映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』第77話あらすじ&ネタバレ!幸ちゃん、パパに会う

f:id:entafukuzou:20190521140217j:plain



萬平が不当逮捕だったことが判明します。

 

東や世良は知り合いに頼んで、このことを新聞記事にしてもらいます。東は、萬平の釈放を条件に訴えを取り下げようと考えていました。取られた税金は、進駐軍や財務局のメンツを立てるために、あきらめようというのです。

 

ところが! 萬平は反対します。徹底的に国と争う、と言うのでした。

 

浦島ミルク登場! 第76話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

12月28日(金)放送!『まんぷく』77話・あらすじ

萬平(長谷川博己)は、不当な税金を納めることに納得できません。

「あのお金は、社員の汗と結晶なんです。彼らに申し訳ない」

 

受刑者仲間の剛田(イッセー尾形)は、そんな萬平が理解できません。

「バカじゃないのか、あんた。自分を捨てろ!」

と考え直すように言いますが、萬平の信念はゆるぎません。

 

 

新聞では、萬平が国と争っていることが報じられます。

 

萬平が釈放されないことに、世良(桐谷健太)は違和感をおぼえます。

「どうも、話をややこしくしてるのはあの弁護士やな」

 

そこで福子(安藤サクラ)は、萬平を説得しに東京へ向かいます。

 

 

 

【たちばな塩業】の社員(=塩軍団)たちのインタビューが、NHKの大阪放送局ブログに掲載されています。

www.nhk.or.jp

 

第13週「生きてさえいれば」77話・ネタバレ・・・親子4人、水入らず

福子は、三田村からの伝言を萬平に伝えます。

「生きてさえいれば希望はある、って・・・でも、今のあなたは死んでいる。皆を幸せにする何かを世の中に送ることが、ほんまにやりたい事やないんですか?

 

福子の抱いている幸(さち)を見て、萬平も考えを改めます。

「わかったよ福子。福子と子どもたちと、新しい人生を(送ろう)」

 

萬平は、訴えの取り下げを東に頼みます。

 

東も、萬平がこだわりを捨てたことにホッとしたようです。

「そうですか。僕は、立花さんや福子さんから、たくさんのことを学ばせていただきました」

と、礼を述べます。

 

ついに、萬平は釈放されました。萬平は剛田にあいさつ。

剛田も、

「あんたはここにいる男じゃない。シャバ(外の世界)で頑張れよ!」

と声をかけてくれます。

 

克子の家の前では、忠彦や鈴、タカや源たちが待っていました。

 

その夜。萬平と福子、源と幸は、親子4人。初めて家族そろって眠りについたのでした。

                        第78話へつづく。

 

※2018年の『まんぷく』はここまで。年始は、1月4日(金)からです。