映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第71話あらすじ&ネタバレ!世良、超絶カッコいい!

f:id:entafukuzou:20181221085113j:plain

脱税の容疑で牢屋に入れられた萬平に、追徴課税がかけられます。その額、10万円。

 

弁護士の東はやむをえぬ措置として、【たちばな栄養食品】を解散することを提案。ダネイホンの製造法も別の会社に売り、萬平にはイチから出直すことを勧めます。

 

会社はなくなってしまうので、社員たちもそれぞれ就職先を探さねばなりません。どうなってしまうのでしょうか?

 

第70話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

12月21日(金)放送!『まんぷく』第71話・あらすじ

福子(安藤サクラ)は東(菅田将暉)から、会社の売却先を考えておくように、と指示をうけます。

 

真一は

「会社に投資してくれた三田村さんに、まっ先に伝えにいかなければならないよ」

と教えてくれます。

 

福子が三田村に電話すると、電話口にでたのは三田村の息子でした。三田村は病気で入院しているというのです。

 

そのころ。刑務所の萬平は、ダネイホンに代わる新しい事業について考えていました。すると、受刑者の剛田(イッセー尾形)は萬平の顔をみて

「あんた、近いうちに転機がくるぞ。個人的なことだ」

と、告げます。剛田は、人相をみて占いをすることができるのです。

 

第12週「絶対何とかなるから」71話・ネタバレ・・・世良、急にイケメンになる

東(あずま)が東京からやってきます。福子と東は、三田村が入院している病院までやってきました。病室には、世良(桐谷健太)み見舞いにきていました。

 

東は、

「【たちばな栄養食品】の売却先を、三田村さんに紹介してもらいたいのです」

と頼みます。

 

三田村は、東の本気度を問います。

 

東は

「国とケンカするんです。思い切ったことをやらなきゃなりません」

と、決意を語ります。

 

病室の外では、世良が福子に三田村の病状について語っていました。三田村は胃がんで、余命3ヶ月の命だったのです。

 

 

福子は泣きます。

「なんでこんな辛いことばっかり・・・」

 

そんな福子を世良は元気づけます。

「三田村さんは泣いてへんぞ。福ちゃんには頼れる人たちがたくさんいる。泣いてる場合ちゃうぞ、福ちゃん!

 

 

西陽が差し込む病院の廊下で、福子をはげます男・世良。今までの悪事を帳消しにする程のかっこよさでした。

                     第72話へつづく。