映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』第103話あらすじ&ネタバレ!酔った萬平のチュー!

f:id:entafukuzou:20190202084838j:plain

福子や鈴のたすけを借りて、萬平はできた生地を製麺機にかけてみます。ところが、出てきたのはぼそぼその麺。

 

味も粉っぽく、とても食べられたものではありません。

 

 いっぽう。忠彦のアトリエには、毎日のようにモデルの秀子が来ていました。香り立つような色気を振りまく秀子。

 

克子はガラス越しにアトリエの様子をみては、ソワソワしてしまうのでした。

 

第102話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

2月2日(土)放送!『まんぷく』103話・あらすじ

 萬平(長谷川博己)は、試行錯誤をつづけます。小麦粉の種類を変えたり、生地を寝かせる時間を変えたり・・・

 

そして、麺作りを始めてから1ヶ月。

 

「福子! できたぞ、福子!」

ついに萬平が思い描いていたような麺が、完成しました。

 

ところが! 実際にお湯をゆでてみると、できた麺はコシがなく、味もぬけてしまっています。

 

福子の提案で、お湯ではなくスープでゆでてみます。しかし、やはり味がしません。

 

福子は

「(ゆであがった麺に)お湯じゃなくて、スープをかけたら・・・あ! それじゃ、普通のラーメンだ!」

と、セルフツッコミをします。

 

第18週「もうすぐ完成!?」103話・ネタバレ

『パーラー白薔薇』では、神部が岡(中尾明慶)や森本(毎熊克哉)と、ライスカレーを食べていました。

 

 

神部は

「ほんまは、ウチに帰りたくないんや」

と、もらします。

 

忠彦が家に呼んだモデル(=秀子)のせいで、家には不穏な空気が流れていたからです。

 

その日も、秀子(壇蜜)は帰り際、克子の前で不敵な笑みを浮かべます。

克子は

「あの人、私をにらんで帰った! あなた、何かあったんじゃないでしょうね?」

と、取り乱してしまいます。

 

そのころ。萬平は、一升瓶を片手に、愚痴をこぼしていました。

「だめだ、ちくしょう!」

酔った萬平は、その勢いで福子にチューをしようとします。しかし、今はそれより大事なことが。福子はさり気なくかわすと、夫をはげますのでした。

「新しいものを生み出す気持ちは、あなたが一番わかってるはずでしょう?」

 

 

萬平は、もう一度奮起します。

「スープを練りこんだのが間違いだった。根本から考え直すぞ!」

 

完成は、もうすぐ。頑張れ、萬平!

                       第104話へつづく。