映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第67話あらすじ&ネタバレ!挙動不審の菅田将暉

f:id:entafukuzou:20181217134700j:plain

神部に一目ぼれした【やまね食堂】の美代子。世良や神部たちの会話に聞き耳を立てていた美代子は、神部に結婚を約束した相手 がいることを知ってしまいます。

 

そんなとき、萬平がまたしても進駐軍に捕まってしまいます。脱税の容疑でした。萬平は裁判にかけられ、重労働4年・罰金7万円の刑が確定してしまうのでした。


第66話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

12月17日(月)放送!『まんぷく』第67話・あらすじ

東京にいる真一(大谷良平)から、泉大津の福子へ電話がかかってきます。

「奨学金が脱税と判断されたんだ」

 

逮捕された萬平と面会できるのは、家族だけです。

 

そこで福子(安藤サクラ)は、電車で東京に向かいます。真一は妊娠中の福子を心配しますが、福子はいても立ってもいられなかったのです。

 

福子は、東京支社にたどり着きます。会社には世良(桐谷健太)の姿がありませんでした。

 

萬平が逮捕されたことに怒った世良は、金庫に八つ当たり。足をケガしてしまいます。世良は、療養するため大阪に帰ったというのです。

 

神部(瀬戸康史)は

「あれは怪しい。巻き込まれたくないから逃げたんだ!」

と、疑います。

 

そのころ。大阪へ向かう電車の中に、世良がいました。世良は、社内で知り合ったおばあさんに松葉づえをあげます。(⇦ ケガは嘘だった?)

 

 

第12週「絶対何とかなるから!」67話・ネタバレ

福子は、萬平と面会します。当面、心配なのは罰金7万円の支払いについてです。

 

萬平は

「東京の会社を売却してお金を作るしかない。資産整理にくわしい弁護士を探してくれないか?

と、頼みます。

 

福子と真一、神部たちは【やまね食堂】で夕飯を食べながら話し合っていました。福子はちゃんぽんライスを注文します。

 

 

真一は

「有罪判決をうけた萬平くんを弁護してくれる人が、見つからない」

と、打ち明けます。進駐軍にケンカを売ろうとする弁護士は、そうはいません。

 

福子や神部たちが困っていると、助け船を出したのが店員の美代子(藤本泉)でした。

「私の兄の知り合いに、弁護士がいます・・・」

 

翌日。福子と真一は、美代子に紹介された弁護士事務所を訪れます。入り口には、【東 太一 弁護士事務所】と表札がかかっています。

 

事務員が呼ぶと、机の下から弁護士の東 太一(あずま たいち=菅田将暉)がひょっこり顔を出します。

 

あ、東 太一です

現われたのは、おどおどして、挙動不審の青年でした。

                        第68話へつづく。