映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第65話あらすじ&ネタバレ!メン・イン・ブラック

f:id:entafukuzou:20181214090427j:plain

福子が声を吹きこんだ宣伝放送用のレコードと、萬平が商品をアピールする看板が完成しました。

 

真一たち東京支社の社員たちは、ダネイホンの宣伝と販売に精を出します。若手社員のがんばりもあり、評判は上々でした。

 

そんな中、神部はタカに手紙を書き、ポストに投函しようとします。すると、ある女性と手が触れあってしまいます。むむむ! 恋の予感が・・・

 

第64話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

12月14日(金)放送!『まんぷく』第65話・あらすじ

ダネイホンの売り上げは好調! 大学病院からも注文が入るようになりました。

 

世良(桐谷健太)は上機嫌。

「今の【たちばな栄養食品】があるのも、半分はボクのおかげです」

と、語ります。

 

そして、春になります。堺・倉永・堀・増田・小松原の若手社員5人は、東京で夜間学校に通い始めます。

 

いっぽう。神部(瀬戸康史)は、毎日のようにタカ(岸井ゆきの)に手紙を書いていました。

 

克子の家では、忠彦(要 潤)がタカを大学に行かせようとしていました。タカは、結婚を先のばしにしようとする父に反発します。

 

第11週「まんぺい印のダネイホン!」65話・ネタバレ・・・ばったもん『ダネイボン』

そんなことも知らず、神部は会社ちかくの【やまね食堂】にラーメンを食べにきていました。

 

店員の谷村 美代子(藤本 泉)は、神部を見るや大興奮。ドキドキしながら、神部がラーメンに手をつけるのを見ています。

 

美代子は

「あのう。この前、お会いしましたよね、ポストの前で・・・」

と、自分から話しかけます。

 

神部は、自分がひとめぼれされているとは夢にも思いません。

 

 

さて、それから3か月後。ダネイホンの偽物、『ダネイボン』が市場に出回るようになりました。売り上げ好調なダネイホンにあやかろうとする、せこい会社が現われたのです。

 

世良は「野放しにしたら、あかんぞ!」と、みずから東京に出向きます。真一とともに、『ダネイボン』を作った会社に乗りこみ、おどしをかけます。

 

 

世良「おら! 社長はどこや!」

真一「な、なめとったらあかんぞ」

 

世良「しょーもないばったもん、作ってからに!」

真一「な、なめとったらあかんぞ」

 

世良はまがい物と区別するため、大学病院からお墨付きをもらうべきだ、と説きます。萬平(長谷川博己)は病院と交渉するため、東京へ向かおうとします・・・そのときでした。

 

福子が萬平を呼び止めます。

「萬平さん。赤ちゃんができました

 

いやあ、めでたい。2人目、誕生です。

                        第66話へつづく。