ラ・ランド』のタイトルの意味

 

 

 

『ラ・ラ・ランド』のあらすじ【ネタバレなし】

女優になりたい、という夢をもってロサンゼルスにやってきたミア。撮影所の近くのカフェでアルバイトをしながら、映画出演のチャンスをうかがいます。しかし何回受けても、オーディションで落ちてしまいます。

 

ある夜のことです。ミアは、素敵なピアノの曲に誘われるように、レストランに入ってゆきます。演奏していたのは、若いピアニスト・セブでした。

 

ところがミアの見ている前で、セブはレストランのオーナーからクビにされてしまいます。一声かけようとするミアに、セブは失礼な態度をとってしまいます。

 

その後、ミアとセブは、あちらこちらで偶然に再会するようになります。いつしか、自然と言葉をかわすようになってゆく2人。

 

セブにも、夢がありました。ジャズを愛する彼は、自分のお店をもって大好きなジャズを気ままに演奏することを夢見ていたのです。

 

ミアとセブは、お互いの才能に惹かれ合ってゆくのですが・・・

 

 

 

『ラ・ラ・ランド』日本語吹き替え版・声優一覧

セバスチャン(セブ)・ワイルダー

ライアン・ゴズリング/内田夕夜(うちだゆうや)

 

ジャズを愛する、売れないピアニスト。ジャズは時代遅れになりつつあるジャンルで、一般ウケしません。それでもセブは、いつかジャズ・バーを開くのが夢。

 

姉のローラからも、現実を見るように、と忠告されます。

 

セブの声を担当するのは、内田夕夜(うちだゆうや)さん。

『アイシールド21』・・・キッド

『MAJOR』・・・佐伯京四郎

 

担当声優

キリアン・マーフィー(バットマン・ビギンズ、麦の穂をゆらす風、ダンケルク)

ダニエル・ブリュール(シビルウォー/キャプテンアメリカ、グッバイ、レーニン!)

マット・デイモン(コンティジョン、ヒア・アフター)

 

ミア・ドーラン

エマ・ストーン/武田 華(たけだ はな)

 

ハリウッド・スターを夢見る、女優の卵。映画スタジオ近くのカフェで働きながら、オーディションを受けるも、落選つづき。

 

ミアの声を担当するのは、武田華さん。

『だめっこどうぶつ』・・・熊姉

『NARUTO-ナルト-疾風伝』・・・ハナレ、黒ヅチ

 

担当女優

エマ・ストーン(アロハ、バードマン あるいは無知がもたらす予期せぬ奇跡)

 

 

キース

ジョン・レジェンド/祐仙 勇(ゆうせん いさむ)

 

セブの旧友。自分のバンドにセブを参加させようとする。

 

キースの声を担当するのは、祐仙 勇(ゆうせん いさむ)さん。

『ダンボール戦機』・・・ジャック・ジェラート

『ハイキュー!!』・・・松川一静・小原豊

 

ローラ

ローズマリー・デウィット/山賀 晴代(やまが はるよ)

 

セブのお姉さん。夢ばかり見ているセブに、早く身を固めるように注意する。

 

ローラの声を担当するのは、舞台を中心に活動する山賀 晴代さん。

吹き替えを担当した映画

『死霊館 エンフィールド事件』・・・アニタ・グレゴリー

『チョコレートドーナツ』・・・マリアンナ

『ドクター・ストレンジ』・・・ドクター・ブルナー

 

 

ケイトリン

ソノヤ・ミズノ/石井 未紗(いしい みさ)

 

ミアのルームメイトのひとり。東洋系の顔立ちで、ダンスシーンでは黄色のドレスを着ています。

 

ケイトリンの声を担当するのは、石井未紗さん。

『レイトンミステリー探偵社~カトリーのナゾトキファイル~』・・・イルダ

『カードファイト!!ヴァンガード』・・・秘薬の魔女アリアンロッド

 

ビル

J・K・シモンズ/壤 晴彦(じょう はるひこ)

 

レストランのオーナーで、セブの雇い主。

 

J・K・シモンズさんは、『セッション』では鬼教師フレッチャーを熱演しており、デミアン・チャゼル監督とは2度目のタッグを組むことになります。

 

ビルの声を担当するのは、壤 晴彦(じょう はるひこ)さん。俳優やナレーターとしても活躍しています。

 

担当声優

ジェフ・ブリッジス(クレイジー・ハート、アイアンマン)

ジェフリー・ラッシュ(パイレーツ・オブ・カリビアン、英国王のスピーチ)