映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

5分でわかる!『リーガルV』第8話のあらすじ&ネタバレ!ポチ、ひとりぼっち!

f:id:entafukuzou:20181207204649j:plain

米倉涼子主演『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜』。この記事では、第8話のあらすじ&ネタバレをお届けします。

 

第8話では、翔子は受刑者の守屋至が起こした事件を洗い直そうとします。ところが、天馬が【京極法律事務所】に圧力をかけ、メンバーはバラバラに。

 

ポチがひとりで頑張りますが、【京極法律事務所】は存続の危機に。

 

第7話のあらすじ&ネタバレはこちら。

www.entafukuzou.com

 

 

米倉涼子 主演『リーガルV』8話あらすじ

【京極法律事務所】、解散のピンチ!

小鳥遊 翔子(たかなし しょうこ=米倉涼子)は、受刑者の守屋 至(もりや いたる=寛一郎)と面会します。

 

至(いたる)は、NPO法人【貧困を救う会】の職員・市瀬徹を手にかけ、懲役9年の刑が確定していました。1年前にこの事件を担当した翔子は、ヤクザにお金を渡して情報を集めていました。

 

この行動がきっかけとなって、彼女は弁護士の資格を失っています。

 

それでも翔子は、事件のウラに隠された何かがある気がしてなりません。至には、被害者につぐなう気持ちが見られなかったからです。事件の真実を明らかにしたい・・・翔子は、そう考えていました。

 

青島(林 遣都)をはじめとする【京極法律事務所】のメンバーたちは、翔子に協力しようとします。ところが、弁護士会から警告の手紙が届きます。翔子を辞めさせないと【京極法律事務所】に業務停止処分をあたえる、という内容でした。

 

【Felix & Temma 法律事務所】の天馬(小日向文世)から、圧力がかかったようです。

 

大鷹(おおたか=勝村正信)は、京極(高橋英樹)に忠告します。

「教授、ご決断のときです。あの女(=翔子)をクビにするか、あの女と一緒につぶされるか・・・」

 

自分がいたら迷惑になると感じたのか、翔子は姿を消してしまいます。すると、【京極法律事務所】のメンバーたちも、事務所を去ってゆきます。青島ひとりだけが残されます。

 

青島以外のメンバーは、それぞれ新しい就職先を探します。

京極は、帝国大学へ。

理恵(安達祐実)は銀行へ。

茅野(三浦翔平)はホストクラブへ。

馬場(荒川良々)も茅野と同じホストクラブへ。ただし、馬場はそうじ係。

 

f:id:entafukuzou:20181207205252j:plain 

受刑者の妹は、偽名を使って細々と生きていた

さて、被害者である市瀬がいた【貧困を救う会】は、貧困児童やホームレスに支援活動をしていました。代表をつとめる大峰 聡(おおみね さとし=速水もこみち)はイベントを大々的に宣伝して、ばく大な寄付金を集めていました。

 

影響力は大きく、厚生労働大臣の丸山 珠美(どんぐり)があいさつに来るほどです。イベントにはなぜか天馬も参加し、大峰とあいさつを交わしていました。

 

ゆくえをくらましていた翔子は、ある老舗旅館にいました。翔子は、仲居をしている若い女性に声をかけます。その女性こそ、受刑者の至の妹、守屋 未久(もりや みく=久保田紗友)でした。

 

未久は兄が受刑者となってから、彼氏と別れ、大学を辞め、偽名を使って旅館ではたらいていたのです。

翔子のために情報を集めていた、【京極法律事務所】のメンバーたち

さて、青島が事務所にひとりでいると、着ぐるみを着た人物がやってきます。【貧困を救う会】のイベントにもいた、この着ぐるみ。

 

正体は理恵でした。理恵は、独自に【貧困を救う会】のことを調査していたのです。

 

理恵だけではありません。茅野や馬場、京極も情報を集めていました。みな、翔子のために独自で動いていてくれたのです。

 

それによると、市瀬はあちこちのNPO法人を渡り歩きながら、募金を着服していました。ボランティアの仮面をかぶった金の亡者だったのです。

 

いっぽう。加害者の至は、早くに両親をなくして未久とともに【貧困を救う会】にお世話になっていました。至は、市瀬に就職を世話してもらっていました。つまり、2人は面識があったのです。

 

また、【貧困を救う会】には暴力団の花田という男が出入りしていました。花田は、【貧困を救う会】に集まった募金を暴力団の活動資金にしていたのです。

 

 

 

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』第8話ネタバレ

至は、おどされていた

翔子は、ふたたび至に面会します。妹が大学も辞め、名前も変えて世間から隠れるように暮らしていることを聞くと、至はひどく驚きます。

 

どうやら、至は誰かのために市瀬を殺して、「妹のことを心配するな」と言われていたようです。

 

市瀬殺害を命じたのは、【貧困を救う会】の代表・大峰でした。そして、具体的なやり方を教えたのが、暴力団の花田だったのです。

 

至は、花田におどされて半ば強制的に犯行をおこなったのでした。

 

「共謀共同正犯」。実行したのは至ですが、大峰が指示したことを罪に問うことができます。

 

翔子は

「一緒に闘いましょう」

と、至に呼びかけます。

 

f:id:entafukuzou:20181207205220j:plain

翔子が天馬を訴える!

さて、【貧困を救う会】の創立5周年を祝うパーティが行われていました。不思議なことに、天馬は今回も出席しています。

 

その場に現れたのが、翔子でした。

天馬は

「もう少し待ってほしい。必ず君を弁護士に戻してみせる」

と、翔子に語ります。まるで心変わりしたかのような天馬の発言。

 

実は、京極が天馬に関して、気になる情報をつかんでいました。大峰の母親と天馬は、帝国大学の同じゼミの出身でした。大峰と天馬にも、なんらかの関係があるのかもしれません。

 

数日後。【Felix & Temma 法律事務所】の天馬のもとに、驚きの情報がもたらされます。それは、翔子が天馬を訴える、というもの。

 

翔子が、弁護士資格を失ったことに対する損害賠償を請求する民事訴訟をおこすというのです。

 

いちど罪が確定してしまった至が、大峰を訴えることはできません。ただし、至の裁判に関わる過程で、翔子は弁護士資格を失っています。

 

翔子は、弁護士資格に関する訴訟を起こすことで、至の事件の真実をあばこうと考えたのです。

 

海崎(向井 理)は

「僕が被告人代理人をつとめましょうか? 大峰代表と天馬先生の関係をあばかれる可能性があります」

と、声をかけます。

 

海崎も、大峰と天馬の関係に気づいたようです。まるで、天馬をおどすように耳元でささやく海崎。彼にも、野心があるようです。

                      第9話(最終回)へつづく。