映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

ドラゴンボール映画第2作『魔神城のねむり姫』あらすじ・原作との違いも

f:id:entafukuzou:20181226225629j:plain

※この記事は約3分で読めます。

ドラゴンボールの劇場版アニメ、第2作『魔神城のねむり姫』。劇場版のなかでも、オリジナル要素の高い作品です。

 

この記事では、『神龍の伝説』のあらすじとゲストキャラクター、原作との違いについてお伝えします。なお、ネタバレはしていません。

 

 

前作にあたる劇場版第1作! 『ドラゴンボール 神龍の伝説』

www.entafukuzou.com

 

 

 

『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』あらすじ

 

悟空は亀仙人の弟子にしてもらうため、カメハウスにやってきます。そこにやってきたのが、やはり弟子入り希望のクリリンという少年でした。

 

亀仙人は、2人に条件を出します。それが、「ピチピチギャル連れてくること」。ただ、悟空やクリリンの女の子の趣味はあてになりません。

 

そこで、亀仙人はさらに条件を出します。ずっとず~っと西の果てにある魔神城に囚われている『ねむり姫』という絶世の美女を連れてくること!

 

悟空とクリリンは我先にと、魔神城へ急ぎます。

 

いっぽう。ブルマやヤムチャ、ウーロンにプーアルもカメハウスにやってきます。悟空に会いたがっていたブルマ達は、悟空を追いかけますが・・・

 

劇場版 ドラゴンボール 神龍の伝説

 

 

 

原作との違い

弟子入りの条件

亀仙人が出した弟子入りの条件、「ピチピチギャルを連れてくること」。ここまでは、原作も映画も一緒です。

 

原作では、悟空たちがランチを連れてきます。普段は、あどけなさの残る女の子。でも、くしゃみをすると髪の色がかわって凶暴な性格になります。

 

映画『魔神城のねむり姫』では、亀仙人は「ねむり姫を連れてくること」を弟子入りの条件にしています。はじめからピンポイントでターゲットを指定しているのです。

 

 

ランチの存在はどうなる?

じゃあ、映画ではランチが存在がなくなってしまうの? といと、そうではありません。ちゃんと登場します。物語とどう絡んでくるかは、見てからのお楽しみ。ランチの設定をうまく生かした関わり方をします。

 

f:id:entafukuzou:20181226225616j:plain

 

ドラゴンボール Scultures BIG 造形天下一武道会2 其之三 ランチ

 

 

 

あのギャグよ、もう一度! おなじみのエピソードも

いっぽうで、原作やTVアニメで見覚えのあるエピソードも登場します。

 

・クリリン、船の上からジャンプ! 華麗にクルクル回転して、着地か? いや、頭から地面にめりこんだ!

・クリリン、亀仙人にエッチな雑誌をプレゼント。さすが、世渡り上手!

・原作でおなじみの会話も。

悟空「おめえの頭、パチンコの玉みてえだな」

クリリン「これは、修行するために頭を丸めてるんだ。武天老師さまだって・・・」

亀仙人「いや、これはただのハゲじゃ

 

 

 

『ドラゴンボール 魔神城のねむり姫』ゲストキャラクター&敵&声優

 

ルシフェル(声:野沢那智)

魔神城の城主。青ざめてはいるが、イケメン。高い戦闘力を持ち、両手からは赤いエネルギー弾を放つ。

f:id:entafukuzou:20181226225657j:plain 

 

執事(声:飯塚昭三)

ルシフェルのお供。あまりしゃべらないが、普段はぼ~っとしている。

 

ガステル(声:郷里大輔)

2本の角がトレードマークの赤い怪物。魔物の兵士を統率している。火の玉に乗って、空を飛ぶことができる。