映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレなど、エンタメ全般を楽しむサイト。たま~に雑学も。

2分でわかる!『まんぷく』64話あらすじ!運命の赤いポスト

f:id:entafukuzou:20181213090334j:plain

萬平たちは、東京にダネイホン販売の拠点を作ります。真一を営業本部長とし、小松原たち若手社員も派遣することになりました。神部には、真一をサポートする役目が与えられます。

 

世良は、宣伝戦略も考えていました。レコードに福子の声を吹きこんで、商店街で流すことを思いついたのです。

 

宣伝用のビラには、萬平のイラストも描きこまれてきます。萬平は、自分がキャラクターとして使われることを嫌がりますが・・・

 

 

12月13日(木)放送!『まんぷく』第64話・あらすじ

 

萬平(長谷川博己)は

「そんな蝶ネクタイして、アホみたいじゃないですか!」

と、宣伝用の看板に自分の写真が使われることを嫌がります。

 

鈴は

「そんな嫌なら、私がやってもいいわよ」

と言いますが、全員スルー

 

結局、世良に説得されて、萬平は宣伝用のキャラクターになることを引き受けます。

 

泉大津の自宅で、まずは福子(安藤サクラ)が声を録音します。

おいしい おいしい ダネイホン。栄養満点 ダネイホン。萬平印のダネイホン

 

さすがは福ちゃん。一発でオーケーをもらいます。つづいて、萬平が写真を撮ってもらいます。福子がじょうずにおだてて、萬平はかたい笑顔でポーズをとります。

 

 

数日後。みんなに見送られ、真一、神部、小松原たちは東京へ旅立ちます。

 

 

第11週「まんぺい印のダネイホン!」64話あらすじ

 

真一たちは東京に着くと、さっそく宣伝用の看板を各地域に貼りに出かけます。

 

 

その夜。神部は、タカ(岸井ゆきの)からの手紙を読んでいました。

「私は心配です。東京には、キレイな女の人がいっぱいいるんでしょ?」

 

タカの手紙に、神部は「そんなことある訳ないよ」とつぶやきます。

 

次の日。神部がタカに宛てた手紙を、ポストに投函しようとした時です。同時に手紙を出そうとしていた女性と手が触れてしまいます

 

先をゆずる神部。女性は

「ごめんなさい。ありがとうございます」

と言って手紙を出したあと、神部を見つめます。

 

どうやら、近くの食堂ではたらく女性のようです。(⇦ むむむっ! タカちゃんのライバル出現か!?)

 

さて、真一たちは会社の前で、ダネイホンの試食販売をおこないます。評判は上々、あっという間に10ケースを売りさばくことができました。

 

さらに、東京の老舗デパート、【白松屋】がダネイホンを取り扱ってくれることになったのです。

                     第65話へつづく。

 

今日の朝ドラ受け・・・あの子、誰イホン?

 

大吉「出会いがありましたね~」

華丸「神部くんね。あの子、誰イホン?

 

大吉「距離ヤバいよね、すく近くですから」

華丸「始まるよ、『東京ラブストーリー』が! か~んべ!」

大吉「か~んち! みたいに言いましたけど・・・」

(『東京ラブストーリー』やカンチを知らない人は、お母さんお父さんに聞いてみよう!)

 

 

ドラマ内での紹介は明日以降になりそうですが、神部くんと手が触れあった女性の名前は、谷村 美代子(たにむら みよこ)。演じるのは、藤本 泉(ふじもと いずみ)さん。

 

映画『アオハライド』や『小川町セレナーデ』に出演している、注目の女優さんです。