映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第81話あらすじ&ネタバレ!心が発明したがってるんだ!

f:id:entafukuzou:20190108091040j:plain

萬平が池田の信用組合の理事長になってから、8年の月日が流れました。

 

福子は“理事長婦人”という立場ながら、『パーラー白薔薇』という喫茶店でパートとして働いていました。

 

そんな福子を、女学校時代の親友である敏子がたずねてきます。敏子は、萬平に知り合いの町工場を助けてほしい、というのです。

 

第80話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

1月8日(火)放送!『まんぷく』81話・あらすじ・・・吉乃(深川麻衣)はマイペース

「世の中にない道具を作り出そうとしている・・・」

 

敏子が紹介してくれた町工場に、萬平(長谷川博己)と真一(大谷亮平)がやってきます。織田島健三(山西惇)・正(金井勇太)の親子がきりもりする、【織田島製作所】です。

 

 

2人が開発していたのは、『万能調理器』。容器を取り替えることでジューサーにもミキサーにもなり、さらにみじん切りまで出来てしまう、スグレモノです。

 

萬平は『万能調理器』にすっかり心を奪われ、100万円を融資することを決めます。話を聞いた健三の妻・久美子(畦田ひとみ)は、大喜び。

 

ただ、真一は心配でした。取引先の梅田銀行がいい顔しないだろう、と思ったからです。

 

いっぽう。克子の家では、忠彦(要潤)が悩んでいました。

「もっと違う絵を描いてみたい。でも、描きたい絵がわからない」

と、いうのです。

 

真剣に悩む忠彦をよそに、家族はのんきなもの。

吉乃(深川麻衣)は

「このナス、おいしい」

と、マイペース。

 

 

第15週「後悔しているんですか?」81話・ネタバレ・・・萬平、モノづくりに未練?

福子の家では、鈴さん(松坂慶子)が

「ムカデが出た~きゃああ」

が大騒ぎしていました。

 

しかし、これは源が黒豆とつまようじで作った玩具のムカデでした。この話を聞いた萬平は感心します。

 

その夜。萬平は福子に【織田島製作所】のことを語ります。

「家族3人だけでやってるんだ。懐かしいなあ。昔は僕もあーやってモノづくりしてたんだ・・・」

 

源と幸の寝顔をみた萬平のぼやきは、続きます。

「泉大津で塩をつくり、ダネイホンを作った僕をこの子たちは知らない」

 

福子が

「萬平さん、後悔してるんですか?

とたずねると、萬平は

「もう寝よう。おやすみ」

と、背を向けてしまうのでした。

 

やはり萬平は、モノづくりに未練を感じているようです。

                      第82話へつづく。