映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

ドラゴンボール映画第1作『神龍の伝説』あらすじ・原作との違いも

f:id:entafukuzou:20181224193626j:plain

※この記事は、2分で読めます。

ドラゴンボールの劇場版アニメ、第1作『神龍の伝説』。この記事では、『神龍の伝説』のあらすじとゲストキャラクター、原作やTVアニメとの違いについてお伝えします。

 

なお、ネタバレはしていません。

 

『ドラゴンボール 神龍の伝説』あらすじ

少女パンジが住む、グルメス王国。この国の土地には、リッチストンという宝石がたくさん埋まっています。

 

グルメス大王は、美味しい料理を探し求めるうちにお金が必要になります。そこで、軍隊に命じて国のお花畑や田んぼから、もっともっとリッチストンを掘らせます。

 

土地を荒らされては、作物が育ちません。村人は困ってしまいます。けれど、横暴な軍隊を止めることができません。

 

そこでパンジは、武天老師(=亀仙人)に助けを求めるのでした・・・

 

原作やTVアニメとの違い

この劇場版『神龍の伝説』は、原作ともTVアニメとも交わることのない独立した物語となっています。

 

では、原作やTVアニメとは無関係かというと、そうではありません。むしろ、原作のおなじみのエピソードに、グルメス王国の混乱をからめて描いています。

 懐かしい~! おなじみのエピソードがたくさん

映画の前半は、原作の印象的なエピソードのダイジェスト版。思わず、「あ、懐かしい」と声に出してしまうかも。

 

・悟空とブルマの出会い。

・ウーロンとの出会い~ウーロン、強そうな騎士に変身、みずからラーメンに指をつっこんで「あち~」。

・ブルマをみて、赤くなるヤムチャ

・亀仙人、ブルマ(ウーロンが変身した)からぱふぱふしてもらう。

・悟空、あっさりかめはめ波をマスター。

 

劇場版 ドラゴンボール 神龍の伝説

 

かませ犬じゃないゾ!大活躍のヤムチャ!

原作では、ベジータ来襲のあたりから影がうすくなってしまうヤムチャ。同時期に登場したクリリンは、あんなに活躍するのにね。

 

しかし、『ドラゴンボール 神龍の伝説』のヤムチャは違います。主役の悟空よりも目立っています。

 

決め技の「狼牙風風拳」や、女の子に弱い部分もしっかり見せてくれます。

 

 

『ドラゴンボール 神龍の伝説』ゲストキャラ&敵&声優

グルメス大王(声:森山周一郎)

もともとは、人間の国王。美食を求め、世界中の美味しい料理を食べまくっているうちに怪物のような姿になってしまった。

 

f:id:entafukuzou:20181224193644j:plain

パスタ(声:小山茉美)

グルメス大王の部下で、女性兵士。リッチストンを集めたがっている。

ボンゴ(声:納谷悟朗)

グルメス大王の部下で、大柄な兵士。力にまかせた戦闘を得意とする。

パンジ(声:鈴木富子)

両親とともにグルメス王国で暮らす女の子。作物や緑が豊かだった国を取り戻したい、と思っている。