映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』第89話あらすじ&ネタバレ!真一さんは、悪の手先?

f:id:entafukuzou:20190117085325j:plain

 忠彦が、奈保美の絵を描き終わります。あとは背景だけ。モデルとしての仕事はここまでとなります。

 

忠彦が休憩のたびに家族の話をしていたことを知り、克子はひと安心。笑顔で奈保美を見送ります。

 

いっぽう。梅田銀行の担当者が代わったことで、萬平は【織田島製作所】への追加融資を断念せざるを得なくなります。

 

さらに、どこからか貸付けさわぎを聞きつけた顧客が、信用組合の窓口に殺到!

「預金を全額おろさせてくれ!」

と詰め寄るのでした。

 

第88話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

1月17日(木)放送!『まんぷく』89話・あらすじ

 梅田銀行の矢野(矢島健一)と、真一(大谷亮平)が福子の家にやってきます。担保にしていた家財道具に、『担保物確認票』というピンクの紙が貼られてゆきます。

 

 

家と土地も、いずれ競売にかけられることになります。買い手が決まり次第、福子たちは出ていかなければなりません。

 

理事長室に戻った矢野は、さらに

「組合員のかたから、融資金を回収してください」

と、迫ります。

 

萬平は

「お金を貸していた企業に返金に迫ったら、池田の産業はつぶれてしまう」

と心配しますが、矢野は聞く耳を持ちません。

 

福子はそんな状況のなか、『パーラー白薔薇』で働いていました。お店のマスターのアキラ(加藤雅也)も、しのぶ(牧瀬里穂)も心配します。

 

第16週「あとは登るだけです!」89話・ネタバレ・・・真一さんは、悪の手先

 鈴(松坂慶子)はショックでちからが抜けて、布団にくるまっていました。梅田銀行の担当者といっしょに『担保物確認票』を貼り付けていた真一にも、怒りの矛先が向けられます。

「真一さんは、悪の手先になったのよ!」

 

(⇦ 真一さんは、仕事でしかたなく貼り付けていたのです。念のため!)

 

克子と忠彦も駆けつけ、そんな鈴をなだめていました。

 

萬平は帰ってくるなり、鈴に頭を下げて謝ります。鈴には、克子の家に身を寄せてもらうことにします。

 

忠彦は

「萬平くんたちも、ウチに来るといい」

と言ってくれますが、萬平は断ります。

「これ以上、迷惑はかけられません。どこかに借家でも借りて・・・」

 

幸「私、お父さんといる」

源「ボクも」

 

福子は

「こういう時のために、働いていたんです。へそくりもあるし・・・」

と述べます。しかし、これは精一杯のつよがりでした。

 

 

福子は、敏子(松井玲奈)だけに本心も打ち明けます。

「敏ちゃん。今は怖いの。どこまで萬平さんを支えていけるか、不安でならないの

 

どんな時も萬平を支え続けてきた福ちゃんも、ついに限界?

                      第90話へつづく。