映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

節分はいつから始まった?子ども向けに豆まきや鬼の由来を説明

f:id:entafukuzou:20190130032032j:plain

2月3日は節分(せつぶん)。夜になると、家族みんなで

「鬼は~外! 福は~内!」

と言いながら、豆をまきますね。

 

なぜ、節分というのでしょうか? どうして豆をまくのでしょうか?

 

このページでは、節分や豆まきの由来について、子ども向けにわかりやすく説明します。

 

 

節分の意味

節分という言葉には、「季ける」という意味があります。季節には、春・夏・秋・冬の4つがありますよね。

 

それぞれの季節の始まりの日のことを、立春立夏立秋立冬とよびます。そして、季節の始まりの日の前日のことを節分というのです。

 

 昔から、季節の変わり目には邪気(=悪いエネルギー)が病気や火事、地震などをはこんでくると考えられていました。

 

そのため、中国では大晦日(おおみそか)に、邪気を追いはらうための行事がおこなわれていたのです。

 

 

 

節分の由来は? 風習はいつから始まった?

この中国の習慣が、奈良時代の日本に入ってきます。

 

そして、平安時代になると、宮中(=天皇のすむ宮殿)では追儺(ついな)という行事がおこなわれるようになります。

 

これは、4つ目の怖いお面をかぶった役人が矛(ほこ)と盾(たて)を持って

「鬼やらい! 鬼やらい!」

とかけ声をあげながら宮中を歩き回り、鬼(=悪いエネルギー)を追い出す儀式です。

 

大晦日(おおみそか)にこの行事をおこなうことで、1年間の災いを取り除いて、気持ちよく新しい年を迎えようとしたのですね。

 

室町時代になると、豆をまいて悪い鬼を追いだす行事として、ふつうの家庭にも広まってゆきます。

 

f:id:entafukuzou:20190130032114j:plain

 

 

どうして豆まきをするの?

昔から、米とか豆には、精霊が宿っていると考えられていました。邪悪なものを打ち払う不思議なパワーがあると信じられていたのです。

 

こんな昔話があります。

 

京都の鞍馬山(くらまやま)に住んでいた2匹の鬼が、都に侵入しようとします。そんなとき、人々の前に毘沙門天(びしゃもんてん)という神さまが現れます。

 

神さまは

「3合3斗の大豆を炒って(いって)、鬼の目に投げつけなさい」

というお告げを出します。

 

人々がこのお告げの通り豆を投げつけたところ、みごと鬼は退散したそうです。

 

豆には、「魔目=魔(ま)の目(め)」に投げつけて、「魔滅=魔(ま)を滅(めっ)する」というゴロ合わせの意味もこめられています。

 

※ここでいう魔とは、鬼のこと。

 

 

 

どうして新年を祝う行事が、2月3日に行われるようになったの?

 

明治時代にはいると、ヨーロッパの文化がたくさん入ってくるようになります。

 

たとえば、洋服などのファッション、牛肉などの食べ物がそうです。また、町に街灯やレンガ造りの建物ができたのも、この頃です。

 

西洋化をすすめていくうちに、何かと不都合になってきたのがカレンダーです。お休みの日が違ったりすると、貿易もやりにくくなりますから。

 

そこで明治政府は、ヨーロッパ各国で使っていた太陽という暦(こよみ)を採用することにします。

 

このため、旧暦(=昔の日本の人たちが使っていた暦)とは、およそ1ヶ月のズレが生じるようになります。

 

 

こうして、大晦日に行われていた豆まきは約1ヶ月後ろにズレて、2月3日にやるようになったのです。