映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第62話あらすじ&ネタバレ!切り捨てられるのは誰?

f:id:entafukuzou:20181211130133j:plain

萬平たちが捕まったことが新聞に掲載され、【たちばな塩業】 の塩は信用を失います。

 

福子は、事業をダネイホン1本にしぼることを提案します。

「塩は昔からたくさんの人が作っているけれど、ダネイホンは萬平さんの発明です」

萬平は、覚悟を決めます。ダネイホン作りに専念することを社員に告げるのでした。

 

第61話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

12月11日(火)放送!『まんぷく』第62話・あらすじ

塩づくりを止めると聞き、森本(毎熊克哉)は心配します。

「こんなに人数はいらん。半分ぐらいクビになるかもしれんぞ」

 

萬平(長谷川博己)はダネイホンを全国展開するため、世良(桐谷健太)を呼びます。世良は、病院だけでなく一般人にも売る必要がある、と説きます。

 

福子(安藤サクラ)は不安になります。大阪で開いた試食会が不評だったからです。

すると世良は、

「そんなもん、味を改良して販売したらよろしいやんか!

と提案します。

 

福子は、鈴と夕飯を作っている時にひらめきます。

「昆布には、どういう栄養素があるんですか?」

福子が質問すると、萬平はハッとします。昆布には、ビタミンA・E・K、たんぱく質が含まれていたのです。

 

そこで萬平は、わかめに代えて昆布でダネイホンを作ってみることにします。

 

第11週「まんぺい印のダネイホン!」62話・ネタバレ

萬平は社員やタカ、世良を集めて、新しいダネイホンの試食会を開きます。

 

萬平が多数決をとると、おおむね美味しいという意見が集まります。手を挙げなかったのは、野村・堺・倉永の3人だけでした。

 

世良が

「この味が気に入らんいうもんは、切り捨ててよし!

と言うと、堺は

「そんな殺生な・・・」

と答えます。

 

社員たちは、塩づくりを止めたから誰かクビになるかも、と不安だったのです。

 

世良はさらに、東京に子会社を作って販売と宣伝の拠点を作るべきだ、と提案します。

ところが、鈴が大反対。東京の人たちは冷たいから、というのです。試食会は、ここでお開きとなります。

 

その夜。鈴の夢枕に咲(内田有紀)が立ちます。枕元には、忠彦の描いた観音様の絵。

咲は

観音様なら、もっとおおらかにならなくちゃね

と、言葉を残します。

 

翌朝。萬平が土下座して、鈴に東京進出をうったえようとします。

しかし、鈴の気持ちはすでに変わっていました。

「いざ出陣! ぜったいに勝ちなさい。あなたは、武士の娘の娘の婿(むこ)なんですから!

 

 

【たちばな栄養食品】、東京進出決定です!!

                        第63話へつづく。

2分でわかる!『まんぷく』第63話あらすじ&ネタバレ!タカ「針1万本飲~ます」 - 映画ときどき海外ドラマ

 

タカちゃんラバーズ、切り捨てられる?

【たちばな栄養食品】がダネイホンの味の改良をしていた週末のこと。

 

いつものようにタカがやってきます。すぐに神部くんがかけよってきます。

神部「今日は新しいダネイホンの試食会やで。荷物もつわ」

 

神部くんの自然なふるまい。うれしそうなタカちゃん。

 

 

物陰から見ていたタカちゃん親衛隊も、つらそう。

堀「もう、俺らの入る余地はなかね」

小松原「見込みなしやな」

増田「完全に僕らは切り捨てられました