映画ときどき海外ドラマ

ドラマや映画の感想・ネタバレ、シナリオ論など、エンタメ全般を考察するサイト

スポンサーリンク

2分でわかる!『まんぷく』第56話あらすじ&ネタバレ!世良がやっと逮捕される!

f:id:entafukuzou:20181204084328j:plain

進駐軍に反乱をくわだてている容疑をかけられ、【たちばな塩業】の男たちは全員逮捕されます。

 

従業員たちは尋問され、雑居房に入れられます。社員たち(=塩軍団)が口げんかをしていると、「ストップ イーット!」と静まるように注意する男がいました。

 

進駐軍のひとりで、アメリカ人でありながら大阪弁を話すチャーリー・タナカという男です。

 

第55話のあらすじ&ネタバレは、こちら。

www.entafukuzou.com

 

 

『まんぷく』第10週・第56話・あらすじ

ビンガム曹長は

「どうやって、あの倉庫を手に入れた? 本当のことを言わなければ、周りの人間が不幸になるぞ」

と、萬平(長谷川博己)を問い詰めます。

 

しかし、萬平は世良に紹介してもらったことはしゃべりません。

 

雑居房では、【たちばな塩業】の社員たちが言い争いになっていました。

堺「うっぷんがたまってたんだ、僕ら」

森本「社長のせいだ。あれやこれや手を出すから」

神部「それは違う!」

岡「わしら、軍事裁判にかけられ、死刑になるかもしれんぞ」

 

牢屋の外で監視していたチャーリー・タナカ(岡崎体育)は、またもキレます。

「おとなしゅう、寝とけ!」

 

12月4日(火)放送! 56話・ネタバレ・・・カツオ・セラ

チャーリー・タナカは日系人。生粋のアメリカ人よりは、物分かりがよいかもしれません。

 

そこで岡は

「おなじ日本人をとじこめて、心が痛まんのか!」

と、タナカの良心にうったえます。ところがタナカは、

「オレは日本人が嫌いだ! 金髪の白人に生まれたかった」

ともらすと、立ち去ります。(⇦ ハーフであることに、コンプレックスを抱いてる?)

 

 

泉大津では、克子(松下奈緒)と忠彦(要 潤)がダネイホンの瓶詰や、塩の出荷を手伝ってくれていました。

 

すると、福子のもとに世良(桐谷健太)から電話がかかってきます。世良は、弁護士をたてて闘うようにすすめます。しかし、電話ごしの世良のようすが変です。

 

世良の事務所には、進駐軍がおしよせてきました。

メイ軍曹「カツオ・セラ。お前が萬平に倉庫を紹介したんだな?」

世良さん、大ピ~ンチ!!

                        第57話へつづく。

2分でわかる!『まんぷく』第57話あらすじ&ネタバレ!世良のおしゃべりが止まらない - 映画ときどき海外ドラマ